【エクセルVBA】FileSystemオブジェクトでファイルやフォルダが存在するかを判定する

★気に入ったらシェアをお願いします!


file folder

photo credit: andrewasmith B is for Buzzcocks via photopin (license)

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

エクセルVBAでFileSystemオブジェクトを使ってファイルやフォルダの操作をする方法をシリーズでお伝えしています。

前回の記事はこちら。

【エクセルVBA】FileSystemオブジェクトの基本と簡単にフルパスを生成・分解する方法
FileSystemオブジェクトを使ってエクセルVBAでファイルやフォルダを取り合う使う方法。今回は、FileSystemオブジェクトの基本と、ファイルのフルパスを簡単に生成・分解する方法ついてお伝えします。

FileSystemオブジェクトとは何かといった基本の部分と、パっと使える便利なメソッドをいくつかお伝えしました。

今回ですが、指定のファイルやフォルダの存在確認をやってみたいと思います。

以前、Dir関数を使った方法はお伝えしていたのですが、Dir関数は色々と制約もありますし、今回紹介するFileSystemオブジェクトのメソッドを使ったほうがシンプルに表現できます。

では、エクセルVBAでFileSystemオブジェクトを使ってファイルやフォルダが存在するかを確認する方法についてお伝えします。

行ってみましょう!

前回のおさらい:FileSystemオブジェクトの生成と破棄

前回お伝えしましたが、FileSystemオブジェクトを使う場合はオブジェクトの生成をする必要がありました。

以下プログラムでは、objFsoという名前でFileSystemオブジェクトを生成し、そして破棄するというものです。

サンプルとして使用するフォルダ

前述のプログラムの「処理」の部分で、特定のファイルまたはフォルダが存在するかどうかを判定する処理をいれるというのが、今回のお題となります。

サンプルとして以下フォルダを使用します。

FileSystemオブジェクトで操作するフォルダ

マクロを記述するエクセルファイル本体のほか

  • pdfフォルダ
  • xlsxフォルダ
  • テキストファイル.txt
  • ページ.html
  • ワード.docx

というフォルダまたはファイルの構成となっています。

FileExistsメソッドでファイルの存在を判定する

FileSystemオブジェクトを使ってファイルの存在を判定するには、FileExistsメソッドを使います。

書き方はこうです。

FileSystemオブジェクト.FileExists(ファイルパス)

ファイルパスで指定したファイルが存在していればTrue、そうでなければFalseが返ります。

ファイルパスには絶対パス、相対パスいずれも指定することができます。

ですが、相対パスの基点となるカレントフォルダは、Excelのオプションで「既定のローカルファイルの保存場所」に指定されているフォルダになりますので、実際に使用する機会は少ないのではないかと思います。

では、実際にプログラムで使ってみましょう。

ソースコード内でコメントしている通り、「テキストファイル.txt」は同フォルダに存在しているのでTrue、「text.txt」は存在していないのでFalseがイミディエイトウィンドウに出力されます。

実際にIf文で判定する場合はこんな感じですね。

FolderExistsメソッドでフォルダが存在するかを判定する

FileSystemオブジェクトを使ってフォルダの存在確認をするには、FolderExistsメソッドを使います。

FileExistsメソッドと使い方は大変似ていまして、書き方はこうです。

FileSystemオブジェクト.FolderExists(フォルダパス)

フォルダパスで指定したフォルダが存在すればTrue、さもなくばFlaseが返ります。こちらも絶対パス、相対パスともに使用可能です。

サンプルプログラムはこちら。

pdfフォルダは存在するのでTrue、エクセルフォルダは存在しないのでFalseがイミディエイトウィンドウに出力されます。

If文を使った例はこちらです。

まとめ

以上、エクセルVBAのFileSystemオブジェクトを使ってファイルまたはフォルダの存在を確認する方法についてお伝えしました。

二つのメソッドを紹介しました。

  • FileExistsメソッド:ファイルの存在を判定する
  • FolderExistsメソッド:フォルダの存在を判定する

次回は、フォルダが存在していなかったときに、作成をする方法についてお伝えします。

【エクセルVBA】指定のフォルダが存在するか判定して、存在してなければ作成する方法
エクセルVBAでファイルやフォルダを操作するFileSystemオブジェクトの使い方をお伝えしています。今回は指定のフォルダの存在確認をして、存在しなかった場合にフォルダを作成する方法についてお伝えします。

どうぞお楽しみに!

連載目次:FileSystemオブジェクトでフォルダやファイルを操作する

ファイルやフォルダを操作するのはデリケートな気がしますが、エクセルVBAではFileSystemオブジェクトを使うことでファイル、フォルダ、ドライブをオブジェクトとして安全にそして細やかに操作をすることができます。 このシリーズでは、FileSystemオブジェクトの様々な活用法についてシリーズでお伝えしていきます。
  1. 【エクセルVBA】FileSystemオブジェクトの基本と簡単にフルパスを生成・分解する方法
  2. 【エクセルVBA】FileSystemオブジェクトでファイルやフォルダが存在するかを判定する
  3. 【エクセルVBA】指定のフォルダが存在するか判定して、存在してなければ作成する方法
  4. 【エクセルVBA】FileSystemオブジェクトとFor Each文でファイル一覧を取得する方法
  5. 【エクセルVBA】FileSystemオブジェクトでフォルダ内のサブフォルダ一覧を取得する