お仕事効率化オタク向けのiPhoneカレンダー神アプリを探してみた

★気に入ったらシェアをお願いします!


iPhoneカレンダーアプリ

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

えー、大変残念なことに、先日Sunriseアプリのアップデートが終了とのニュースが報じられました。

This is just the beginning. Part 2. カレンダーアプリ「Sunrise」を利&

カレンダーアプリSunrise…まあ一言で言えば神アプリだったんですね。

いや、買収先のMicrosoftさんが

Outlookの開発は進められていき、Sunriseの機能や今後Sunriseで開発予定だったものはOutlookに統合されていくそうです。

と言っているそうですから、まあOutlookに期待をすればいいのですが、まあなんというかOutlookにはちょっともにょもにょした期待感というか、期待できないというか…

ということで、Sunriseの代わりとなる神級のiPhoneカレンダーアプリがないか探してみました!

素敵なカレンダーアプリとの出会いはあったのでしょうか!?

いくつか試したうち、3つのアプリについて紹介をしたいと思います。

スポンサーリンク

仕事効率化オタク的なカレンダーアプリの条件

Sunriseに代わるiPhoneカレンダーアプリの条件ですが、私は仕事で便利に使いたいということもあり以下ポイントを重視したいと思います。

スマホでも見やすい・編集しやすい

私の場合はカレンダーは主にPCで操作することが多いのですが、外出時には当然カレンダーアプリで予定の確認は行いますし、突発的に予定が入ったり調整したりというときには当然iPhoneで操作をすることになります。

ですから、スマホの小さい画面でも

  • 予定が見やすい
  • 予定を編集しやすい

というのは、カレンダーアプリを選ぶ上で非常に重要なポイントになります。

Sunriseですが、まずこちらのリスト形式の画面。

iPhoneカレンダーアプリSunriseリスト表示

画面上部が2週間分のカレンダー表示、画面中央から下部がスケジュールの表示部分になっていまして、このスケジュール部分は上下にスルスルとスクロールして前後の予定を見ることができます。

もう一つが3日分の画面。

iPhoneカレンダーアプリSunrise3日間表示

やっぱりスマホだと3日分くらいがちょうど良いですね。この画面は左右にスクロールしますので前後の予定もすぐに確認できます。

イベント内に設定した住所からGoogleマップを呼び出せる

もう一つ重要なポイント、というよりはMustといっても良い機能が、Googleマップとの連携です。

Googleマップアプリにはルート検索をした場合にそのルートをカレンダーに登録してくれるという超絶便利な機能があります。

冒頭で紹介した記事に書いているのですが、Sunriseはカレンダーに登録した予定の場所をクリックするとGoogleマップアプリを呼び出して現在地からその場所へのルート検索までをしてくれる機能が搭載されています。

従いましてSunriseでは

  1. カレンダーアプリで予定の場所をタップ
  2. Googleマップで現在地からのルート検索
  3. ルート検索結果をGoogleカレンダーに登録

という一連の流れが実現できていたのです。

iPhoneアプリSunriseでGoogleカレンダーに移動予定も入れる
実はGoogleマップアプリは検索した経路をカレンダーに登録できるのをご存知ですか?さらに多機能カレンダーiPhoneアプリSunriseを使うとスムーズに移動予定をカレンダーに追加できますよ!

これを新しく見つけたカレンダーアプリでもぜひ踏襲したいと思っています。

PROPELa

まず最初に紹介するアプリはこちらのPROPELaです。

以下記事にも紹介されていますが

予定と場所情報さえ入力しておけばあとは自動で「いつ出発すれば予定に間に合うのか」を知らせてくれ、さらにGoogleマップと連動しているので目的地までのナビも超絶簡単に使えます。

カレンダーアプリを使って予定管理を行っている人も多いと思いますが、アプリに「15時に○○で待ち合わせ」と登録しても、実際に待ち合わせの場所まで移動するには15時前から行動を開始する必要があり、カレ

これは期待できそうです。

画面表示・編集

PROPELaの画面はこちら。

iPhoneカレンダーアプリPROPELaリスト表示

Sunriseと似ていて、かつスタイリッシュです。

上部は2週間単位になっていまして、前後を見たい場合はそのエリアを左右にスライドします。

下部はSunriseと同様に上下にスクロールできますが、上記に表示されている2週間以外は上部をスライドして切り替えないと見れませんね。

ちなみに例えば3日分などの別表示はないようです。

Googleマップとの連携

各予定を開くとこのような画面です。

地図の部分をタップすると、「現在時刻からルートガイドします」→「OK」でGoogleマップが立ち上がります。

iPhoneカレンダーアプリPROPELaマップ連携 iPhoneカレンダーアプリPROPELaマップ連携確認

ここは合格ですね。

ただ、どうしても住所をタップしたくなるのですが、ここは何の反応もしません。

ダッシュボード

PROPELaのウリとして自動で次の予定の開始時刻、そこまでの移動時間などを表示してくれます。

iPhoneカレンダーアプリPROPELaダッシュボード

なんですけど、私は机に座っているときはPCのGoogleカレンダーとChrome拡張の「Checker Plus For Google Calender」で確認をしていますので、アプリでこの機能はあまり使わないかなと思いました。

お仕事効率化に絶賛おすすめ!超便利なGoogleクローム拡張5選
お仕事効率化をうたっておきながら、Googleクローム拡張機能について紹介するのを忘れておりました…。ということでお仕事効率化視点で厳選したおすすめのGoogleクローム拡張機能5個をドドンと紹介します!

次から次に外出のアポイントが入っている営業さんなどには向いているかも知れません。

Googleカレンダー

次は大本命の本家Googleカレンダーアプリです。

Googleカレンダー

(2016.06.07時点)
posted with ポチレバ

当然ながらGoogleカレンダー自体やGoogleマップとの相性はバッチリでしょうから期待できそうです。

画面表示・編集

画面表示はデフォルトでリスト、3日間、週間の3種類あります。

リスト表示と3日間表示はこちらです。

iPhoneカレンダーアプリGoogleカレンダーリスト表示 iPhoneカレンダーアプリGoogleカレンダー3日間表示

リスト表示はオシャレですね。ランチやディナーなどイベント名から予測して帯のデザインを変えてくれます。これはポイント高い。

3日表示は安定感ありますが、リスト表示のほうがテンションは上がりますね。

ちなみに、週間表示は…まあ見づらいので使わない感じです。

PC版のGoogleカレンダーと同様に、長押しで引っ張ったりできそうな雰囲気なのですが残念ながらできません。時間変更や延長・短縮は各予定をタップして編集する必要があります。

Googleマップとの連携

当然できます。予定をタップして開いて、そこから住所をタップです。

iPhoneカレンダーアプリGoogleカレンダーマップ連携

これでGoogleマップが呼び出せます。

カレンダーの切り替えについて

私は自分のカレンダーを「仕事用」と「プライベート用」の二つのカレンダーを使い分けて使っているのですが、Googleカレンダーアプリはなぜか予定の編集からカレンダーの切り替えができません。

他のカレンダーアプリはできるんですが…。

プライベートの移動時間を予定入れたい場合も、いったん「仕事用」に入ってしまうのです。これはほんのり困っちゃう点です。

Calendars by Readdle

さて、しんがりはCalendars by Readdleです。

画面表示・編集

画面表示はリスト、デイリー、週間、月間の4種類です。

スマホで使う場合は、リストかデイリーがオススメです。

iPhoneカレンダーアプリCalendars by Readdleカレンダーリスト表示 iPhoneカレンダーアプリCalendars by Readdleカレンダーデイリー表示

いずれもなかなか見やすいです。実はデイリーのほうですが、予定を長押しをすると…

iPhoneカレンダーアプリCalendars by Readdleカレンダー予定のドラッグ

このようにドラッグで移動ができるようになります!また、右上・右下に表示されるピンチを引っ張って予定時間の短縮や延長もできます。

これはものすごいポイント高いです。

また予定の編集時も

iPhoneカレンダーアプリCalendars by Readdleカレンダー専用キーボード

このようなカレンダーならではの独自キーボードが搭載されています。この点も特徴的ですね。

Googleマップとの連携

予定をタップすると開くポップアップから住所をタップして

iPhoneカレンダーアプリCalendars by Readdleカレンダーマップ連携 iPhoneカレンダーアプリCalendars by Readdleカレンダーマップ連携確認

「この場所をマップアプリで見ますか?」→「はい」をすると…

Apple地図

残念…!Appleのマップか~…!

などとあきらめかけていたら、「設定」→「表示設定」→「地図アプリ」というマニアックな場所に

iPhoneカレンダーアプリCalendars by Readdleカレンダー表示設定

使うマップの設定が…!迷わず「Google」を選択。これで無事にGoogleマップの条件もクリアしました!

機能追加について

基本的な機能は無料で通ことができますが、繰り返しイベントの登録、メンバーの招待などは有料で追加購入できる機能になります。

でもこのへんは、PCのGoogleカレンダーでも対応はできますので、しばらく様子を見ながら必要に応じて、個々の機能を購入していけばよいかと思います。

まとめ

他にも色々と試したのですが、上記3つがオススメですね。

私の場合はCalendars by Readdleがかなり気に入りましたので、しばらく使ってみようと思います。

ぜひご参考頂ければと思います。