記事別ページビューランキングを自動で取得&よく使うDimensions一覧

★気に入ったらシェアをお願いします!

reports

みなさん、こんにちは!
アナリティクスの自動レポートがどんどんパワーアップして浮かれてますタカハシ(@ntakahashi0505)です。

さて、前回はこちらの記事で、Googleアナリティクスの主要な複数Metricsのデイリーレポートを、スプレッドシートに自動で出力する方法について、また主要なMetricsについてのまとめをお伝えしました。

Googleアナリティクスの自動デイリーレポート&よく使うMetrics一覧
毎日のGoogleアナリティクスレポート。ページビュー、ユーザー数、直帰率など複数の指標について自動でスプレッドシートに出力する方法です。よく使うオススメのMetrics一覧のオマケつきです。

今回は、別のデイリーレポートを自動取得してみたいと思います。

前日のページビューのうち、どのページが貢献したのか、パッと見でわかるレポートを自動で取得したくありませんか?取得したいですよね!?

では、そのニーズにお応えしまして、Googleアナリティクスから記事別ページビューランキングをスプレッドシートに自動取得する方法です。

また、今回は出力データのSortの設定の仕方よく使うDimensions一覧についてもお伝えしますよ。

では、どうぞよろしくお願いいします!

記事別レポートを新規作成する

前回の続きとして、スプレッドシートのGoogleアナリティクスアドオンのReport Configurationは以下の状態からスタートします。

Googleアナリティクスアドオンconfig

今回は、新たなシートとしてレポートを追加しますので、お馴染みの「アドオン」→「Google Analytics」→「Create new Report」で、ウィンドウを開きます。

「Create a new report」のウィンドウでは、レポート名、アカウント名、Metrics、Dimensionsを設定します。

Googleアナリティクスアドオン新規レポート作成

Metricksとしては取得したい値はページビュー数ですから「Pageviews」、Dimensionには

  • Page Title:ページタイトル
  • Page:ページURL

の二つを設定します。

Metricsと同様、Dimensionsも複数の項目を設定することができます。

全ての入力が完了しましたら「Create Report」ボタンをクリックで、Report Configurationに新たな列が追加されます。

Googleアナリティクスアドオン記事別ページビューconfig

Report Configurationを編集する

続いてReport Configurationを調整していきます。

Last N Daysの設定が7になっています。

このままですと、前日から7日前までのデータを取得することになります。今回は、前日のみのページビューランキングを知りたいので数値を1に変更します。

Googleアナリティクスアドオン期間設定

これでレポートを走らせてみましょう。メニューから「アドオン」→「Google Analytics」→「Run Reports」です。

「記事別レポート」というシートが新規に作成されまして、このように記事一覧とそのページビュー数を取得することができます。

Googleアナリティクスアドオン記事別ページビューレポート

GoogleアナリティクスDimensions一覧

今回は、ページタイトルとページURLをDimensionsとして設定しましたが、他にもたくさんの項目があります。

そのうち、よく使うであろうオススメのDimensionsを一覧にしました。

ちなみにUI Nameとパラメータは

  • UI Name:Create new reportで設定するときの名称
  • パラメータ:Report Configurationに記載するときの名称

という使いわけです。

Dimensions UI Name パラメータ
ページ Page ga:pagePath
ページタイトル Page Title ga:pageTitle
ページの第X階層 Page path level X ga:pagePathLevelX
チャンネルグループ Default Channel Grouping ga:channelGrouping
キャンペーン Campaign ga:campaign
参照元 Source ga:source
メディア Medium ga:medium
ユーザータイプ User Type ga:userType
言語 Language ga:language
Country ga:country
市区町村 City ga:city
ブラウザ Browser ga:browser
オペレーティングシステム Operating System ga:operatingSystem
デバイス Device Category ga:deviceCategory
日付 Date ga:date
年月 Month of Year ga:yearMonth
時間 Date ga:hour
曜日 Day of Week Name ga:dayOfWeekName

英語ページですが、以下のページでMetrics、Dimensionsのリファレンスを見ることができます。

Dimensions & Metrics Explorer  |  アナリティクス Core Reporting API  |  Google Developers

Sortを設定してレポートの並べ替え

さて、少し話を戻します。

先ほど出力した記事別レポートですが、ページビュー数が多い順に並び替えをしたいと思います。

記事数が多いときなどは、そのほうが人気記事がパッと見でわかるようになりますもんね。

その場合は、Report ConfigurationのSortを使います。

ここにソートのキーとなるパラメータを入力します。昇順はそのまま入力、降順はパラメータの前に「-」と入力します。

今回は、ページビュー数の降順なので「-ga:pageviews」と入力すればOKです。

GoogleアナリティクスアドオンSortConfig

これでレポートを走らせますと

Googleアナリティクスアドオン降順ソート

バッチリ、ページビュー数の降順で出力されましたね。

まとめ

Googleアナリティクスアドオンで、スプレッドシートに前日の記事一覧をページビュー数の降順で出力する方法についてお伝えしました。

もともと、このレポート全体をam4~5時に更新するように設定していますので、この記事別レポートも同時刻に前日分を自動取得します。

Googleアナリティクスアドオンですが、さらに細かい設定ができますので、今後お伝えできればと思います

次回はスプレッドシートに記録したアナリティクスのレポートをチャットワークに送る方法です。

GASでチャットワークにGoogleアナリティクスの前日レポートを自動送信
以前、Googleアナリティクスの日次レポートを自動記録する方法をお伝えしましたが、今回はさらに発展をさせてそれをGoogle Apps Scriptを使ってチャットワークに毎朝自動で通知します。

どうぞお楽しみに!

連載目次:Googleアナリティクスデータをスプレッドシートで自動取得

  1. Googleアナリティクスデータをスプレッドシートで自動取得する方法
  2. スプレッドシートでGoogleアナリティクスデータのグラフを毎日・完全自動で更新
  3. スプレッドシートのピボットを使用して流入別セッション数も自動でレポーティング
  4. Googleアナリティクスの自動デイリーレポート&よく使うMetrics一覧
  5. 記事別ページビューランキングを自動で取得&よく使うDimensions一覧
  6. GASでチャットワークにGoogleアナリティクスの前日レポートを自動送信
  7. GASでGoogleアナリティクスの記事ランキングをチャットワークに送る