G SuiteをMicrosoft Officeや他のアプリケーションと一緒にうまく使う方法


Work Beyond Borders: How to Use G Suite with Microsoft and Your Favorite Third-Party Applications

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

今年はオンラインで開催されております、Google Cloudのデジタルイベント「Google Cloud Next ’20: OnAir」のレポートをシリーズでお伝えしております。

前回の記事はこちら。

G Suite全体に組み込まれている数々のAI機能についてたっぷり紹介します
Google Cloudのデジタルイベント「Google Cloud Next ’20: OnAir」のレポートをシリーズでお伝えしています。今回は、G Suite全体に組み込まれているAI機能についてたっぷり紹介します。

G Suiteの全体で組み込まれているたくさんのAI機能について紹介しました。

今回のテーマは、G SuiteをMicrosoftや他のアプリケーションと一緒にうまく使う方法です。

紹介するセッションは、Google CloudのProduct Manager、Jon HarmerさんとJeffery Hoehlさんによる「Work Beyond Borders: How to Use G Suite with Microsoft and Your Favorite Third-Party Applications」です。

Google Cloud Next ’21 — Register now!
Bringing the best of Google Cloud technology to you, October 12-14, 2021.

では、行ってみましょう!

たくさんのアプリケーションを使っている

私たちは、たくさんのアプリケーションを使って仕事をする必要があります。

調査によると、大企業で使用されているアプリの数は平均で129だそうです。

これらのアプリをうまく使うことが必要なわけですが、これらのアプリ間を移動するために年間32日間が無駄になっているそうです。

G Suiteは、Microsoftをはじめ他社のアプリケーションとシームレスに連携するように設計されています。

Microsoftとの共存を可能にする

当然ながら、オフィススイートとして完全にG Suiteだけを使うという選択肢もあり、移行を手助けするためのG Suite Migrateというサービスが提供されています。

しかし、状況によっては社内で戦略的にMicrosoftとGoogleを両方使ったほうがよいケースや、外部パートナーがMicrosoftをメインに使用しているケースもあります。

今回は、後者のケースでG Suiteが「Microsoftとの共存」もうまくできるという話です。

G SuiteでのOfficeファイルの利用

G SuiteはExcel、Word、PowerPointといったOfficeファイルをファイルを変換せずに開いてスムーズに編集をすることができます。

G Suiteならではの共同作業も同様に行うことができますし、モバイルデバイスからの編集も可能です。

Wordファイルに対してはスマートコンポーズも機能します。

G SuiteとOutlookの相互運用

組織がOutlookを使用している場合、IT管理者が相互運用ツールで設定をするだけで、OutlookのデータがGoogleカレンダーにリアルタイムに同期されます。

これにより、Googleカレンダーの「会議室の提案」の機能も使用できるようになるというわけです。

また、Outlookから直接Google Meetのビデオ会議をスケジュール、参加、作成することも可能です。

G Suiteアドオンによる他のアプリケーションの統合

前述のとおり、私たちはMicrosoft以外にも非常に多くのアプリケーションを使用しているわけですが、それら他のアプリケーションとの統合を実現するのがG Suiteアドオンです。

G Suiteアドオンとは

**G Suiteアドオンとは他のアプリケーションをG Suiteに統合する機能です。

G Suiteには、スプレッドシート、ドキュメント、フォーム、スライドで使用できるDocsアドオンという類似機能がありますが、G Suiteアドオンはそれとは別で、以下のようにさらに拡張された機能を提供するものです。

項目 Docsアドオン|G Suiteアドオン
サードパーティアプリをG Suiteに統合する ○|○
G Suite APIを使用する ○|○
G Suite全体で共通のシンプルなUX |○
より直感的なコンテキスト |○
強化された管理とセキュリティ |○
モバイルからの利用 |○

G Suiteアドオンは、現在カレンダー、Gmail、ドライブで使用でき、すでにデフォルトで「カレンダー」「Keep」「To Do」がアドオンとして使用できるはずです。

右側のクイックアクセスサイドパネルから、上記3つのアプリケーションからすばやくアクセスすることができます。

Coming soonとして、ドキュメント、スプレッドシート、スライドからもG Suiteアドオンが利用できるようになると発表されました。

G Suite Marketplace

G Suiteアドオンは、G Suite Marketplaceから閲覧、インストールできます。

すでにサードパーティから数千のアプリが配布されていますので、お気に入りのアドオンを追加することがでるのです。

さらに、G Suiteアドオンは自社で開発することもでき、ドメイン内限定で公開することも可能です。

まとめ

以上、G SuiteをMicrosoftや他のアプリケーションと一緒にうまく使う方法をお伝えしました。

G Suiteは組織がなるべくラクにG Suiteを使い始められるように、またG Suiteを使いはじめてからもなるべくラクに他のアプリケーションと合わせて使えるようにしています。

そんなメッセージが詰まったセッションでしたね。

さて、次回はG Suiteのコラボレーションの未来についてのセッションをレポートします。

どこからでもチームワークが可能となるG Suiteのコラボレーションとそのビジョン
Google Cloudのデジタルイベント「Google Cloud Next ’20: OnAir」のレポートをシリーズでお伝えしています。今回は、どこからでもチームワークが可能となるG Suiteのコラボレーションとそのビジョンについてレポートします。

どうぞお楽しみに!

連載目次:ノンプログラマーのための「Google Cloud Next '20: OnAiro」まとめ

2020/07~09にかけて開催されたGoogle Cloudのデジタルイベント「Google Cloud Next 2020: OnAir」。その中から、ノンプログラマー向けにおすすめ情報をレポートしていきます。
  1. Google Cloud Next ’20: OnAirとそのノンプログラマー的な楽しみ方
  2. 未来のワークスペースのためのG Suiteのビジョン
  3. Google Meetの未来とビジョンそしてロードマップについて
  4. G Suite Developer Platformの主要なコンポーネントと今後のロードマップ
  5. AppSheetを使ったノーコードアプリで生産性を高める方法
  6. G Suite全体に組み込まれている数々のAI機能についてたっぷり紹介します
  7. G SuiteをMicrosoft Officeや他のアプリケーションと一緒にうまく使う方法
  8. どこからでもチームワークが可能となるG Suiteのコラボレーションとそのビジョン
  9. G SuiteのGmail、Chat、Meetなどによるコミュニケーションとその未来
  10. G Suite Essentials~チームがどこからでも安全に共同作業を行うための最も簡単な方法
  11. Google Apps Scriptのエディタが刷新…新IDEが登場します!
  12. Google CloudのBusiness Application Platformとは、その全貌について
  13. AppSheetに組み込まれているAI/ML機能と今後のアップデートについて
  14. AppSheetを用いてデスクレスワーカーの仕事をデジタル化する方法

タイトルとURLをコピーしました