Google Apps ScriptでTrelloのカード情報一覧から必要な情報を取り出す


付箋紙

みなさん、こんにちは!うえはら(@tifoso_str)です。

前回はGoogle Apps ScriptでTrelloの特定のリストにあるカードの一覧を取得しました。

Google Apps ScriptでTrelloの特定のリストにあるカードの一覧を取得する
Trelloはタスク管理に便利です。今回はGoogle Apps ScriptでTrelloのAPIを利用して、特定のリストにあるカード一覧を取得します。 なお、TrelloのKeyやTOKENの保存にはプロパティストアを利用します。

取得できた情報から、必要な情報はある程度、把握できたとおもいます。

今回はTrelloのAPI仕様を確認し、必要な情報を特定して、Trelloのカードから必要な情報を取り出す部分を解説します。

前回の復習

前回紹介した特定のリストにあるカード情報一覧を取得するスクリプトです。

APIのKEYやTOKENはプロパティストアを利用して呼び出します。

そして、取得できたログがこちらです。

Trelloログ

英単語と内容から、メンバーは「idMembers」で、期限は日付形式だから・・・、となんとなくわかると思います。

この中から、今回のシリーズで必要なメンバー期限を特定します。

カード情報の確認

カード情報の一覧からメンバーと期限がどれになるか、TrelloのAPI_Docを確認します。

Trello_API

このカードオブジェクト結構長いですが、予想した箇所を見ると下記のように確認できます。

項目 キー 説明
メンバー idMembers カードに登録されたメンバーIDの配列
期限 due カードの期限(存在する場合)

カード一覧から取り出すために必要なキーがわかったので、前回のスクリプトを修正して、メンバーと期限だけをTrelloから取得します。

URLにfieldsパラメータを追加して、横に長くなったので、改行して縦に揃えました。

ログ表示すると、メンバーのIDと期限だけが表示されると思います。

このログをブログに出すと、モザイクだらけになるので、みなさんの環境で試してください。

メンバーIDと期限を配列に追加する

メンバーIDと期限の情報は得られましたが、このままでは扱いづらいので、値だけを配列に追加します。

また、今後、メンバー一覧も取得するので、カード情報を取得する部分も関数にします。

スクリプトは下記のようになります。

11行でgetCards関数を呼び出して、メンバーIDと期限の入った配列を取得しています。

getCards関数では、メンバーIDと期限の配列を返す必要がありますが、二つは返せないので、37行でメンバーIDと期限を対にした配列を作り、38行でその配列を別の配列に追加して、2次元配列を作成しています。

35行目のメンバーIDを取り出すところで、idMembers[0]となっているのはidMembersが配列となっている為です。

Trelloではメンバーを複数設定できるので、このような仕様になっています。

なお、本シリーズではメンバーには一人だけ設定されているものとしています。

また、関数として分けたので、ドキュメンテーションコメントも追加しました。

ドキュメンテーションコメントについては、下記コーディングルールをご覧下さい。

Google Apps Scriptコーディングガイドライン【随時更新】
Google Apps Scriptのコーディングガイドラインです。 スクリプトの読みやすさ、開発効率はガイドラインによって大きく変わります。その後の、保守運用においても重要で、だれが見てもわかるようにしたいです。

まとめ

今回は、Google Apps ScriptでTrelloのカードから必要な情報を取り出す方法をお伝えしました。

次回に向けて、カード情報を取得する部分を別関数にしましたが、こういうときにドキュメンテーションコメントを追加しておくと、再利用するときなど読み返す効率が上がります

一手間加えることで、その後の開発に大きな差が出ますので、追加することをおすすめします!

さて、カード情報からメンバーIDはわかりましたが、これでは誰か判断できません。

次回はTrelloのメンバー情報から、メンバーのIDとメンバー名を取得する方法をお伝えします。

次回もよろしくお願いします。

連載目次:GASでTrelloのAPIを利用して、1ヶ月の執筆数をメンバーごとに集計

「いつも隣にITのお仕事」の執筆チームでは、タスク管理にTrelloを使用しています。 各記事をカードとして管理し、公開されたものは「公開済み」のリストへ移動させます。 本シリーズでは、「公開済み」のリストにあるカードを確認して、1ヶ月の執筆数をメンバー毎に集計します。
  1. Google Apps ScriptでTrelloの特定のリストにあるカードの一覧を取得する
  2. Google Apps ScriptでTrelloのカード情報一覧から必要な情報を取り出す
  3. Google Apps ScriptでTrelloのボードに登録しているメンバー情報を取り出す
  4. Google Apps ScriptでTrelloのリストにある担当カードの数を集計する
  5. Google Apps ScriptでTrelloのリストにある担当カードの数をスプレッドシートに追記する

The following two tabs change content below.
独学でプログラムを勉強しているノンプログラマーです。 名前から連想されるように沖縄在住ですが、うちなんちゅ~ではありません。 パソコンにできることはパソコンにさせよう!をモットーに日々の業務に取り組んでいます。

コメント