Swingnowに次世代のiPhoneツールアプリのカタチを見た

★気に入ったらシェアをお願いします!


swingnow

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

先日こちらの記事を書いたところ

iPhoneアプリSwingmailで散らかるメッセージをひとまとめ!
Gmail,Twitterのダイレクトメッセージ、Facebookメッセージなどたくさん存在するメッセージアプリ…メッセージが各アプリでクチャクチャになっている方にオススメな新感覚メール&メッセージアプリSwingmailとその使い方を紹介します。

アプリの開発元であるBHI株式会社さんから「Swingnowプロジェクト日本上陸記念イベント」のご招待を頂きました!

うぉー書いてよかったゾ!

Swingmail
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料

ということで、去る4/24に参加して参りましたので、そこで見聞きしたSwingnowプロジェクトのコンセプトや今後の展開などについて紹介させて頂きます。

Swingmailに続いてSwingbook,Swingcalをリリース

イベントレポートの前に、前回の記事以降に新しいiPhoneアプリがSwingnowプロジェクトの仲間に加わりましたので紹介をします。

連絡先アプリSwingbook

Swingbookは連絡先アプリです。

Gmail,Facebook,TwitterとiPhone連絡先に散らばってしまった連絡先をこのアプリ1つにまとめることができます。

swingbook連絡先 swingbookグループ

デザインも操作性もSwingmailと同様に独特なものになっていますが、非常にクールで気持ちの良いそして斬新な使用感を味わえます。

Swingbookを立ち上げると、各アプリから特定のルールに則って集めてきた連絡先一覧が表示され、そこからメッセージを送ったり電話をすることができます。

表示される連絡先ですが限定15人までです。

それ以外は出ません(!)

時間帯や位置情報、カレンダーの予定から、今必要な連絡先のみを抽出してレコメンドするそうです。

すごい尖ってますよね~。

Swingbook
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料
BHI株式会社のプレスリリース(2015年4月1日 20時30分)BHI、Gmail、FacebookやTwitterなどのメールアドレス、友人、電話番号をま とめてシンプルに使えるiPhoneアプリを発表

カレンダーアプリSwingcal

続いてカレンダーアプリSwingcalですがアプリを立ち上げると今後のスケジュールが「いつ」「誰と」という形で表示されます。

Swingcal

表示されている連絡先からは他のSwingシリーズと同様にメッセージを送ったり、電話をすることができます。

Swingcalも驚きの特徴がありまして、なんと作成と閲覧ができるスケジュールは今日から1週間先までです。

それより先の予定、昨日より前の予定は一切出ません(!)

さらに驚くことに、登録する予定について終わりの時間という概念がありません

Swingcal
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料
BHI株式会社のプレスリリース(2015年4月9日 19時26分)BHI、向こう1週 間の予定だけをシンプルに表示するiPhoneアプリを発表

Swingmailも驚きでしたが、新たに加わった2アプリも衝撃の出会いとなりました。

コンセプトはLess is More

さて、ここからはイベントのレポートも踏まえてお伝えします。

イベント冒頭のBHI株式会社代表の日昔さんのお話から一貫して何度も繰り返される言葉”Less is More”

SwingnowプロジェクトのiPhoneアプリは「とにかく削ること」に重点を置いています。

その後、ハンズオンやサイボウズの大槻さんとのトークセッションの中で、本プロジェクトに様々な角度から触れることができました。

  • メール → 過去1週間分のみ。スパムや返信不要と思われるものは読み込まない。添付ファイルなし。
  • 連絡先 → Swingbookで表示される連絡先は15人限定。
  • カレンダー → 未来1週間分のみ。終わり時間は記録しない。
  • デザイン → iOSのWidgetを一切使わずに全て自作。余計なボタンは絶対に増やさない。色すらも増やさない。
  • 検索 → できれば入れたくない。アプリを立ち上げた時点ですでに欲しい情報に届いているのが理想。
  • 広告 → やらない。ツールアプリとして致命的な要素。マネタイズはプレミアム課金がイメージに近い。

既存のメッセージ、連絡先、カレンダーアプリと比較すると明らかに特殊で、軽く”引く”くらいです。

ただ“Less is More”のコンセプトに立ち戻ると、確かにそのほうがシンプルだ…という納得感と、一度触れると忘れることができない異彩を放つデザインとUX。

まだ私の想像力が追い付いてない部分もありますが、Swingnowプロジェクト…大きく化ける可能性を秘めていると期待感が湧いてきます。

3つのアプリは中身は同じもの

これら3つのアプリですが、見せる”部分”が異なるだけで元となるデータは同一のものです。

ユーザーは使うシチュエーションに合わせて、その目的にマッチしたアプリを都度選択して立ち上げるという使い方を想定しています。

メールの履歴を見たいときはSwingmail、先々の予定を見たいときはSwingcalといった具合です。

今、これら3つのアプリを1つにまとめるかどうか?というところが大きな悩みとのこと。

アプリを利用する前に何をしたいのかが明確でないユーザー、なんとなく開いてみたい、というユーザーもいるのではないか?ということです。

ユーザーの声を聞いてみたいところです。

Swingnowプロジェクト、次のステージへ

今後の展開として重点するポイントは以下3つというお話を聞けました。

  • Android対応
  • Yahoo,Outlook,LinkedIn,サイボウズとの連携
  • 海外展開

今後Swingnowプロジェクトが大きくなっていくことを大いに期待したいと思います!

まとめ:Swingnowとの付き合い方

以上Swingnowプロジェクトについてお伝えしました。

やはりLINEとSMSのAPIが解放されていない今、全てのメッセージをSwingnowシリーズにまとめることは難しいところです。

私の使い方ですがLINEにはつながっていない、取引先以上友達以下くらいの連絡先とのメッセージがまとまっているイメージです。この使い方が一番しっくりきています。

3つのうちですとSwingbookの使用頻度が高そうな気がしています。

いずれにしてもあちこちに散らばっているメール、連絡先、カレンダーがSwingシリーズにまとめられているという点だけでも非常に革新的で秀逸ですので、みなさんそれぞれの使えるシチュエーションがあると思います。

また、今後はLess is Moreのコンセプトを突き詰めるべく改善やアップデートも確実になされていくことと思います。

今後のSwingnowプロジェクトにも注目をしていきましょう!

おまけ

イベントではおいしいお食事とお酒もふるまわれて、終始アットホームな雰囲気でした。

それとともに、可愛らしいステッカーやリーフレットなどのお土産を頂いちゃいました。

swingnowイベントお土産

Swingmailどら焼きもらっちゃいましたw おいしく頂きました。

Swingmailどら焼き

こういうところへのこだわりや遊び心がプロダクトへのこだわりを感じさせますよね。

BHIの皆様、ありがとうございました!