【IFTTTでチャットワーク連携】Googleカレンダーの予定登録と開始前リマインドを通知する


IFTTTGoogleアイキャッチ

みなさんこんにちは!もり(@excelprog)です!

引き続き、IFTTTでチャットワーク連携シリーズをお届けしていきます。
前回はTwitter × チャットワークのレシピを2つ紹介しました。

【IFTTTでチャットワーク連携】Twitterで指定条件が含まれるツイートを自動通知する
IFTTTを使用したチャットワーク連携のレシピを紹介するシリーズです。今回の記事では「自分がメンションされたツイート」「指定の単語が含まれるツイート」をチャットワークへ自動通知する方法を紹介します。

Twitterでメンションされた場合・指定語句のツイートがあった場合に、そのツイート内容をチャットワークに通知できる便利なレシピでしたね。

さて、今回はGoogleカレンダーとチャットワークの連携レシピを紹介していきます。

IFTTT で Googleカレンダー × チャットワーク

IFTTT(イフト)とは「If This Then That」の略です。「もし、Aシステムで○○したら、Bシステムに○○する」という、Webサービス間を連携するプログラムのことです。

今回紹介するレシピはGoogleカレンダー × チャットワークなので、「もし、Googleカレンダーで何らかのアクションが起きたならば、それをチャットワークに通知する」となります。

チャットワーク連携のレシピが公開されているURLにアクセスしてIFTTTにSign up(ログイン)します。

IFTTT
See all of the services that partner with IFTTT. From the smart home to business tools to social media — you can browse by category or search by name.

今回紹介するレシピを使用するにはIFTTTとチャットワークの連携許可が必要です。
初めて使う方は、連載初回の記事をご覧のうえ連携の設定をしておきましょう。

【IFTTTでチャットワーク連携】定期作業のリマインドメッセージを自動で通知する
IFTTTを使用したチャットワーク連携のレシピを紹介するシリーズです。今回の記事では、「毎日・毎週の指定時刻」「毎月決まった日付の指定時刻」にチャットワークへメッセージを自動通知する方法を紹介します。

Googleカレンダーに新規の予定が登録されたら通知する

レシピ名:Google カレンダーに予定が追加されたらチャットワークに通知

IFTTTのレシピ一覧で検索、もしくは、こちらのURLに直接アクセスしてください。

Google カレンダーに予定が追加されたらチャットワークに通知
Google カレンダーに予定が追加された場合、グループチャットに通知します。

Turn onをクリックします。
IFTTTGoogleカレンダー予定追加1

設定方法

IFTTTでGoogleカレンダー連携のレシピを初めて使用する場合は、連携認証が必要です!

IFTTTからGoogleアカウントに接続するための認証をします。

「OK」をクリックします。
IFTTTGoogleカレンダー連携1

アカウントの選択をします。
※GoogleアカウントのログインID・パスワード入力画面が出る場合は、それに従って入力しましょう。
IFTTTGoogle連携1-2

「許可」をクリックします。
IFTTTGoogleカレンダー連携2

IFTTTとGoogleカレンダーの連携が完了しました!

ここからはレシピの設定をしていきます。
Configure(設定)で以下の2点を設定します。

  • Which calendar?:Googleカレンダーを選択
  • room:チャットワークの宛先グループを選択

最後にSaveをクリックして設定完了です。
IFTTTGoogleカレンダー予定追加2

設定はたったのこれだけです。お手軽ですね!

Googleカレンダーに予定登録

Googleカレンダーに予定を登録してみます。

「自分で自分のカレンダーに登録した予定」の通知がきても面白みがないので、この記事では下記のシナリオで解説していきます。

  • 「Googleアカウント2」が「Googleアカウント1」のカレンダー編集権限を保有
  • 「Googleアカウント1」とチャットワークが連携している

IFTTTとGoogleカレンダー連携イメージ

「Googleアカウント2」で、「Googleアカウント1のカレンダー」に予定を登録します。
IFTTTGoogleカレンダー予定追加3

実行結果

「Googleアカウント2がGoogleアカウント1に登録した予定」「Googleアカウント1と連携しているチャットワーク」に通知されました。

数秒~数十秒ほどで届くので、ほぼリアルタイムでの確認が可能です。
(※実行したタイミングや、環境によって異なる可能性があります)

誰かにカレンダーの編集権限を付与していて、知らぬ間に予定を登録された場合でも、すぐにキャッチできるのが良いですね!

また、通知メッセージにGoogleカレンダーへのURLが付いているので、すぐにアクセスして確認できるのも便利です。IFTTTGoogleカレンダー予定追加4

Googleカレンダーの予定開始前にリマインドする

レシピ名:Google カレンダーの予定が開始される◯◯分前に、チャットワークにリマインドを通知

IFTTTのレシピ一覧で検索、もしくは、こちらのURLに直接アクセスしてください。

Google カレンダーの予定が開始される◯◯分前に、チャットワークにリマインドを通知
Google カレンダーに登録されている予定が開始される◯◯分前に、グループチャットにリマインドを通知します。

「Turn on」をクリックします。
IFTTTGoogleカレンダーリマインド1

設定方法

Configure(設定)で以下の3点を設定します。

  • Which calender?:Googleカレンダーを選択
  • Time before event starts:何分前に通知するか選択(0,15,30,45分から選択可)
  • room:チャットワークの宛先グループを選択

最後にSaveをクリックして設定完了です。
IFTTTGoogleカレンダーリマインド2

実行結果

Googleアカウント1のカレンダーに、下記の予定が登録されています。
IFTTTGoogleカレンダーリマインド3
レシピで30分前に通知の設定にしたので、「11時の30分前」=「10時30分」に、roomで指定した宛先のマイチャットに通知が届きました!
こちらもURL付きなので、すぐにカレンダーにアクセスできるのが便利です。

IFTTTGoogleカレンダーリマインド4

まとめ

今回の記事では、Googleカレンダー × チャットワーク連携のレシピを2つ紹介しました。

  • Googleカレンダーに新規の予定が登録されたら通知する
  • Googleカレンダーの予定開始前にリマインドする

GoogleカレンダーにもGmailなどへの通知機能がありますが、通知をOFFにしていたり、Gmailをリアルタイムで確認しない場合などでも、ビジネスチャットツール「チャットワーク」さえ起動しておけば、予定を忘れる心配もありませんね!

色々な通知を「チャットワーク」に集約しておけば、アプリを多数起動しておく必要もなく、集中力を遮られることもなく仕事がこなせますね。

プログラミング不要でサクッと利用可能なIFTTTを上手に使いこなしていきましょう!

次回も他のレシピを紹介していきます。どうぞお楽しみに!

連載目次:IFTTTでチャットワークを使おう

IFTTTのチャットワーク連携レシピを紹介しているシリーズです。

  1. 【IFTTTでチャットワーク連携】定期作業のリマインドメッセージを自動で通知する
  2. 【IFTTTでチャットワーク連携】Twitterで指定条件が含まれるツイートを自動通知する
  3. 【IFTTTでチャットワーク連携】Googleカレンダーの予定登録と開始前リマインドを通知する

コメント