Trello

Google Apps Script

スプレッドシートとGASでTrelloのリストにカードを作成するツール

シリーズでスプレッドシートとGoogle Apps Scriptを使用して、Trelloにカードを作成するツールをお伝えしています。 今回はシリーズの最終回です。 今までのスクリプトをまとめて、一つのツールにします。
Google Apps Script

GASで取得したTrelloのボード情報をスプレッドシートでリスト選択にする

シリーズでスプレッドシートとGoogle Apps Scriptを使用して、Trelloにカードを作成するツールをお伝えしています。 今回はGASで取得したTrelloのボード情報をスプレッドシートに取込みます。
Google Apps Script

GASでスプレッドシートのデータを元にTrelloのカードを作成する

毎週、毎月Trelloに同じカードを作成している方必見です。 スプレッドシートとGoogle Apps Scriptを使用して、Trelloにカードを作成するツールを作成します。 今回は指定のリストにカードを作成します。
Google Apps Script

Google Apps ScriptでTrelloのカードをアーカイブする

Google Apps ScriptでTrelloのカードをアーカイブする方法をお伝えします。シリーズに合わせて、カードを1枚ずつアーカイブする方法をお伝えしてシリーズを完結します。また、リストのカードをまとめてアーカイブする方法もあるので、こちらも解説しています。
Google Apps Script

Google Apps ScriptでTrelloのリストにある担当カードの数をスプレッドシートに追記する

Google Apps ScriptでTrelloのAPIを利用して、1ヶ月の執筆数をメンバーごとに集計することをシリーズでお伝えしています。今回はシリーズの最終回で、今までの分をまとめて、スプレッドシートに追記します。
Google Apps Script

Google Apps ScriptでTrelloのリストにある担当カードの数を集計する

Google Apps ScriptでTrelloのAPIを利用して、1ヶ月の執筆数をメンバーごとに集計することをシリーズでお伝えしています。 今回はAPIから得られた情報を元に、メンバー毎の執筆数を集計していきます。
Google Apps Script

Google Apps ScriptでTrelloのボードに登録しているメンバー情報を取り出す

Google Apps ScriptでTrelloのAPIを叩きます。カード情報から取り出した、メンバーIDと対比させるために、ボードに登録しているメンバーの、メンバーIDと氏名を取り出します。
Google Apps Script

Google Apps ScriptでTrelloのカード情報一覧から必要な情報を取り出す

Google Apps ScriptでTrelloのAPIを叩きます。API Docsを確認して今回必要なキーがidMembersとdueとわかったので、この二つを取り出して配列に代入する関数を説明します。
Google Apps Script

Google Apps ScriptでTrelloの特定のリストにあるカードの一覧を取得する

Trelloはタスク管理に便利です。今回はGoogle Apps ScriptでTrelloのAPIを利用して、特定のリストにあるカード一覧を取得します。 なお、TrelloのKeyやTOKENの保存にはプロパティストアを利用します。
タイトルとURLをコピーしました