【祝】Zapier連携!Twitterのツイートをチャットワークに通知するぞ

★気に入ったらシェアをお願いします!


ZapierでTwitterとチャットワークを連携

みなさん、こんにちは!
チャットワークがパワーアップしてウキウキのタカハシ(@ntakahashi0505)です。

もう仕事効率化オタクの皆さんはご存知の方も多いと思いますが、ビジネスチャットサービスのチャットワークがGmailやTwitterなどの各種サービスと組み合わせて連携するができるようになりました!

やったー!

ビジネスチャットでいうとSlackがすでに外部サービスとの連携が優秀でしたよね。ですが、英語がちょっと苦手な方々には少しハードルが高かったのです。

それが国産のチャットワークで導入となれば使わない手はないでしょ!ということで、早速やってみました。

Zapierというハブになるサービスを利用するのですが、まずはTwitterの特定のツイートをチャットワークに飛ばすという連携をやってみました。

では、いってみましょう!

Zapierって何?

Zapier(ザピアー)とは2つのサービスを自動的に連携させることができるサービスです。

例えば特定のツイートをEvernoteに保存とか、DropboxにデータがアップされたらGmailにメールを送るとか、色々な連携動作を組むことができます。

その連携のさせ方のルールをZap、その連携した回数をTaskと言います。

以前にチラリと紹介したIFTTT(イフト)と同じようなサービスですね。

iPhoneの新定番Twitterアプリで効率的にPocketする方法
iPhoneでTwitterを閲覧するときにとても便利なアプリThe worldとその使い方、また後読みの定番アプリPocketとの素敵な連携やIFTTTとの連携によって、Twitterで見つけた記事を効率よく閲覧できる方法についても紹介しています。

IFTTTの対応サービスが100に対して、このZapier。対応サービスが370以上もあります。

一方でデメリットとしては、無料プランですと使用できるZapの数が5、1か月に動作させることができるTaskの数が100という制限があります。

てかTask…100って少ないっすね。

招待したり色々やるとTaskが増えるみたいですが、無料プランを使っているうちは「これぞ!」という連携に絞って利用したほうがよさそうですね。

Twitterとチャットワークの連携の仕方

私はこれまではIFTTTを使って、ブログについてのツイートされたらPuchBulletで通知するということをしていました。

これがIFTTTのレシピです。

IFTTT Recipe: Twitterエゴサーチ結果を通知する。
(自分のブログについて) connects twitter to pushbullet

PushBulletは異なるデバイス同士でちょっとしたファイルやメモをすぐさま共有して送ることができるサービスなのですが、実はこのIFTTTのレシピ以外の方法で使わなくなってしまったんですよ。

だからその通知先をチャットワークできれば、PushBulletとはオサラバ…今までどうもありがとう!

となります。

Zapierの登録

Zapierトップページ

まずはZapierに登録するのですが…英語でしたね。せっかくチャットワークが日本語対応しているのに~。

でもご安心下さい。簡単なので大丈夫です。

招待リンクから登録すると使用できるTaskが増えるらしいので、こちらから登録してください。

Zapier

トップページ右上の「SIGN UP」をクリックして登録情報を入力してください。

Zapier登録画面

あとは良く使うサービスを問われるので、最低5つ選んで下さい。

Zapierよく使うサービス

これでZapierのほうは準備完了です。

チャットワークのAPI取得

チャットワークのAPIトークンを取得します。このAPIトークンをZapierに登録しないと連携ができないのです。

まずは以下リンク先でAPIの申請をしましょう。

ChatWork API申請

「チャットワークAPIお申し込み」ボタンをポチ。

チャットワークAPI申請

申請してから3~5営業日後にメールでご連絡とお知らせされてましたが、私の場合は即日でした。

連絡が来ると、チャットワークの「動作設定」(右上の自分のアイコンメニューから選択)ウィンドウに「API発行」タブが追加されます。

そこでご自身のチャットワークのパスワードを入れて「表示」をクリック。

チャットワークでAPI発行

するとAPIトークンが表示されるのでコピーしておきましょう。後でZapierで入力しますので。

チャットワークでAPIトークンをコピー

ツイートをチャットワークに送るZapを作る

次はZapierに戻ってZapを作っていきます。

この手順はもうチャットワークさんとZapierさんによって準備されていますので、こちらへどうぞ。

If your company is using Twitter to follow cutomers tweets, it’s time to share it with all your team members through the ChatWork and Twitter integration. Inste...

大まかに説明を致しますと

  1. Twitterアカウントの登録
  2. チャットワークAPIの登録
  3. 送るチャットワークのグループチャットを選択
  4. 追跡したいキーワードやメンションを設定

と進めていきます。追跡したいキーワードやメンションですが、Twitterの検索オプションがそのまま設定できます。

私の場合は自分のブログのツイートを拾いたいので

「tonari-it.com -from:@ntakahashi0505」

と設定しています。

Twitterの検索オプションについてはこちらをご覧くださいね。

ツイッターに溢れる情報を効率よく取得できる検索オプションをまとめました。これを知っていれば画像も話題もピンポイントで探すことが出来ます。

ちなみに、チャットワークAPIの登録でうまくいかずに弾かれてしまうケースがあります。この画面のところです。

ZapierでチャットワークAPIを入力

原因はよくわからないのですが、チャットワークの動作設定で別のAPIトークンを発行して登録してみて下さい。

私の場合は3回くらいで通りました。

さて、晴れて連携の設定が完了しますと

ZapierでTwitterとチャットワークの連携設定完了

このようにチャットワークに通知が届くようになります!

チャットワークにツイートが届く

やったー、すごく嬉しいっす!

まとめ

Zapierを使ってTwitterのツイートをチャットワークに通知する方法についてお伝えしました。

ZapierはTaskの上限がありますので、チャットワークなどIFTTTで利用できないサービスを使うときなどはZapierを使う、それ以外はIFTTTを使うといった併用がオススメです。

チャットワークのZapについてはTwitterとの連携以外もGmailやGoogleカレンダーなど8つの連携方法についてすでに用意されていますので、こちらもご覧くださいね。

ChatWorkブログ: すぐに接続できる!8つのサービスとの接続設定を事前に用意しました!〜チャットワークとZapierが連携 その②

また、良いZapを見つけたらお知らせしたいと思います。

どうぞお楽しみに!