エクセルVBA Err.Numberを使ってエラー番号に応じた処理を指定する

エクセルVBA Err.Numberを使ってエラー番号に応じた処理を指定する

エクセル VBAのErrオブジェクトを使ってエラーコードに応じた処理の指定方法をご案内しています。 この方法を使えば、「VBAがエラーになったら」から、「対象のセルが0によるエラーの場合」や、「対象のセルに文字型が入っていた時のエラーの場合」のように、ただの「エラー」から一段掘り下げたエラーの種類別に処理が指定できますよ。

高機能で簡単撮影!スクリーンショットソフトScreenpresso【スクリーンショット編】

高機能で簡単撮影!スクリーンショットソフトScreenpresso【スクリーンショット編】

使いやすいで人気のScreenpressoスクリーンショット編です。スクリーンショットしたい箇所を、マウスでドラッグするだけで指定できるのは画期的な方法だと思います。これが普及すれば、全てのパソコンに基本機能として搭載される日が来るかもしれませんね。それほど、便利なソフトウェアです。