Google Apps Scriptでチャットワーク上におみくじチャットを作る

★気に入ったらシェアをお願いします!


みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

チャットワークでおみくじチャットを作っています。

おみくじチャットというのは

  1. 「おみくじ」とメッセージを送信すると
  2. “大吉”,”中吉”,”小吉”,”吉”,”半吉”,”末吉”,”凶”のいずれかがメッセージとして返ってくる

というやつです。

楽しそうでしょ?

前々回でチャットワークからのメッセージをGoogle Apps Scriptで受け取るスクリプトを

Google Apps Scriptでチャットワークからのメッセージを取得する方法
チャットワークで「おみくじチャット」を作るというのを目標にチャットワークAPIの使い方を勉強していきます。今回はチャットのメッセージをGoogle Apps Scriptで取得するところまでです。

前回でGoogle Apps Script内でおみくじを生成するスクリプトを

Google Apps Scriptで乱数を使っておみくじプログラムを作る
今回はGoogle Apps Scriptで乱数を使用しておみくじを作る方法についてお伝えしていきます。乱数の発生、小数点の切り捨て、配列の要素数を求めるなど、あちこちで使えるテクニックが満載ですよ!

それぞれ紹介しました。

今回はそれらを合体させて、Google Apps Scriptを使ってチャットワークからのメッセージを受けておみくじの結果を返す「おみくじチャット」を完成させていきたいと思います。

スポンサーリンク

これまでのおさらい

では今までのおさらいをしていきますね。

Google Apps Scriptでチャットワークからのメッセージを受け取る

まず、Google Apps Scriptでチャットワークからのメッセージを受け取るスクリプトはこちらです。

UrlFetchApp.fetchメソッドでチャットワークAPIへ「これこれのroomIDのメッセージを下さい」というリクエストを送りますと、JSON形式でレスポンスが返ってきます。

JSON.parseメソッドでそのレスポンスを解析して、jsonという配列に各メッセージが格納されます。

for each文で全てのメッセージについてそのメッセージテキストをログ出力するという流れです。

今回はおみくじの結果をチャットワークに返したいので、ログ出力の部分を

  1. メッセージテキストが「おみくじ」であるか判定
     1. おみくじを生成する
     2. チャットワークに返す文字列を生成
     3. チャットワークに送信

という処理に置き換えていくことになります。

乱数を使っておみくじを引く

次に乱数を使っておみくじを引くという処理を行う関数です。

大吉から凶までの7つの結果を配列に格納しておいて、Math.randomによる乱数で配列番号を指定してログ出力するというのを、for文で10回繰り返すという内容です。

こちらはfor文をなくして、returnで結果を返してあげればOKですね。

チャットワークにメッセージを送信する

チャットワークへのメッセージの送信についてはライブラリ「ChatWorkClient for GAS」を使う手もあります。

Google Apps Scriptの第一歩、初心者でもチャットワークにメッセージを送れる
Google Apps Scriptの第一歩ですが、しょっぱなから真っ先にチャットワークを操作してしまいます。初回はGASのプロジェクトの作成、ライブラリの追加、スクリプトの記述と実行までです。

ですが、せっかくなので、今回はピュアにAPIにリクエストをする方法を試していきたいと思います。

チャットワークAPIのドキュメントによるとメッセージの送信については

POST /rooms/{room_id}/messages
チャットに新しいメッセージを追加

body:メッセージ本文

とあります。

リクエストURLは

https://api.chatwork.com/v1/rooms/{room_id}/messages

です。

bodyパラメータなのですがリクエストメソッドがPOSTの場合はpayloadというパラメータで連想配列として渡してあげる必要がありますので、HTTPヘッダ、HTTPメソッドと合わせて以下のように設定をします。

その他詳しくはAPIドキュメントをどうぞ。

クラウド型ビジネスチャットツール「チャットワーク」における開発者向けAPIの仕様詳細について記載しています

チャットワークからのメッセージにより分岐をする

続いてgetOmikuji()の12行目から14行目のfor each文について修正をしていきます。

チャットワークから送られてきたメッセージはobj.bodyで取り出すことができます。

テキストが「おみくじ」と一致したら、チャットワークに送るテキストを生成し、UrlFetchAPP.fetchメソッドでメッセージ送信のリクエストを送るという形になります。

UrlFetchAPP.fetchメソッドの返り値としてmessage_idが返ってくるらしいのですが、今回は使わないので変数への格納はしません。

おみくじを引いて返す関数

乱数でおみくじの結果を生成する関数generateOmikuji()はシンプルにreturnをしてあげればOKですね。

おみくじチャットの実行結果

では実行してみましょう。

チャットワークの該当のグループチャットで「おみくじ」と送信します。

まだイベントトリガーを設定していないので、スクリプトエディタでgetOmikuji()を実行してあげる必要があります。

チャットワークのおみくじ結果

おお!大吉!!

幸先いいですね。

まとめ

以上、Google Apps Scriptでチャットワークのおみくじチャットを作りました。

楽しいですね。

完成したスクリプトはこちらです。

次回ですが、チャットワークのメッセージ記法を使ってToや返信でメッセージを送る方法についてお伝えします。

Google Apps ScriptでチャットワークにToや返信でメッセージを送る
Google Apps Scriptでチャットワークのおみくじチャットを作っています。今回はチャットワークのメッセージ記法を使って、おみくじの結果をToや返信のメッセージにする方法です。

お楽しみに!

連載目次:チャットワークAPI初級編:おみくじチャットを作る

本シリーズはGoogle Apps ScriptでチャットワークAPIの様々な機能を呼び出す練習となります。メッセージの取得をして、処理をして、メッセージを返すという一連の流れの基礎を学ぶことができますよ。
  1. Google Apps ScriptでチャットワークAPIを活用するための最初の一歩
  2. Google Apps Scriptでチャットワークからのメッセージを取得する方法
  3. Google Apps Scriptで乱数を使っておみくじプログラムを作る
  4. Google Apps Scriptでチャットワーク上におみくじチャットを作る
  5. Google Apps ScriptでチャットワークにToや返信でメッセージを送る
  6. 【GAS】チャットワークのメッセージを取り出す関数とメッセージを送る関数