ノグチ

Excel・VBA活用術

エクセルVBAでOutlookの連絡先を登録する方法

エクセルVBAでOutlookの連絡先を登録する方法をご紹介しています。この方法なら、エクセルシートに書かれたリストで連絡先を渡されても、サクサク連絡先が登録できますよ。OutlookにはエクセルやCSVファイルからデータをインポートして連絡先を登録する機能もありますが、そちらでは物足りない!という方にオススメです。
Excel・VBA活用術

エクセルVBAでOutlookメールの下書きを作成・表示して送信前に内容チェックする

OutlookのMailItemオブジェクトのDisplayメソッドを使って、VBAで作成したOutlookのメール内容を、メール送信前にチェックする方法をご紹介しています。「VBAでメールを作成するのは便利だけど、内容をチェックしないでメール送信してしまうのは心配...」という方にお勧めです。
Excel・VBA活用術

【エクセルVBA】エクセルシートに一覧化された複数の連絡先に本文を変えつつOutlookでメールを一括送信する方法

エクセルVBAでOutlookを操作して、複数の送信先に、各メールの本文を変えつつ、メール送信する方法をご紹介しています。メールの冒頭部の宛名をコピペで作成していた方、もしかしたらこの方法でメール送信の手間が軽減できるかもしれません。
Excel・VBA活用術

【エクセルVBA】Outlookでメールを作成・送信する方法

エクセルシートに記入された件名や本文を、エクセルVBAによってOutlookのメールの件名と本文にセットしてメール送信する方法をご紹介しています。VBAでメールの送信ができれば、宛先に応じてメールの本文を変えつつ一斉に送信することもできますよ。
Excel・VBA活用術

【エクセルVBA】エクセルVBAでOutlookを操作しよう!参照設定とOutlookアプリケーションオブジェクトの取得

エクセルVBAでOutlookのメール送信やタスク作成操作をする前準備として、VBEの参照設定や、Outlookアプリケーションオブジェクトの取得方法をご紹介しています。 VBAとOutlookを組み合わせて使うことで、既に便利に使えているメーラーを更に便利にできるかもしれませんよ。
Excel・VBA活用術

【エクセルVBA】塵も積もればなんとやら VBAにキーボード入力をさせる方法

エクセルVBAで、キーボードのキーを押したときと同じ動きをさせるSendKeysステートメントを、プルダウンメニューのオープンを例にしてご紹介しています。このステートメントを使えば、プルダウンメニューの手動オープンのように、大した手間ではないれど、何度もやるとなると面倒...という場合の解決策になるかもしれません。
Excel・VBA活用術

【エクセルVBA】FindNextメソッドで指定範囲内の検索条件にヒットする値をすべて取得する方法

Findextメソッドを使って、指定した範囲内で検索条件にヒットする値を全て取得する方法をご紹介しています。Findメソッドだけだと、指定範囲で一番最初に検索にヒットする値しか取得できませんが、FindNextメソッドなら複数の検索結果を取得できますよ。
Excel・VBA活用術

【エクセルVBA】指定した範囲内から値を検索するFindメソッドとその使い方

エクセルシートに入力した値から、VBAのFindメソッドを使ってシート内を検索し、結果を返す方法をご紹介しています。Findメソッドは部分一致or全体一致、列方向or行方向など検索の条件を色々指定できて使い勝手が良いのでオススメですよ。
Excel・VBA活用術

【エクセルVBA】Changeイベントと組み合わせてもっと便利に!検索にヒットした値をドロップダウンリストに表示する方法

エクセルのChangeイベントと、Validationオブジェクトを用いたドロップダウンリストを作成する方法を組み合わせて、セルに入力した値をマスタシートから検索し、検索にヒットした値を入力したセルのドロップダウンリストに表示させる方法をご紹介しています。この方法を使えば、入力作業が楽になるかもしれません。
Excel・VBA活用術

【エクセルVBA】Validation.Addメソッドで入力規則のドロップダウンを作る方法

ValidationオブジェクトのAddメソッドを使って、セルに入力規則のドロップダウンリストを作成する方法をご紹介しています。シートやブックに入力された値によって入力規則の種類を変えたり、ドロップダウンリストに表示する値を変えたい、という時に便利に使えますよ。
Excel・VBA活用術

【エクセルVBA】ChangeイベントとEnableEventsプロパティで部分一致検索をする方法

WorksheetオブジェクトのChangeイベントと、ApplicationオブジェクトのEnableEventsプロパティを使って、セルに得意先名の一部を入力したら、マスタシートから正式名称を取得して入力セルに返す、というコードをご紹介しています。面倒かつ間違い易い入力作業は、出来るだけ簡略化したいですね。
Excel・VBA活用術

【エクセルVBA】イベントを使ってもっと便利なツールにしてみよう!WorksheetオブジェクトのChangeイベント

エクセルのイベント、WorksheetオブジェクトのChangeイベントをご紹介しています。シートに対して、セルの入力や削除などがあった時の処理をこのイベントに仕込んでおけば、変更のアクション終了と同時に処理が実行されて便利ですよ!
Excel・VBA活用術

【エクセルVBA】Dictionaryに格納したキーと要素をリストに書き出す方法

エクセルVBAの、Dictionaryオブジェクトに格納されたキーと要素を、エクセルシートに出力する方法をご紹介しています。Dictionaryオブジェクトを使えば、コードが簡潔になる、VBAコードの作り方によって処理速度の短縮が見込めるといったイイコトがある!かも…?
Excel・VBA活用術

【エクセルVBA】重複排除処理が速いのはどっち?Dictionaryオブジェクト vs 複数ループ

エクセルVBAのDictionaryオブジェクトを使って書かれた重複排除のコードと、複数のループを使った重複排除のコードの処理速度を比較してみました。もしお手元にリストの重複処理などで「遅いなあ...」と感じるコードがあるなら、参考にしてみてください。
Excel・VBA活用術

【エクセルVBA】Dictionaryオブジェクトを使ったリストの重複排除プログラム

複数のループ文で書かれた重複排除処理のコードを、これまで複数回にわけでご紹介してきた、Dictionaryオブジェクトと各メソッド、プロパティを使ったコードに置き換えていきます。これなら複数ループでネストが深くなってしまったり、ゴチャゴチャしてしまうコードともオサラバ!...かも?
Excel・VBA活用術

【エクセルVBA】DictionaryオブジェクトのExistsメソッドで重複があるかを確認する方法

複数のループを使った重複排除のVBAコードを、Dictionaryオブジェクトとメソッドを使ったコードをに置き換えていく方法をご紹介しています。今回は、指定した値がDictionaryオブジェクトに既に登録されているかどうか?をチェックしてくれる、Existsメソッドのご紹介です。
Excel・VBA活用術

【エクセルVBA】AddメソッドでDictionaryオブジェクトにキーと要素を追加する方法

エクセルVBAのDictionaryオブジェクトを使った、リストの重複を排除する方法を連載でご紹介しています。今回は、Dictionaryオブジェクトにキーと要素を追加するAddメソッドのご紹介です。
Excel・VBA活用術

【エクセルVBA】リスト処理に便利!Dictionaryオブジェクトをコードで使うための準備

VBAでリストの重複を排除するのって、ループ文が複数出てきたり、処理速度が落ちたりして、ちょっと躊躇してしまいませんか?Dictionaryオブジェクトを使えば、重複排除もスマートにできるかもしれませんよ。エクセルVBAのDictionaryオブジェクトを、コードで使用するための前準備を紹介しています。
Excel・VBA活用術

【エクセルVBA】VBEのツールバーを自分好みにカスタマイズする方法

VBEにあるユーザー設定で、ユーザー好みのツールバーを作成する方法をご紹介しています。コメントアウトやコンパイルなど、よく使うコマンドをツールバーにセットして画面に表示しておけば、すぐに使えて便利ですよ。もちろん、コマンドのショートカットキーを忘れてしまった!なんていうときも、ツールバーにセットしておけば安心です。
Excel・VBA活用術

エクセルのユーザー設定で自分好みのリボンメニューを設定する方法

エクセルのオプションにある「リボンのユーザー設定」で、新しいメニュータブを追加して、好きなエクセルの機能を配置する方法をご紹介しています。この方法で、エクセルのリボンメニューに、自分好みのメニュータブを追加することができますよ。