「 Excel・VBA活用術 」一覧

エクセルピボットテーブルとVLOOKUPを組み合わせて複数のリストを合体!

エクセルピボットテーブルとVLOOKUPを組み合わせて複数のリストを合体!

エクセルのピボットテーブルとVLOOKUP関数を使って、複数のリストを一つの表にまとめる方法をご紹介しています。 VBAを組むほどではないけど、手間・・・そんなときはお試しあれ! ピボットテーブルと関数を組み合わせれば、作れるレポートの幅がぐっと広がりますよ!

エクセルVBA Err.Numberを使ってエラー番号に応じた処理を指定する

エクセルVBA Err.Numberを使ってエラー番号に応じた処理を指定する

エクセル VBAのErrオブジェクトを使ってエラーコードに応じた処理の指定方法をご案内しています。 この方法を使えば、「VBAがエラーになったら」から、「対象のセルが0によるエラーの場合」や、「対象のセルに文字型が入っていた時のエラーの場合」のように、ただの「エラー」から一段掘り下げたエラーの種類別に処理が指定できますよ。

ただのエラーじゃ勿体無い!On Error GoToでVBAエラー時に任意のメッセージを表示する

ただのエラーじゃ勿体無い!On Error GoToでVBAエラー時に任意のメッセージを表示する

エクセル VBAの標準エラーメッセージを、On Error GoTo構文を使って任意のメッセージを表示する方法をご紹介しています。 これを使えば、どこのセルがエラーになっているのかをメッセージで表示して、VBAツールを使う人にエラーの原因と対策を伝えることができますよ。