GASのダイアログでアップロードしたファイルをBlobオブジェクトとしてサーバー側に渡す方法


binary

photo credit: Clint__Budd Redundant Mug via photopin (license)

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

Google Apps Scriptでダイアログを使ったcsvファイルアップローダーを作成する方法をお伝えするシリーズです。

前回の記事はこちら。

GASのダイアログのデータをフォーム要素を渡すことでまとめてサーバー側に渡す方法
Google Apps Scriptでダイアログを使ったcsvファイルアップローダーを作成する方法をお伝えするシリーズです。今回は、GASのダイアログのデータをフォーム要素を渡すことでまとめてサーバー側に渡す方法です。

ダイアログのフォーム要素とそのデータをサーバー側に渡して取り出すことができました。

ただ、取り出したのがテキストデータでしたので、今回は「ファイル」を取り出していきたいと思います。

ということで、GASのダイアログでアップロードしたファイルをサーバー側に渡す方法です。

では、行ってみましょう!

前回のおさらい

まずは前回までのおさらいです。

ダイアログを作成するHTMLファイル「dialog.html」はこちらです。

ここでのポイントは

  • type属性fileのinput要素と、type属性textのinput要素にname属性を付与したこと
  • button要素のonclick属性でサーバー側のlogTest関数を呼び出して、フォーム要素を渡すこと

ですね。

一方、サーバー側の「コード.gs」はコチラ。

showDialog関数を実行すると、以下のようなダイアログが表示されます。

GASで作成したダイアログ

例えば、テキスト「テスト用のテキスト」を入力して、「アップロード」をクリックした後に、ログを確認すると、以下のようにテキストを取り出すことができます。

GASのダイアログで渡したフォーム要素からテキストを取り出す

今回は、いよいよアップロードしたファイルをサーバー側に渡してみますよ。

サーバーに渡されたファイルの型を調べる

さて、ダイアログから渡されたフォーム要素から、type属性fileのinput要素が持つファイルデータを取り出すには、そのname属性を使って

とすれば良さそうな気がします。

ただ、myTextは文字列でしたが、myFileは…?

ちょっと調べてみましょう。

ファイルはどのような型でサーバー側に渡されるのでしょうか?

「コード.gs」のlogText関数を以下のように変更して検証してみましょう。

typeof演算子は与えた値の型を調べるものですね。

typeof

以下のように、ファイルを選択で「onigiri.csv」というcsvファイルを、テキストボックスに「テキスト」を入力して「アップロード」をクリックします。

GASのダイアログでファイルとテキストを渡す

ログを確認すると、以下のように表示されます。

GASのダイアログで渡したデータの型を調べる

テキストは「string」、ファイルは「object」ですね…

ファイルを取り扱うBlobオブジェクト

答えをバラしてしまうと、GASで「ファイルをやり取りする場合」は、Blobオブジェクトというオブジェクトで取り扱います。

Blobというのは「Binary Large OBject」の略です。

csvファイルはテキストファイルなので、バイナリファイルではないのですが、GASではどちらも一緒くたにBlobオブジェクトとして取り扱います。

ということで、「コード.gs」のlogTest関数を以下のように変更してみました。

BlobオブジェクトのgetNameメソッドは、その名の通り、Blobオブジェクトすなわちファイル名を取得するメソッドですね。

Blobオブジェクト.getName()

ダイアログからファイルを渡す動作確認

では、こちらに変更して、ダイアログからファイルを渡す動作確認をしてみましょう。

実行結果がコチラ。

GASのダイアログで渡したデータの型を調べる

バッチリですね!

まとめ

以上、GASのダイアログでアップロードしたファイルをサーバー側に渡す方法をお伝えしました。

今回は、GASでファイルを受け渡しするときに使用するBlobオブジェクトについて覚えていただければOKですね。

次回、csvファイルをスプレッドシートに展開していきますよ。

Google Apps ScriptでCSVファイルのデータをスプレッドシートに展開する方法
Google Apps Scriptでダイアログを使ったcsvファイルアップローダーを作成する方法をお伝えするシリーズです。今回は、GASでCSVファイルをスプレッドシートに展開する方法です。

どうぞお楽しみに!

連載目次:GASのダイアログでcsvファイルアップローダーを作ろう

Google Apps Scriptでダイアログを作成する方法はいくつかありますが、HTMLサービスとUiサービスを組み合わせると自由で多機能なダイアログが作れます。このシリーズではそんなダイアログの作り方を易しく紹介していきます。
  1. Google Apps Scriptでダイアログを作るいくつかの方法と基礎知識
  2. GASで最も簡単なHTMLサービスによるダイアログを作成する方法
  3. GASのダイアログで作成するファイルアップローダーの部品を配置する方法
  4. GASのダイアログでボタンをクリックしてアラート表示を動作させる方法
  5. GASのダイアログのボタンクリックでサーバー側の関数を呼び出すgoogle.scripot.run
  6. GASのダイアログのデータをフォーム要素を渡すことでまとめてサーバー側に渡す方法
  7. GASのダイアログでアップロードしたファイルをBlobオブジェクトとしてサーバー側に渡す方法
  8. Google Apps ScriptでCSVファイルのデータをスプレッドシートに展開する方法
  9. GASのダイアログをファイルをアップロードが成功したら閉じる方法
  10. GASのダイアログでファイルアップロードが失敗したらアラートを表示する方法

タイトルとURLをコピーしました