不要なシートを作らせない!エクセルのデフォルトシート数を変更する方法


エクセル,シート数,設定,アイキャッチ

皆様こんにちは、ノグチです。

新しいエクセルブックを開いたとき、シートが複数作られていることが気になったことはありませんか?

あるいは、メールなどで送られてきたエクセルファイルにsheet2、sheet3のような、シート名が変えられていないシートがあると、「このシートにデータはないんだろうな」と思いつつも、何となくシートを開いてみると、案の定シートは真っ白。

「いらないシートは消しておいてくれ!」と心で叫んだこと、ありませんか?

このように、不要なシートはブックに残しておきたくないのに、新しいエクセルブックを開くと、sheet1、2、3と自動的に複数シートが作られている。毎回不要なシートを消すのは面倒だ!という方に朗報です。

エクセルのデフォルトシート数って、任意の枚数に変えられるんです。

今回は、このエクセルのデフォルトシート数を変更する方法をご紹介します。

オプションでデフォルトシート数を設定する

前述した通り、エクセルのデフォルトシートの数は、エクセルのオプションで変えることができます。

調べてみたところ、デフォルトのシート数はOfficeのバージョンによって異なっていて、Office2010まで(2007,2010)は3枚、2013以降(2013、2016)は1枚となっているようです。

参考:Microsoft Excel の仕様および制限

しかしこのオプションを設定しておけば、Officeのバージョンに関係なく、新規ブックを開いたときのシート数を任意の数にしておくことができるのです。

エクセルのオプションから基本設定を開く

では、その設定方法がこちら。(Office2016の場合)

まず、エクセルブックの左上にあるメニューの「ファイル」から、「オプション」をクリックして、オプションの画面を開きます。

エクセル,デフォルトシート数,設定,オプション

開いたオプションの画面左のメニューから基本設定をクリックします

エクセル,シート数設定,基本設定
すると、「Excelの基本オプションを設定します。」という画面が開きます。

ブックのシート数を設定する

この画面の「新しいブックの作成時」にある、「ブックのシート数(S):」という項目。

この項目が、新規でエクセルブックを開いたときのシート数を設定する項目です。

エクセル,シート数,設定,基本設定,シート数

早速変更してみましょう。

筆者の使っているOffice2016ではデフォルトのシート数が「1」になっていますので、試しに「3」に変えてみます。

エクセル,シート数,変更,3

あとは、画面右下にある「OK」を押せば変更完了!

実際に動かしてみる

では早速、新しいエクセルのブックを開いてみましょう。

すると、先程設定した通りにシートが3枚できていますね。

エクセル,シート数,変更,変更済

これで、エクセルのデフォルトシート数を変更することができました!

シート数の設定を変更した場合の注意点

既存エクセルファイルには適用されない

今回ご紹介した設定は、新規のエクセルブックに対する設定です。

既存のエクセルファイルにはこの設定は適用されないので、注意してくださいね。

デフォルトシート数は「1」以上の値で設定する

この画面で設定するシート数は、必ず「1」以上の正数を入力しなければいけません

「0」を入力すると、フキダシで「1以上の値を入力する必要があります。」と、エクセルから控え目な指摘を受けます。

また、シート数を空白にすると、「正数を入力する必要があります。」と、こちらもまた控え目な指摘を受けます。

更にこれらの指摘を無視してカーソルを他の項目に移動させたり、「OK」を押してオプション画面を閉じると、シート数はもともと設定されていた値に戻されます。

シート数を増やすとPCの動作が不安定になることがある

シート数を設定できる最小値が「1」なら、最大値はいくつなのか?

試してみたところ、Office2016では最大「255」まで指定できるようです。

(255以上の値を入力すると、「255以下の値を入力する必要があります」とこれまた指摘を受けてしまいました。)

先述の参考リンク先にあるOfficeの仕様ではシート数は「使用可能メモリに依存」と記述されていますが、手動でシート追加する分にはメモリの許す限り増やせるけれども、デフォルトとして設定できるシート数には上限がある、ということでしょうか。

何れにせよ、シート数が多いとパソコンのメモリを多く使ってしまい、ブックが開くまでに時間がかかってしまったり、エクセルの動作が遅くなる可能性がありますので、注意しなければいけません。

特別な意図が無ければ、デフォルトのシート数は1枚に設定しておくのがいいでしょう。

最後に

今回は、エクセルのデフォルトシート数を変更する方法をご紹介しました。

エクセルのシートは、データが無ければ必ず消さなければいけない、というものではありません。

しかし、誰かと共有するような場合に、相手に不要なシートを見るという手間をかけさせてしまう可能性を考えると、削除しておくのが親切かなと、私個人的には思っています。

とはいえ、ついうっかり消し忘れることもあるんですよね。

そんなときこそ、今回ご紹介した方法で「最初から不要なシートは作らせない」ようにしておけば、ついうっかりも減らせますね。

次記事では、VBAでデフォルトシート数を変更する方法をご紹介しています。

【エクセルVBA】エクセルブックのデフォルトシート数を変更する方法
Application.SheetsInNewWorkbookで、エクセルを開いたときに挿入されているシートの数(デフォルトシートの数)を変更する方法をご紹介しています。この方法を使えば、手動でエクセルのオプションを変更する必要がないので、人によってマチマチの設定を、VBA実行時に統一できるようになりますよ。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

  投稿者プロフィール

ノグチフリーランスPG・SE
元製造子会社SE。
業務システム保守・導入両方やった経験をお伝えすることで、少しでもシステムや手作業に悩まされる人が減ればいいなぁと日々夢見ております。

コメント