大量にウィンドウを開いてても超速起動できるランチャーCLaunchの使い方

★気に入ったらシェアをお願いします!


みなさん、こんにちは!
最近”神ショートカット”のおかげでお仕事がちょっぴり捗るようになったタカハシ(@ntakahashi0505)です。

以前こちらの記事でWindows向けのステキなランチャーCLaunchを紹介しました。

軽い!速い!簡単!無料ランチャーCLaunchでWindowsデスクトップを超スッキリ
ランチャーって使ってますか?私はCLaunchというランチャーを何年も使っています。無料にも関わらずデスクトップをスッキリしつつ、お仕事の効率もアップさせるナイスなツールなので、ぜひ紹介したいと思います。

この記事を公開したときにTwitterでイドさん(@idomars)からご連絡頂きまして

こんなやり取りがありました。

遅ればせながらですが、今回はこのお題を解決しますよ~。

CLaunchをキーボードでもバッチリ快適に使う方法を発見しましたので、ぜひお伝えしたいと思います。

神ショートカットのおかげでランチャーが起動しづらい

さて、本題に入る前に冒頭の挨拶で触れた神ショートカットですが、こちらの記事で紹介しているウィンドウを画面ピッタリに配置するというやつです。

Windowsキーってあんまり活用してないなぁというアナタへのショートカット
Windowsキーですが、みなさん活用されていますか?私の場合はCtrlとAltに挟まれて肩身の狭い思いをしていますが、そんなWindowsキーの素晴らしいショートカットを発見したので紹介していきます!

Ctrl + 上下左右キー でウィンドウというウィンドウをビシバシモニターにぴったり並べることができるという超気持ちいいショートカットです。

しかし一点だけ、小さな小さな…でも無視はしきれない問題が出てしまいました。

まず、私が普段使用しているモニターの様子を見て頂ければと思います。

こちらがノートPCの画面

ノートPCの画面

そしてこちらがデュアル2台目としてつないでいるモニターの画面

モニターの画面

おわかりでしょうか?

どちらのモニターもウィンドウがピッタリ画面を埋め尽くしていて隙間がないんです…!

ここでCLaunchが登場なのですが、このランチャーはデスクトップをダブルクリックすることで起動するのです。

開いているウィンドウを閉じたりどかしたりしないとランチャーが起動できない、という状況が生まれやすくなってしまいました。

くー、神ショートカットめー…!

いや、待てよ。

そこで、イドさんのつぶやきを思い出したのです。そうだ、キーボードだ…

キーボードで起動してみよう!

CLaunchをキーボードで起動するための設定

では早速CLaunchを起動させるキーボードショートカットについて調べていきたいと思います。

CLaunchは好きな起動ホットキーを選べる

CLaunchのウィンドウ上(アイコンのエリアではなくて上部のバーのところ)を右クリックをしてオプション画面を開きます。

タブが大量にありますが、ここは迷わずキーボードタブを選択ですね。

CLaunchのオプション画面でキーボードタブを選択

この画面下のホットキーで好きなショートカットを割り当てることができるようです。

なんたってランチャーですから、使う頻度が多くなりますよね~。だから、組み合わせの数は多すぎずに、かつメジャー感があって覚えやすい設定が良いですね。

Ctrl + 何か → 既に割り当てられるものがたくさんありそう…怖いから避ける。

Shift + 何か → 文字打つ時に使うからNG。

Alt + 何か または Windows + 何か → んー、いいんだけど、ちょっとマニアック。もっと王道感が欲しいなぁ…。

などと思いながら、CLaunchのヘルプをボンヤリ眺めていると

スピンボタンを上下させると、割り当てたキーが指定回数連続して入力されたときにだけ、ホットキーとして受け付けられるようになります。

指定回数連続…?

これだ…!

指定回数連続でのホットキーを設定する

まずホットキーの枠内にカーソルを合わせて迷わずCtrlキーを押下。

CLaunchのオプション画面でCtrlキーを押下

するとホットキーの枠内に「Ctrl」と表示されます。

そこで、この枠の右側にあるスピンキーの上をクリック。

CLaunchのオプション画面のスピンキー

ホットキーの枠内は「Ctrl×2回」と表示が変更されました。

CLaunchのオプション画面でCtrl2回のホットキーを設定

これで適用!

Ctrl ×2回でCLaunchが起動するようになりました!とんとんと2回連続でキーをたたく感じです。

マウスのダブルクリックと共通感もあっていい感じでございましょ?

いざ、使ってみると…

CLaunchを起動した画面

す、素晴らしい…!モニターがウィンドウで埋め尽くされていてもちゃんとCLaunchが起動しました。

CLaunchのキーボード操作

他の操作はいかがというと、いたって直感的でシンプルですね。

上下左右キーアイコンの移動

Ctrl + ← & Ctrl + →ページの切り替え

いやー、これでサクサクフォルダやアプリケーションを開くことができます。

まとめ

まさかCLaunchで2つ目の記事を書くことになろうとは思っていませんでしたが、おかげさまでさらにパワーアップした使い方ができるようになりました。

所狭しと画面にウィンドウを並べたい方は、ぜひご活用を頂ければと思います。

Ctlr × 2回、かなりオススメです!


The following two tabs change content below.
1976年こどもの日生まれ。東京板橋区在住。「ITで日本の『働く』の価値を上げる!」をテーマに、VBA&GASの開発、講師、コンサル、執筆本を中心に活動しています。→詳しいプロフィールはコチラ ★ご依頼・ご相談はお気軽にどうぞ!→お問い合わせはコチラ ★フォロー頂ければ嬉しいです。