【GAS】特定メールの添付ファイルのGoogleドライブ保存をチャットワークに通知する

★気に入ったらシェアをお願いします!


report

photo credit: CAF Wings Over Dallas IMG_5215_1_2016WOD_Gunfighter_KevinHong via photopin (license)

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

Google Apps Scriptで特定のメールの添付ファイルをGoogleドライブに保存するツールを作成しています。

前回はこちらの記事です。

【GAS】Gmailのメッセージにスターがついているか判定する方法とスターを付与する方法
Google Apps Scriptで特定のメールの添付ファイルをGoogleドライブに保存するツールを作っています。今回はGmailのメッセージにスター付きかを判定する方法、スターを付与する方法です。

重複して同じメッセージについて処理を行わないために、Gmailのメッセージにスターを付与する方法を利用しました。

これにて、ツールとしては完成ということで、条件にマッチしたメール(例えばeFaxなど)が届いた場合にはGoogleドライブにその添付ファイルが自動保存されるようになりました。

今回は、この動作が行われたことをチャットワークに通知する処理を追加していきたいと思います。

GASで特定メールの添付ファイルのGoogleドライブ保存をチャットワークに通知する方法、行ってみましょう!

前回までのおさらい

前回までで作成したスクリプトはこちらです。

件名に「添付ファイルテキスト」を含まれるメールを抽出して、その添付ファイルをFOLDER_IDで指定するGoogleドライブのフォルダに保存します。

前回追加した14行目のisStarredによる判定と、21行目のstar付与の処理により、同じメッセージには重複して処理がなされないようになっていますね。

チャットワークへの通知

チャットワークAPIを使用して、チャットワークに通知をする処理を考えます。

これは以下の記事で作成している、sendMessage関数を拝借しましょう。

【GAS】チャットワークのメッセージを取り出す関数とメッセージを送る関数
Google Apps Scriptを活用してチャットワークにおみくじチャットを作成しています。今回はチャットワークからメッセージを取り出す、メッセージを送る処理を関数化して全体のコードをスッキリさせます。

この部分のスクリプトはこちらです。

チャットワークに送るテキストstrBodyを生成して

とすることで、チャットワークにメッセージを送ることができますね。

チャットワークに送るテキストを生成する

そのチャットワークに送るテキストですが、以下項目を含めるようにしたいと思います。

  • 受信日時
  • 件名
  • 送信元
  • ファイル名
  • 保存したファイルのドライブ内URL

メッセージの受信日時とその書式の設定

Gmailの受信日時は

Messageオブジェクト.getDate()

で取得できますが、そのままチャットワークに送ると

Wed Dec 02 2017 00:00:00 GMT+0900(JST)

という、我々日本人には見慣れないフォーマットになってしまいます。

GASでチャットワークにGoogleアナリティクスの前日レポートを自動送信
以前、Googleアナリティクスの日次レポートを自動記録する方法をお伝えしましたが、今回はさらに発展をさせてそれをGoogle Apps Scriptを使ってチャットワークに毎朝自動で通知します。

そのために、日時の取り扱いがとっても便利になるmoment.jsライブラリを使います。

momentオブジェクトの生成および書式の設定はそれぞれ

Moment.moment(日時)
momentオブジェクト.format(書式)

とします。今回、書式としては一般的な「YYYY/MM/DD HH:mm」を使用したいと思います。

日付&時刻の便利ライブラリ「Moment.js」をGoogle Apps Scriptで使う方法
Google Apps Scriptの日付&時刻ですが、Moment.jsライブラリで、非常に簡単に取り扱えます。今回はライブラリの追加方法とmomentオブジェクトの生成についてお伝えしていきます。
Google Apps ScriptでもMoment.jsで日付&時刻の書式フォーマットを簡単に指定
Google Apps Scriptで日付&時刻の便利ライブラリMoment.jsを使う方法についてお伝えしています。今回は日時の書式フォーマットを指定するformatメソッドの使い方です。

ということで、チャットワークに送るテキストの冒頭の部分はこのようにすれば良いですね。

メッセージの件名、送信元、添付ファイル名を取得する

続いて、メッセージの件名と送信元を取得します。

その場合はそれぞれ以下のようにすればOKです。

Messageオブジェクト.getSubject()
Messageオブジェクト.getFrom()
【GAS】Gmailからメールを検索してスプレッドシートに書き出す
Gmailに届いたWordPressサイトからの問い合わせメールの分析を進めています。 今回はGoogle Apps ScriptでGmailから検索して取り出したメールたちをスプレッドシートに出力します。

また、添付ファイルのファイル名は、getNameメソッドで取得します。

GmailAttachmentオブジェクト.getName()
Google Apps ScriptでGmailの添付ファイルをGoogleドライブに保存する
Google Apps Scriptで特定条件でメールを検索して、その添付ファイルをgetAttachmentsメソッドやcreateFileメソッドを使ってGoogleドライブに保存する方法をお伝えします。

以上を踏まえて、チャットワークに送るテキストを生成する処理に以下を追加します。

getUrlメソッドで保存ファイルのURLを取得する

Googleドライブ内のファイルURLを取得するには、Fileオブジェクトに対するgetUrlメソッドを使います。

書き方はこちらです。

Fileオブジェクト.getUrl()

Fileオブジェクトはどうやって取得すれば良いんだという話ですが、実は冒頭のベースとなるスクリプトの18行目、createFileメソッドは返り値としてFileオブジェクトを返します。

ですから以下のようにすれば、Fileオブジェクトを変数にとっておくことができます。

ドライブ保存をチャットワークに通知するスクリプト

以上の処理を全て合体させますと、fetchFileは以下のようなスクリプトになります。

ちょっと長くなりましたが、一つずつ積み重ねていけばクリアできるはず…!

チャットワークへの通知結果

上記を実行すると、Googleドライブに対象ファイルが保存された上で、以下のような通知がチャットワークに送られます。

GASで添付ファイル保存の通知をチャットワークに送った結果

対象となるメッセージと添付ファイルについての情報と、そのファイルへのリンクがひとまとまりで通知されます。

リンクを踏めば、そのファイルがすぐに確認できますので便利ですよ!

まとめ

以上、GASでメールの添付ファイルのGoogleドライブ保存をチャットワークに通知する方法でした。

今回、新たに紹介したのはGoogleドライブ内のファイルURLを取得するgetUrlメソッドでした。

その他は、ほぼ過去に紹介したテクニックを組み合わせることで構成することができました。

メールの添付ファイルをGoogleドライブに保存するツールについては、これにて完成とさせて頂きます。

また、便利なツールがありましたら紹介していきますので、どうぞお楽しみに!

連載目次:GASでGoogleドライブを操作してメール添付を自動保存

メールの添付ファイルをGoogleドライブに自動保存するツールを題材として、Google Apps ScriptでGoogleドライブを操作する方法についてお伝えするシリーズです。
  1. Google Apps ScriptでGoogleドライブを操作する最も簡単なスクリプト
  2. Google Apps ScriptでGoolgeドライブのフォルダ内にファイルを作成する方法
  3. Google Apps ScriptでGmailの添付ファイルをGoogleドライブに保存する
  4. 【GAS】Gmailのメッセージにスターがついているか判定する方法とスターを付与する方法
  5. 【GAS】特定メールの添付ファイルのGoogleドライブ保存をチャットワークに通知する