iPhoneをパソコンに簡単に映し出せる無料ソフトLonelyScreen

★気に入ったらシェアをお願いします!


LonelyScreen

こんにちはComeokaです!

以前、Androidスマホをミラーリングできるアプリ「Vysor」をご紹介させていただきました。

Androidスマホをパソコンで手軽に操作できるChromeアプリVysor
プレゼン資料やプレゼン自体にAndroidの操作画面を使えたら便利ですよね?今回は、ChromeとUSBケーブルさえあれば簡単に無料でミラーリング表示ができ、そのうえスマホをリモート操作できちゃうChromeアプリ「Vysor」をご紹介いたします。

しかし、Android端末専用となるのでiPhoneでは使用ができないので、iPhoneでも同様にパソコンへスマホ画面を表示するアプリはないのかな?

という需要に勝手にお答えするべく今回は、iPhone画面をパソコンへリアルタイムで表示できるアプリ「Lonelyscreen」をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

「LonelyScreen」とは?

LonelyScreenはAirPlayレシーバーの1つで、ワイヤレスでパソコンへiPhoneの画面をリアルタイムで表示させる無料ソフトです。

特徴として

  • 完全無料で広告表示が一切ない
  • ワイヤレスでiPhoneの操作画面をパソコンに表示できる(ミラーリング)
  • iPhone側にアプリをインストールする必要がない
  • 画面表示だけでなく音声も反映してくれる
  • ミラーリングの内容をMP4ファイルとして録画することが出来る
  • 同一のWi-Fi通信環境内でないと使用ができない

ということがあげられます。

残念ながら「Vysor」のようなパソコンからiPhoneを操作するリモート機能はありません

ちなみにAirPlayとは、iPhoneの動画や音楽などを、同一のWi-Fi通信でリンクしている「対応機器」に出力できるiOSの標準機能です。

「LonelyScreen」の使いどころ

LonelyScreenは下記のような使いどころがあります。

  • パソコン側から表示画面をスクリーンキャプチャをとって簡単に資料が作成できる
  • プレゼン時にスマホの画面を映し出して操作をしながら発表ができる
  • 落下によりスマホ画面が割れて操作できなくなったとき、バックアップ操作ができる
  • Screenpressoと組み合わせて使うとスマホ画面のGIF動画が簡単に作成できる
  • スマホ内の画像・資料をパソコンの大きな画面へ表示して共有することができる
  • スマホアプリをパソコンでプレイすることができる

というように「Vysor」と使いどころはほとんど同じですね。

ただし、iPhoneの音声をパソコンから出力できるので、プレゼン時の使い勝手はLonelyScreenのほうに軍配が上がりそうです。

「LonelyScreen」の導入手順

繰り返しになりますがLonelyScreenは、iPhone側にアプリをインストールしたりする必要がありません。

そのため、パソコン側にソフトをインストールするだけの簡単設定ですぐに使い始めることが出来ます。

LonelyScreenをダウンロードしよう

LonelyScreen公式サイト

ではさっそく、上記の公式サイトへアクセスをして「Dowsload for Windows」からダウンロードしましょう

LonelyScreenダウンロード

LonelyScreenをインストールしよう

ダウンロードが完了したら「lonelyscreen-win-installer.exe」を開きます。

インストラ―が起動し下の画面が表示されたら「Install」をクリックして進みましょう。

インストール開始

続いてセットアップ先のフォルダの選択画面が表示されますが、特に問題がなければここはそのまま「Next」をクリックしましょう。

インストール開始2

インストールが終わり下図のような画面が表示されたら、あっという間に導入は無事完了です!

インストール完了

LonelyScreenを接続をしてみよう

では、iPhoneと接続方法を見ていきましょう。

接続にはAirPlayを使って接続をするので、まずはiPhone画面下部から指で上方向にスワイプして、コントロールセンターを表示しましょう。

コントロールセンター呼び出し

コントロールセンターが表示されたら、

AirPlayミラーリング⇒LonelyScreenの順にクリックをします。

AirPlayをクリック  LonelyScreenをタップ

これで接続の設定は終了です。

接続されるとLonelyScreenにiPhoneの操作画面が表示され、ミラーリングが開始します。

接続完了

LonelyScreenの操作方法

LonelyScreenからiPhoneを操作することはできないので、操作方法は下記の2つになります

  • 接続後はiPhoneで操作している画面をミラーリング表示する
  • ミラーリング内容を録画する

画面の説明

画面の説明

No 項目名 摘要
メニューボタン オンラインヘルプ・アップデートチェック、終了などのメニューの表示ボタン
ツールバーの非表示(表示) 画面下部のツールバー部分の非表示(表示)ボタン
動画の保存先フォルダの表示 動画を保存しているフォルダを表示するボタン
サーバー名変更 iPhoneでAirPlayミラーリング選択時の名前が変更できます
動画撮影ボタン 動画の開始ボタン(画質変更不可)

動画の撮影方法

動画の撮影方法はとってもシンプルです。

録画ボタン録画ボタンを押すとすぐに録画が開始されます。

苦が停止録画中に録画停止ボタンを押すことで録画は停止します。

細かい設定などは出来ず、シンプルにスタート&ストップのみとなります。

なお、静止画の撮影機能はLonelyScreenには機能としてはありませんが、個人的には静止画に関してはScreenpressoと組み合わせて使用した方が、その後の加工なども考えると効率がいいのでおすすめいたします。

Screenpressoに関してはこちらの連載記事を参考にしてください。

スクリーンショットのキャプチャ・注釈・画像加工におすすめのフリーソフトScreenpresso【導入編】
パソコンに最初からついているスクリーンショット機能。この機能をパワーアップさせて更に注釈など画像加工機能まで付けたのがScreesnpressoです。しかもほとんどの機能が無料ですからぜひ使って頂きたいと思いますので導入方法を共有したいと思います。

最後に

今回はiPhoneをパソコンへミラーリングする「LonelyScreen」をご紹介していきました。

アプリ側に設定も必要なく、無料で広告なしなのでお手軽感がとても高いので、ミラーリングの入門としておすすめなソフトです。

有料のソフトなどではLonelyScreenにない機能などもあるので、つかっていて満足ができなくなってきたらぜひ調べてみてください。

また、AirPlayでの通信でミラーリングをするのでケーブルを気にする必要がありません。

プレゼン時にiPhoneを片手で操作しながらスマートに発表するとかなりかっこつけられますので機会があればぜひチャレンジしてください!


The following two tabs change content below.
Comeoka

Comeoka

1987年8月13日 誕生日はいつもお盆休みの幼少期でした。 東京生まれの東京育ち。1児のパパ 「仕事を作業化」をもっとうにExcel VBAと、最近ではGASに興味をもち独学で学んでいます。仕事効率向上に役立つことをご紹介していきます。