うえはら

Python

PythonとPhantomJs CloudでスクレイピングしたデータをBeautifulSoupで解析

「JavaScriptで動作するWebページ(動的サイト)を色々な言語でスクレイピング」することをシリーズでお伝えしています。 PythonとPhantomJsCloudでJavaScriptで動作するWebページをスクレイピングしたデータをBeautifulSoupを使って解析します。
Python

PythonでPhantomJs Cloudを利用してWebページをスクレイピング

「JavaScriptで動作するWebページ(動的サイト)を色々な言語でスクレイピング」することをシリーズでお伝えしています。 今回よりPythonとPhantomJsCloudでJavaScriptで動作するWebページをスクレイピングしていきます。
Google Apps Script

GASでスクレイピングしたデータからmatchメソッドと正規表現を使って目的の値を取得

「JavaScriptで動作するWebページ(動的サイト)を色々な言語でスクレイピング」することをシリーズでお伝えしています。 今回はGASでスクレイピングしたHTMLドキュメントの中からmatchメソッドと正規表現を使って目的の値を取得します。
Google Apps Script

GASでPhantomJS Cloudを利用してWebページをスクレイピング

「JavaScriptで動作するWebページ(動的サイト)を色々な言語でスクレイピング」することをシリーズでお伝えしています。 今回はGoogle Apps ScriptとPhantomJS Cloudでスクレイピングします!
Google Apps Script

GASでJavaScriptで動作するWebページをスクレイピングするPhantomJs Cloudとは

「JavaScriptで動作するWebページ(動的サイト)を色々な言語でスクレイピング」することをシリーズでお伝えしています。 今回はGoogle Apps Scriptでスクレイピングするために、PhantomJS Cloudのアカウント作成についてお伝えします。
Excel・VBA活用術

VBAでIEを操作してJavaScriptで動作するWebページをスクレイピング

「JavaScriptで動作するWebページ(動的サイト)を色々な言語でスクレイピング」することをシリーズでお伝えしています。 今回はVBAでInternet Explorerを操作してJavaScriptで動作するWebページをスクレイピングします。
Excel・VBA活用術

GASやVBAでスクレイピングができない理由として考えるべきJavaScriptのこと

「JavaScriptで動作するWebページ(動的サイト)を色々な言語でスクレイピング」することをシリーズでお伝えしています。 今回はJavaScriptで動作するWebページは普通にスクレイピングできない原因とその解決法をお伝えします。
Google Apps Script

スプレッドシートとGASでTrelloのリストにカードを作成するツール

シリーズでスプレッドシートとGoogle Apps Scriptを使用して、Trelloにカードを作成するツールをお伝えしています。 今回はシリーズの最終回です。 今までのスクリプトをまとめて、一つのツールにします。
Google Apps Script

GASで取得したTrelloのボード情報をスプレッドシートでリスト選択にする

シリーズでスプレッドシートとGoogle Apps Scriptを使用して、Trelloにカードを作成するツールをお伝えしています。 今回はGASで取得したTrelloのボード情報をスプレッドシートに取込みます。
Google Apps Script

GASでスプレッドシートのデータを元にTrelloのカードを作成する

毎週、毎月Trelloに同じカードを作成している方必見です。 スプレッドシートとGoogle Apps Scriptを使用して、Trelloにカードを作成するツールを作成します。 今回は指定のリストにカードを作成します。
Google Apps Script

Google Apps ScriptでTrelloのカードをアーカイブする

Google Apps ScriptでTrelloのカードをアーカイブする方法をお伝えします。シリーズに合わせて、カードを1枚ずつアーカイブする方法をお伝えしてシリーズを完結します。また、リストのカードをまとめてアーカイブする方法もあるので、こちらも解説しています。
Google Apps Script

Google Apps ScriptでTrelloのリストにある担当カードの数をスプレッドシートに追記する

Google Apps ScriptでTrelloのAPIを利用して、1ヶ月の執筆数をメンバーごとに集計することをシリーズでお伝えしています。今回はシリーズの最終回で、今までの分をまとめて、スプレッドシートに追記します。
Google Apps Script

Google Apps ScriptでTrelloのリストにある担当カードの数を集計する

Google Apps ScriptでTrelloのAPIを利用して、1ヶ月の執筆数をメンバーごとに集計することをシリーズでお伝えしています。 今回はAPIから得られた情報を元に、メンバー毎の執筆数を集計していきます。
Google Apps Script

Google Apps ScriptでTrelloのボードに登録しているメンバー情報を取り出す

Google Apps ScriptでTrelloのAPIを叩きます。カード情報から取り出した、メンバーIDと対比させるために、ボードに登録しているメンバーの、メンバーIDと氏名を取り出します。
Google Apps Script

Google Apps ScriptでTrelloのカード情報一覧から必要な情報を取り出す

Google Apps ScriptでTrelloのAPIを叩きます。API Docsを確認して今回必要なキーがidMembersとdueとわかったので、この二つを取り出して配列に代入する関数を説明します。
Google Apps Script

Google Apps ScriptでTrelloの特定のリストにあるカードの一覧を取得する

Trelloはタスク管理に便利です。今回はGoogle Apps ScriptでTrelloのAPIを利用して、特定のリストにあるカード一覧を取得します。 なお、TrelloのKeyやTOKENの保存にはプロパティストアを利用します。
Google Apps Script

GASでGoogleカレンダーが更新された時にイベントを特定してチャットワークへ送信

Google Apps ScriptでGoogleカレンダーが更新された時にイベントを特定してチャットワークへ送信する方法をお伝えしています。 今回は取得した配列から更新日時の一番新しい物を特定する方法をお伝えします。
Google Apps Script

GASでGoogleカレンダーが更新されると1ヶ月以内のイベントを取り出す

Googleカレンダーで1ヶ月以内のイベントが更新されたときにチャットワークへ通知することを目標としています。今回は1ヶ月以内のイベントを取得して、日付、タイトル、更新日時を配列に追加するところまで解説します。
Google Apps Script

複数のGoogleカレンダー更新に対応するトリガー設定とスクリプト

トリガーが実行されると引数が渡されます。その中からカレンダーIDを取り出し、どのカレンダーが更新されたのか特定します。カレンダーIDが分かれば、カレンダー名も取得できるので、カレンダー名をチャットワークへ送信します。
Google Apps Script

Googleカレンダーで予定が更新された時にチャットワークに通知する

Google Apps Scriptのトリガー設定にGoogleカレンダーの更新が使用できるようになりました。今回はどのような時にトリガーが実行されるのか確認していきます。実行されるとチャットワークへメッセージが送信され、更新が確認できます。