Mailbox対Inbox徹底比較!iPhoneメール神アプリ対決を制するのは!?

★気に入ったらシェアをお願いします!


みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

去る5/29にGoogleによるGmailの次世代版として位置づけされるInboxが一般公開され、誰もが無料で利用できるようになりました。

これは試してみたい!これまで招待制だったグーグルの次世代メールアプリ「Inbox」が、一般公開されました。iOS向けはこちらから、Android向けはこちらからだれでもダウンロード可能です。Inboxの特徴はメールの見やすさと処理しやすさを重視したこと。こちらの記事で詳しい特徴が紹介されていますが、...

iPhoneアプリの機能としてはそのUI、使い勝手に定評のあるMailboxをパクッ…いえ、強く意識したものになっておりまして、メールを”完了”(=アーカイブ)、”スヌーズ”(=後で読む)など、Mailboxと同様のメールさばきを体験できるようです。

Googleのサービスということで、他のGoogleサービスとの連携やステキな機能が搭載されているに違いありません。

ただ、以下記事にある通りMailboxはもう私のiPhone史上ベストといっても過言ではないほどの神アプリ。

受信トレイ空っぽ!?驚くほどメールが片づくiPhone神アプリMailbox
メールを左右スワイプだけで超簡単に管理できるiPhone用Gmail管理アプリMailboxをご紹介します。合わせてこれまでのメール管理がなぜ難しかったのか、Mailboxがなぜ上手にメール管理を実現しているのかについても解説をしています。

まさかここでInboxにその場を譲ってしまうのでしょうか…?

そこで今回はMailbox押しの視点で、この二つのiPhoneアプリMailboxとInboxを徹底比較してみました。

後日注記:Mailboxは2016年2月にサービス終了します

残念ながらMailboxは2016/02/26にサービス終了するとの発表がありました。

Saying goodbye.

良いアプリだったのに残念です。しかし以下お伝えしている通り、Inboxもそれに負けるとも劣らないアプリですので、代替アプリとしてInboxをオススメします。

スポンサーリンク

メールの処理の仕方

Mailboxでの処理の仕方ですが、こちらの図の通り。

Mailbox-アーカイブ Mailbox-後で読む

メールを右にスワイプするとそのメールは「アーカイブ」され、左にスワイプすると「後で読む」になります。

一方でInboxでは

Inbox-完了 Inbox-スヌーズ

右にスワイプで「完了」に移動され、左にスワイプで「スヌーズ」します。

呼び名は違いますが、色は一緒。なかなかの意識具合ですね。

MailboxもInboxも受信トレイを空にするということを重視する使い勝手となっています。

受信トレイの表示

機能は一緒ですが表示方法には少し違いがあります。

Mailboxの受信トレイは

Mailbox-受信トレイ

かなりシンプルですね。未読のメールには水色の丸印がついています。

一方でInboxはというと

Inbox-受信トレイ

Mailboxに比べるとにぎやかです。メールの送り主がビジュアルアイコンで表示されます。

未読のメールは太字ですが、既読になると細字になります。

Inboxのほうがパッと見でわかりやすいビジュアルになっていますね…Mailbox頑張れ!

添付ファイル

添付ファイルについては悔しいことにInboxがとても便利なんですよ…!

Mailboxでは受信トレイから添付ファイルを直接開くことはできませんので、メールをタップして

Mailbox添付ファイル1 Mailbox添付ファイル2

メール本文を表示させるとその添付ファイルをタップすることができます。

一方でInboxでは

Inbox添付ファイル

受信トレイでそのまま添付ファイルがタップできるようになっています。

悔しいですが、この点に関してはInboxに軍配が上がります。

アイコンバッジの表示

実はアイコンバッジについては小さくて大きな違いがあります。

以下図を見てもらえればと思いますが、このようにアイコンバッジで表示される数字がMailboxとInboxで異なるときがあるのです。

MailboxとInboxのアイコンバッジの数

それぞれのアプリをの受信トレイを見てみますと

Mailbox-受信トレイ Inbox-受信トレイ

受信トレイにあるメールは未読のメールが2件、既読のメールが3件、合計5件で同じもののようです。

もうおわかりと思いますがアイコンバッジの表示の違いはメールを読んだかどうかにあります。

Mailboxは受信トレイにあるメールの数を表示しますが、Inboxでは受信トレイにあるうちの未読のメールの数を表示しているということです。

Mailboxは受信トレイを空っぽにしない限り、メールを見ようが見まいがアイコンバッジが付きっぱなしです。

一方でInboxは読みさえすればアイコンバッジは消えます。

これはGmailをタスク管理として使っている私としては大きな違いです。

各トレイの切り替え

受信トレイ、アーカイブ(完了)、後で読む(スヌーズ)のそれぞれのトレイの切り替えについてはMailboxのほうが優秀です。

Mailboxトレイの切り替え

このようにどのトレイにいても上部のアイコンで1タップで切り替えることができます。

Inboxは

Inboxトレイの切り替え

サイドメニューを開いての切り替えになりますので、ひと手間かかりますね。

WindowsPCで使えるかどうか

Inboxはスマホアプリだけではありません。PCブラウザ版もあります。

ということはGmailの代わりに使えてしまうのでは…?と一抹の期待が広がりますね。

ブラウザ版の画面はこちらです。

InboxのPC画面

かなりシンプルな作りになっています。

しかし、アドレス別での署名の設定ができなかったり、引用ボタンがなかったりですので、シンプルすぎてちょっと現時点では私の実用には向いていない印象です。

以降のアップデートに期待ですね。

ちなみにMailboxのほうにはMac版があるようです。Macユーザーうらやましい…。

メッセージのスヌーズ機能が特徴のメール管理アプリMailboxのMac版²が、誰でもダウンロードできるようになった。

Windows版も期待していていいのかな?

まとめ

さて、Mailboxひいきで比較をしてきましたが、いかがだったでしょうか。

メールをタスク管理の一環として扱うという視点ではMailboxのほうが徹底しているといえます。

一方で、添付ファイルを中心にメールアプリとしての使い勝手でいうとInboxに軍配があがります。

Inboxには旅行の日程管理やリマインダなどのいくつかの特徴的な機能がありますので、これらの機能が気になる方はぜひ使ってみてください。

おっとすっかり忘れていましたが、それぞれのアプリはこちらからダウンロードどうぞ。

Mailbox
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料
Inbox by Gmail – あなたに役立つ受信トレイ
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料

コメント

  1. Mailbox対Inbox徹底比較!iPhoneメール神アプリ対決を制するのは!? | Apple FAN|macやiPhoneなどアップル製品のニュースサイト より:

    […] るGmailの次世代版として位置づけされるInboxが一般公開され、誰もが無料で利用できるようになりました。 http://www.gizmodo.jp/2015/05/inbox_4.html iPhoneアプリの機能としてはそのU…[続きを読む] […]

  2. ななし より:

    署名の設定ができないと書いてありますが、
    スライドメニューから設定→署名と進むことで署名を設定できます。

    • タカハシノリアキ より:

      コメントありがとうございます。
      確かにおっしゃる通りでした…ご指摘ありがとうございます。
      記事のほう修正をさせて頂きました。
      今後ともよろしくお願いいたします。

  3. 近ど~ より:

    来年2月で終了とのこと。