【エクセルVBA】Initializeイベントでワークシートの値をユーザーフォームの初期値にセットする


ユーザーフォーム,initialize,アイキャッチ

皆様こんにちは、ノグチです。

ユーザーフォームを作って使ってみるまでを目標に、コントロールのプロパティやイベントを、連載記事でご紹介しています。

前回は、テキストボックスのイベントをいくつかご紹介しました。

【エクセルVBA】テキストボックスでよく使う3つのイベントを使ってみよう
ユーザーフォームを作成して、使ってみるところまでを連載形式でご紹介しています。今回は、テキストボックスのEnter,Exit,Changeの3つのイベントをご紹介していますよ。イベントは各コントロールに数多く用意されていますが、各イベントの実行タイミングとできることを知って、便利に使ってしまいましょう!

今回は、ユーザーフォームのInitializeイベントで、ユーザーフォームを開くと同時に、ワークシート上の値をユーザーフォームのテキストボックスに表示する方法をご紹介します!

前回までのおさらい

まず、前回までに作成したユーザーフォームがこちら。

テキストボックス,オブジェクト名

「品目」というラベルの下にある、TextItemというオブジェクト名のテキストボックスを用いて、テキストボックスのプロパティやイベントをご紹介してきたのでした。

今回も、こちらのテキストボックス「TextItem」を使っていきますよ。

ワークシートの値をユーザーフォームに表示する

Valueプロパティに値をセットする

まず、ユーザーフォームのテキストボックスに値を表示するには、テキストボックス のValueプロパティに表示したい値をセットします。

テキストボックスにワークシートの値を表示したいのなら、テキストボックスのValueプロパティに、ワークシートのCellオブジェクトまたはRangeオブジェクトのValueプロパティをセットすることになりますね。

例えば、TextItemというオブジェクト名のテキストボックスに、ワークシートのA1セルの値をセットしたいなら、こんなコードになります。

これを、テキストボックスのEnterイベントに入れて、動かしてみましょう。

ユーザーフォームを開いて、テキストボックスにフォーカスを当ててみると…

テキストボックス,value

この通り、ワークシートの指定したセルから値をもってきて、ユーザーフォーム上のテキストボックスに表示してくれていますね。

ユーザーフォームの値をワークシートに転記する

ユーザーフォームで入力した値を、ワークシートに転記することもできますよ。

上でご紹介したのと逆で、ワークシートのCellオブジェクト、RangeオブジェクトのValueプロパティに、コントロールのValueプロパティをセットすればよいのです。

試しに、テキストボックスのExitイベントを使って、ワークシートに値を転記してみましょう。

こんなコードができます。

ユーザーフォームのテキストボックスに値を入力して、フォーカスをテキストボックスから離すと…

ワークシート,value

この通り、ユーザーフォームの背後で、テキストボックスに入力した値が、ワークシートに転記されていますね。

Initalizeイベントでワークシートの値をユーザーフォームの初期値にセットする

Initializeイベント:ユーザーフォームが開くタイミングで実行される

ユーザーフォームで画面を作っていると、マスタやワークシートの値など、ユーザーフォームを開くと同時に読み込んでおいて、フォーム上のコントロールに初期値として表示したい、という場面が出てくることがあります。

そんな時に使えるのが、ユーザーフォームのInitializeイベントです。

このイベントは、ユーザーフォームが開くタイミングで実行されるイベントなので、例えば、

  • ユーザーフォーム上の背景やコントロールの色やサイズなどを初期値用に変更する
  • マスタやワークシートの値をユーザーフォーム上に表示する

といった、初期化処理をしたい場合はこちらのイベントプロシージャに処理を書き込むことになります。

Initalizeイベントでワークシートの値をユーザーフォームの初期値にセットする

では早速、Initializeイベントを使って、ユーザーフォームを開いたときに、ワークシートの値をユーザーフォーム上のテキストボックスに初期値としてセットしてみましょう。

コードはこちら。

ユーザーフォームを開いたとき、ワークシート上のA1セルの値を、ユーザーフォームのTextItemというオブジェクト名のテキストボックスに転記する、というコードです。

ワークシートのA1セルに値を入力しておいて…

initialize,初期値,ワークシート

ユーザーフォームを開いてみると…

initialize,初期値

この通り、ワークシートの値が初期値としてテキストボックスに表示されていますね。

最後に

今回は、テキストボックスに入力した値をワークシートに転記する方法と、ユーザーフォームのInitializeイベントで、ワークシート上の値をユーザーフォームの初期値にセットする方法をご紹介しました。

このイベントは、ユーザーフォームでツールを作る場合、マスタシートの読み込みなどで何かと使うことになるイベントですので、是非使ってみてくださいね。

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました!

連載目次:【エクセルVBA】ユーザーフォームを使ってみよう!

ユーザーフォームは、ちょっとした画面なら作れてしまう、便利な機能です。

何となく敷居が高いように感じてしまいますが、順を追っていけば難しいことはありませんよ。

  1. 【エクセルVBA】ユーザーフォームを作ってみよう!VBEでフォームを挿入する方法
  2. 【エクセルVBA】Showメソッドでユーザーフォームをコマンドボタンから開いてみよう!
  3. 【エクセルVBA】コマンドボタンのClickイベントとUnloadステートメントでユーザーフォームを閉じる方法
  4. 【エクセルVBA】テキストボックスのプロパティで入力を便利にしよう
  5. 【エクセルVBA】テキストボックスでよく使う3つのイベントを使ってみよう
  6. 【エクセルVBA】Initializeイベントでワークシートの値をユーザーフォームの初期値にセットする
  7. 【エクセルVBA】AfterUpdateイベントでテキストボックス同士を連動させてみよう

タイトルとURLをコピーしました