Windows10にしたらまとめて覚えてしまいたい超ショートカットキー操作

★気に入ったらシェアをお願いします!

windows

photo credit: Advertise ! via photopin (license)

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

Windows10ですが、もうアップグレードはされましたか?

強引なアップグレードへの誘導に色々と物議があったようでしたが、さっさとアップグレードしてしまった私からするとWindows10はなかなか快適ですよ。

何が快適かって、フラットなデザインもありますが、もう一つショートカットキーでアチコチに素早くアクセスできるようになったという点です。

前のバージョンでもできていたこともありますが、このWindows10へのアップグレードのタイミングで超ショートカット操作モードへの移行を図るというのも良いのではないでしょうか?

今回はWindowsのシャットダウン、設定や機能へのアクセス、良く使うアプリケーションの起動と切り替えといったオススメショートカットキーをご紹介します。

Windowsのシャットダウン

Windows7や8.1のときは WinEnter でシャットダウンにアクセスできたのですがWindows10では を2回→ Enter を2回 → Enter という手順になり、結果としてシャットダウンまでの手数が増えてしまいました。

Windows10のスタートメニューからシャットダウン

それでもいいのですが、それより早いシャットダウン方法はないものか…と考えたときに、Win + Dデスクトップをアクティブにしてから Alt + F4「Windowsのシャットダウン」ウィンドウを開く方法を思いつきました。

Win + D:デスクトップをアクティブにする
Alt + F4:Windowsのシャットダウンウィンドウを開く(デスクトップがアクティブ時)

Alt + F4 は、他のアプリケーションのウィンドウがアクティブになっていると、そのウィンドウを閉じるショートカットとして機能してしまいます。

ですから先に Win + D で他のウィンドウを全て最小化してから Alt + F4 キーをすると

Windows10のWindowsをシャットダウンウィンドウ

このようにWindowsのシャットダウンウィンドウが開くという寸法です。このまま Enter をすればシャットダウンできます。

おそらくこっちのほうが速いかと思います。

スタートボタンを右クリックしたメニュー

実はWindwsのシャットダウンについてはもっと速い方法があります。スタートボタンを右クリックしたメニューWin + X で開く方法です。

Win + X:スタートボタンを右クリックしたメニューを開く

色々な設定や機能がこのメニューからアクセスできます。

Windows10でスタートボタンを右クリックしたメニュー

全てのメニューにキーアサインがされていて、以下の通りです。

  • F:プログラムと機能
  • M:モビリティセンター
  • O:電源オプション
  • V:イベントビューアー
  • Y:システム
  • M:デバイスマネージャー
  • W:ネットワーク接続
  • K:ディスクの管理
  • G:コンピューターの管理
  • C:コマンドプロンプト
  • A:コマンドプロンプト(管理者)
  • T:タスクマネージャー
  • P:コントロールパネル
  • E:エクスプローラー
  • S:検索
  • R:ファイル名を指定して実行
  • U:シャットダウンまたはサインアウト
  • D:デスクトップ

例えば、コマンドプロンプトであれば Win + XC で起動します。ランチャーや Win → 「cmd」と打つよりも速く立ち上げられます。

Windowsのシャットダウンも同様に Win + XUU で爆速でシャットダウンできます。

Windows10のスタート右クリックメニューからシャットダウン

しかしこちらの方法だと確認もなくシャットダウンしてしまいますので、おっかない人は前述の Alt + F4 メニューから閉じる方法を使って下さい。

全てのメニューのキーアサインを覚える必要はないと思いますが、以下はそれ以外に個人的に覚えておくとオススメのメニューです。

Win + XF:プログラムと機能

「プログラムのアンインストールまたは変更」が開きます。いらないアプリケーションをアンインストールしたいときに使いますよね。

Win + XM:デバイスマネージャー

スリープから復帰するときに「ネットワークが見つかりません」となり、Wi-Fiを検出しなくなってしまうときがたまにあります。

そんなときはデバイスマネージャーからWi-Fiに関するアダプターを無効にして、再度有効にする、という操作をするのですが、このショートカットキーで爆速でたどりつきます。

Win + XT:タスクマネージャー

何かのアプリケーションがフリーズしたときなどに使います。Ctrl + Alt + Delete でも良いのですが、こちらのほうが速く起動できます。

アプリケーションの起動と切り替え

アプリケーションの起動は今までは Win キーでスタートメニューを立ち上げてからアプリ名を何文字が打って出現した候補のアプリケーションを選択する

Windows10のスタートメニューからアプリケーションを開く

という方法もありますし、「CLaunch」などのランチャーを活用する方法もあります。

軽い!速い!簡単!無料ランチャーCLaunchでWindowsデスクトップを超スッキリ
ランチャーって使ってますか?私はCLaunchというランチャーを何年も使っています。無料にも関わらずデスクトップをスッキリしつつ、お仕事の効率もアップさせるナイスなツールなので、ぜひ紹介したいと思います。

もう一つ、タスクバーに登録されているアプリケーションを一発で起動と選択ができるショートカットキーがあります。非常に便利です。

Win + 数字:タスクバーに登録されているアプリケーションを起動または選択

タスクバーは左からスタート、コルタナ、タスクビューの3つがありますが、その隣のアプリケーションから1から順に数字キーが割り当てられます。

こちらの例でいうと

Windows10のタスクバーのアプリを起動するショートカットキー

Win + 1 でEdge、Win + 6 でLINEとなります。

私の場合は

  1. Edge
  2. エクスプローラー
  3. Google Chrome
  4. Evernote
  5. Franz
  6. LINE

というようにタスクバーにピン止めしています。

これらのアプリケーションを呼び出すときはランチャーや Alt + Tab で切り替えをするよりも、Win + 数字 で呼び出すほうが断然早いです。

まとめ

Windowsのシャットダウンについては

  • Windowsのシャットダウンウィンドウを使う方法:Win + DAlt + F4
  • スタートボタンの右クリックメニューを使う方法:Win + XUU

のどちらか好きなほうをお使いください。

スタートボタン右クリックメニューWin + X で開きます。Windowsに関する様々な設定や機能に爆速でアクセスできます。良く使ういくつかについてキーアサインまで覚えておくと良いと思います。

また、良く使うアプリケーションはタスクバーに登録をしておいて、Win + 数字 で起動または切り替えがオススメです。ランチャーなどよりも速いと思います。

その他、以下の記事にてウィンドウの配置などのショートカットキーについてもお伝えしていますので、合わせてマスター頂ければ嬉しいです。

Windowsキーってあんまり活用してないなぁというアナタへのショートカット
Windowsキーですが、みなさん活用されていますか?私の場合はCtrlとAltに挟まれて肩身の狭い思いをしていますが、そんなWindowsキーの素晴らしいショートカットを発見したので紹介していきます!

以上、どうぞご活用下さいね!

連載目次:Windows10にしたら早速使い倒したいテクニック

強引なアップグレードの誘導が話題となりましたが、一方でWindows10で快適になった部分もたくさんあります。本シリーズでは、Windows10にしたらすぐさま使い倒すための様々なテクニックをお伝えしています。
  1. Windows10にしたらまとめて覚えてしまいたい超ショートカットキー操作
  2. もちろんWindows10でも使えるエクスプローラーの超便利ショートカットキー
  3. Windows10対応!パソコン操作を高速・快適にするタスクバーの便利な使い方
  4. Windows10にアップグレードして見づらいフォントの解決法
  5. Windows10にアップデートして見つけられなくなったスタートアップフォルダの場所
  6. Windows10でスリープ後にWi-Fiが見つからない!を手っ取り早く解決する方法