【エクセルVBA】VBEのツールバーを自分好みにカスタマイズする方法


vbaeditor_toolber_eyecatch

皆様こんにちは、ノグチです。

前回の記事では、エクセルのユーザーメニューの設定によって、自分好みのリボンメニューを設定する方法をご紹介しました。

エクセルのユーザー設定で自分好みのリボンメニューを設定する方法
エクセルのオプションにある「リボンのユーザー設定」で、新しいメニュータブを追加して、好きなエクセルの機能を配置する方法をご紹介しています。この方法で、エクセルのリボンメニューに、自分好みのメニュータブを追加することができますよ。

実はこのメニューのユーザー設定、VBEにもあるんです

VBAのコーディングをしながら、「コメントアウトのショートカットキーはなんだっけ?」や、「プロジェクトエクスプローラーを閉じてしまった!もう一度開きたいけど、メニューのどこにあるんだっけ?」みたいなこと、ありますよね。

こんな時、VBEのツールバーに使いたいコマンドがあれば、すぐにクリックできて便利なのに…

ということで、今回はVBEで、自分好みのツールバーを設定する方法をご紹介します!

ツールバー・メニューバーとは?

このあと、メニューバーやらツールバーやら似たようなキーワードがよく出てきますので、最初に整理しておきましょう。

まずツールバーはVBE画面上部に表示されている、いろいろなアイコンが表示されているバーです。

ツールバーは、メニューバーの下の領域にはめ込まれていたり、独立したバーとして画面に表示されていることもありますね。

そして、同じくVBEの画面上部に表示されている、「ファイル」や「編集」等が表示されている領域。

一見、文字でメニューが表示されていることもあって、ツールバーとは別物と思いがちですが、実はこれはVBEにデフォルトで設定されているツールバーの一つです。

なので、正式には「メニューバーという名前のツールバー」と呼ぶのが正しいかもしれませんが、本稿では便宜上、メニューバーと呼びたいと思います。

vbe,メニューバー,ツールバー

さらに上の図で示したツールバーを見てみると、「実行」や「保存」など、色々なアイコンが並んでいますね。

このアイコンをクリックすると、それぞれの機能が使えることはご承知の通りで、このアイコン一つ一つがコマンドです。

今回は、ツールバーを新しく作って、そこにコマンドをセットしていく…ということになります。

ユーザー設定画面を開く

ツールバーの設定は、ユーザー設定画面で行います。

まず、ユーザー設定画面を開きましょう。

ユーザー設定画面を開くには、VBEのメニューバーのあたりでマウスの右クリックをすると開くメニューの一番下にある、「ユーザー設定」というメニューをクリックします。

exce,vba,エディター,右クリック

すると、「ユーザー設定」というウインドウが開きますので、「ツールバー」タブをクリックします。

すると、このような画面が開きます。

excel,vba,ユーザー設定

「ショートカット メニュー」、「デバッグ」など、リストになっていますね。

このリストにある一つ一つが、ツールバーです。

そして各ツールバー名の左側にあるチェックボックスにチェックが付いたものが、VBE画面上部に表示されるようになります。

ちなみに、「メニューバー」はデフォルトでチェックがついており、チェックを外すことができないようになっています。

新しいバーを作る

では、ユーザー設定画面を開いたところで、く新しいツールバーを作りましょう。

まず「ツールバー」タブ内の右側にある、「新規作成」ボタンをクリックします。

すると、ツールバーの名前を入力する細長い画面が表示されますので、任意の名前を付けましょう。

exce,vba,エディター,ユーザー設定,新しいバー

今回は、「新しいバー」という名前にしておきます。

名前を入力して「OK」ボタンを押すと、ツールバータブのリストに、「新しいバー」という名前が追加されていますね。

ちゃんと画面上に表示されるように、ツールバーのリストで、名前の左側にあるチェックをONにしておきましょう

これで新しいツールバーが追加できました!

新しいバーにコマンドを追加する

さて、新しいバーを追加して、名前の横のチェックをONにすると、メニューバー付近に小さなバーが追加されます。

表示されるバーが小さいのと、色合いによって見にくいのですがこんな感じです。

excel,vba,エディター,新しいバー,画面表示

これが、先ほど追加した新しいツールバーです。

ここに、コマンドを追加していきましょう。

コマンドの追加も、ユーザー設定の画面で行います。

ふたたびユーザー設定の画面を開いて、今度は「コマンド」タブを開きます。

左側に並んでいる分類ごとに、ツールバーに追加できるコマンドが並んでいますので、この中から新しいツールバーに追加したいコマンドを選んでいきましょう。

コマンドを新しいバーに追加するには、追加したいコマンドを、新しいツールバーにドラッグアンドドロップします。

exce,vba,エディター,新しいバー,コマンド追加

他に追加したいコマンドも同様に、新しいツールバーにドラッグアンドドロップでどんどん追加していきます。

私の場合は、コーディングの時によく使うコマンドを、ひとつのバーに集めてセットしています。

こんな感じで。

excel,vba,エディター,新しいツールバー作成

これで、新しいツールバーにコマンドが追加できました!

ツールバーからコマンドを削除する

ツールバーに追加したコマンドは、ツールバーから取り除くこともできます。

その方法は、コマンドを追加した時と逆。

ユーザー設定画面を開いた状態で、取り除きたいコマンドを、ツールバー以外の場所にドラッグアンドドロップすればOKです。

例えば、この一番右端にあるステップオーバーのコマンドを取り除きたい場合。

excel,vba,エディターコマンド削除

ステップオーバーのコマンドをドラッグアンドドロップすれば完了です。

コマンドをメニューバーに追加する

ユーザー設定画面のコマンドタブにあるコマンドは、VBEにデフォルトで設定されているツールバーである、メニューバーに追加することもできます。

方法はとても簡単。

新しいバーにコマンドを追加したように、追加したいコマンドをメニューバーにドラッグアンドドロップするだけ。

はい、この通り。

excel,vba,エディター,メニューバー

最後に

今回は、VBEにあるユーザー設定で、自分好みのメニューバーを設定する方法をご紹介しました。

VBEならショートカットキーが操作が早くで使いやすいですが、よく使う機能をメニューに出しておけば、「ショートカットキー、なんだったかな?」という時でもすぐに機能が使えますね。

上限数は不明ですが、コマンドはツールバーに対して結構な数を設定することができます。

しかし、あまり沢山のコマンドを追加してしまうと、今度はその中からコマンドを探すのが大変…ということにもなりかねません。

ツールバーは複数追加できるので、用途別に分けたツールバーを作って、コマンドを整理しておくのもいいかもしれませんね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

  投稿者プロフィール

ノグチフリーランスPG・SE
元製造子会社SE。
業務システム保守・導入両方やった経験をお伝えすることで、少しでもシステムや手作業に悩まされる人が減ればいいなぁと日々夢見ております。

コメント