【意図を明確に】Google Apps ScriptのsetOptionメソッドでグラフタイトル・凡例を編集する方法

★気に入ったらシェアをお願いします!


みなさん、こんにちは!
タダケン(@tadaken3)です。

さて、今回も、Googleスプレッドシートでの集計・分析作業の効率を上げるための、Google Apps Scriptのテクニックを紹介します。

前回は、Google Apps Scripで積み上げグラフを作成するテクニックをご紹介しました。

【複数の要素もひと目で分かる】Google Apps Scriptで積み上げ棒グラフを作成する方法
Google Apps Scriptを使って、複数の系列を持ったグラフを作成する方法を解説します。setStackedメソッドを使い、積み上げ縦棒グラフを作成し、データの可視化を行います。

前回までで、おおよその必要なグラフを作成することができるようになったので、今回からは、グラフの見た目をきれいにするテクニックを紹介します。グラフのタイトルや凡例を整えることで、グラフの意図を正しく表現することができます。

前回のおさらい

前回同様に、sheet1のA1〜C6セルの中に、京都、大阪、神戸の3エリアで、イカとタコの販売数のデータを例として説明します。

まず、前回のコードは、簡単におさらいしましょう。

前回はasColumnChartメソッドで、棒グラフを指定して、setStacedメソッドで積み上げグラフにするテクニックを紹介しました。ここから、見た目に手を加えていきます。

setOptionメソッドでオプションを設定する

グラフの見た目を変更するにあたって、タイトルや凡例、X軸、Y軸などさまざまなオプションがあります。これらの見た目を変更するにはsetOptionメソッドを使います。

書き方は

chartオブジェクト.setOption(オプション名, 値);

です。

setOptionメソッドは様々はオプションを設定することができるのですが、今回は「グラフタイトル」「凡例」の設定するテクニックをご紹介します。

グラフタイトルを設定する

グラフタイトルを設定するには、オプションにtitleを設定します。
今回は、グラフ名は「地域別販売数」とすることにしましょう。

実際のコードは以下のとおりです。

これで、グラフタイトルが設定されました。

タイトルのフォントの色・サイズを変更する

次にグラフタイトルの色とフォントサイズを変更してみましょう。
今度はオプションにtitleTextStyleを設定します。
色とフォントサイズは連想配列で値を渡します。

書き方は

chartオブジェクト.setOption(‘titleTextStyle’,{color: 色, fontSize: フォントサイズ});

です。

実際のコードは以下のとおりです。

今回は「Green」で設定していますが、「#FFFFFF」のように、カラーコードで指定することもできます

凡例を位置、色を指定する

今度は、凡例を変更してみましょう。
凡例を変更するには、オプションにlegendを設定します。
凡例の位置、フォントの色やサイズを指定するには、先程同様に連想配列で値を渡します。

書き方は

chartオブジェクト.setOption(‘legend’, {position: 位置, textStyle: {color: 色, fontSize: フォントサイズ}});

です。

入れ子になっている点に気をつけてください。

実際のコードは以下のとおりです。

凡例を編集できましたね。

positionでは、位置を以下のように指定します。

  • 上:top
  • 下:bottom
  • 右:right
  • 左:left

まとめ

これで、グラフタイトルと凡例を設定することができました。最後に、今回ご紹介したテクニックをまとめてみました。

設定項目 オプション キー 設定内容
グラフタイトル title
タイトルのテキストスタイル titleTextStyle color
タイトルのテキストスタイル titleTextStyle fontSize フォントサイズ
凡例 legend position 凡例の位置
凡例 legend color フォントの色
凡例 legend fontSize フォントサイズ

グラフの見た目を整えることで、グラフで伝えたい事を明確にできます。今回ご紹介したsetOptionメソッドを使えば、他にもX軸やY軸の書式なども設定することができます。

次回は、グラフの色を変更するテクニックを、お伝えしてきますね。

Google Apps ScriptのsetColorsメソッドでグラフの色を設定する方法
Google Apps ScriptのsetColorsメソッドでグラフの色を設定するテクニックをご紹介します。見やすいグラフを作るために、色にまでこだわりましょう。
どうぞ、お楽しみに!

連載目次:GASでデータ分析!グラフを作成してデータの可視化

スプレッドシートを使う業務の中で多いのがデータの集計・分析作業です。データからインサイトを引き出すコツは「可視化」してデータを見えるようにすること。このシリーズではGoogleスプレッドシートでの集計・分析作業の効率を上げるための、Google Apps Scriptのテクニックを紹介します。
  1. Google Apps Scriptでグラフを作成する方法の最初の一歩
  2. 【グラフで説得力をあげる】Google Apps Scriptでグラフの種類を変更する方法
  3. 【複数の要素もひと目で分かる】Google Apps Scriptで積み上げ棒グラフを作成する方法
  4. 【意図を明確に】Google Apps ScriptのsetOptionメソッドでグラフタイトル・凡例を編集する方法
  5. Google Apps ScriptのsetColorsメソッドでグラフの色を設定する方法
  6. 【GAS】レポート共有も効率よく!作成したグラフをGmailで送る方法
  7. 【GAS】スプレッドシートをPDFにしてGmailで送付する方法

The following two tabs change content below.
副業、プログラミングについて綴ったブログ『肩の力を抜いて』の管理人です。こちらもぜひ読んでみてください。 本業はとある会社のデータアナリストです。趣味は自転車、登山です。 京都出身で、最近東京に出てきました。時間があると、自転車で都内を駆け巡っています。好きな言語はPython/R/SQLです。Golangも好きです。