【はじめてのfreeeAPI】GAS×freeeAPIで経理業務を自動化する最初の一歩!


GAS・freeeAPI連携サムネイル

こんにちは!ITライターのもり(@moripro3)です!

会社の経営者・経理担当のみなさん、クラウド会計freeeをご存知ですか?

クラウド会計ソフトfreeeとは、個別のパソコンにソフトウェアをインストールしなくても、インターネットが使用できる環境ならどこでも使用可能な「クラウド型の会計ソフト」です。

  • 全国の金融機関やクレジットカードと提携されており、銀行明細等の同期が可能
  • G Suite,Salesforce,Slackなど数多くの連携サービスがある(freeeアプリストアで検索可能)
  • スマホアプリもあるため、外出先でもスマートフォンから使用可能
  • 帳簿付け以外にも、請求書の発行や経費精算、各種レポート閲覧などの機能が搭載されている

ユーザにとって多くの便利な機能が提供されているfreeeのなかでも、経理業務の効率化に大いに役立つのが「freee API」であり、GASでの操作が可能です!

連載「はじめてのfreee API」シリーズでは、GASの初心者を対象として、下記をゴールにします。

  • GAS × freee APIで何ができるのかを学ぶ
  • freee APIを操作して、freeeからデータを取得してみる

連載シリーズ初回のこの記事では、

  • freee APIとは何か?
  • GAS × freee APIで何ができるのか?

を、とことん易しく解説していきますよ。それではみていきましょう!

(この記事はfreee株式会社さまとのコラボ企画です。シリーズを通して、皆さんの働くの価値を上げられるよう皆さまをサポートしていきます!)

freee APIとは

freee APIとは、GASなどのプログラミング言語でfreeeを操作する仕組みです。

「外部のプログラム」から「freeeの機能」を操作する出入口のようなイメージです。

GASとfreeeAPIの連携イメージ

GASを使ってfreeeが用意している「出入口(API)」にアクセスすることで、freeeの画面を操作しなくても、直接データのやり取りが可能になります。

人間がマウスやキーボードを使って画面を操作するのではなく、プログラムによってfreeeを操作できる仕組み、と理解しておきましょう。

freee APIでできること

この項では「freee APIを使うと何ができるのか?」を紹介します。

GASでfreee APIを操作することの2大メリットがこちら!

  • freeeの画面での手作業を自動化できる
  • freeeのデータを外部アプリケーションと連携できる

それぞれ、詳しくみていきましょう。

画面での手作業を自動化できる

経理業務で会計ソフトを使用してるみなさん、ソフトへのデータ登録・ソフトからのデータ出力はどうやっていますか?

手作業で画面をポチポチ操作したり、または、多くの会計ソフトでは、CSVファイルのダウンロード・アップロード機能があります。

CSVファイルを使えば一括登録・出力できるけれど、わざわざCSVファイルを経由するのって面倒くさい・・・。スプレッドシートのデータをガサーっと直接登録できたら便利だと思いませんか?

GASでfreee APIを操作すると、CSVファイルを経由せず、スプレッドシートのデータをfreeeに直接登録したり・freeeのデータをスプレッドシートに直接書き出せるのです!

GASを使用してスプレッドシートとfreeeを連携する

引用:【freee API】GASを用いてGoogleスプレッドシートと連携する

ほんの一例ですが、たとえば、freeeの画面上で行うこのような作業が自動化できます。

  • 試算表の出力
  • 取引の登録・出力
  • 振替伝票の登録・出力
  • 請求書の作成・出力 など他多数

例えば、以下の例を詳しくみていきましょう。

  • 指定期間の未決済取引の一覧をスプレッドシートに出力する

まず、freeeの画面で期間を指定して検索した結果がこちらです。

freeeの取引一覧画面

通常、この検索結果をスプレッドシートに反映させるには、CSVダウンロードの機能を使いますが、GASでfreee APIを操作することで、直接スプレッドシートに書き出すことができるのです!

freeeAPIを使って取引明細を取得する

データの出力だけでなく、登録もできます。取引を一括登録したい場合、スプレッドシートに元データを作成しておけば、GASで直接、一括登録することも可能です。

外部アプリケーションと連携できる

freee ⇔ スプレッドシートでデータのやり取りをするだけでは終わりません!

freee APIを操作することで、freeeのデータを、外部アプリケーションと連携できます。

ChatworkなどでもAPIが公開されているので、それらと組み合わせることで、freeeと外部アプリケーションを連携させることが可能です。

このようなイメージです。

freeeと外部アプリケーションの連携イメージ

GAS × Chatwork APIについては、過去に当ブログで紹介しています。

Google Apps ScriptでチャットワークAPIを活用するための最初の一歩
チャットワークAPIを駆使すると、様々な操作を行うことができるようになります。今回はチャットワークAPIの概要とGoogle Apps Scriptでの簡単な使い方についてお伝えします。

さらに、GASはGmail・Googleフォーム・Googleカレンダーなども操作できるので、freeeのデータを他のGoogleサービスと連携することもできます。

たとえば、このような処理です。

  • 新規の取引が登録されたら、支払期日をGoogleカレンダーに登録する
  • 支払期日が1週間以内の取引を日次取得し、その内容をGmailに送信する

GASの時限式トリガーも組み合わせれば、「毎日指定の時刻にfreeeからデータを取得→加工→レポートをメール送信」といった、一連のルーチン作業を完全自動化することも可能になります。

【初心者向けGAS】時限式のイベントトリガーを設置して決まった時刻にBotを送信する方法
初心者向けGoogle Apps Scriptのシリーズとして、名言Botの作成の方法をお伝えしています。今回は、時限式のイベントトリガーを設置して決まった時刻にチャットワークにBot送信する方法です。

会計ソフトを使った経理業務の、ポチポチ手作業で悩まされている方にとって、「GAS × freee API」は夢にあふれた最強の組み合わせですね!

APIとは

さて、ここまでで「freee API」という単語をたくさん紹介してきましたが、「API(エーピーアイ)って何?」と感じている方もいるはず。

APIの概念はノンプログラマーにとっては難しいので、きっちり理解できなくても問題ありません。ご安心ください!

興味のある方は、少しだけでも頭に入れておくことで、今後freee APIを使いこなすうえで視野が広がりますよ。

APIとは、「Application Programming Interface」の略であり、「インターフェース」の一種です。

「何か」と「何か」をつなぐための「出入口」のようなイメージで、この出入口を通じて、データのやり取りを行います。

API(インターフェース)のイメージ

このAPIはすべてのWebサービスに存在するものではなく、また、一般ユーザに非公開の場合もありますが、freeeは会計ソフトの中で唯一、APIを無料で一般公開しています。

ユーザの業務効率化を徹底サポートしてくれるfreeeならではですね!

まとめ

連載「はじめてのfreee API」の第1回目として、freee APIとは何か?GASでfreee APIを操作すると何ができるのか?を紹介しました。

  • GAS × freee APIは、経理業務を効率化する最強の組み合わせ!APIを無料で一般公開してる会計ソフトはfreeeのみ
  • GASでfreee APIを操作することで、CSVファイルを経由しなくても、直接スプレッドシートのデータをやりとりできる
  • freeeのデータを、他のGoogleサービスや外部アプリケーションとも連携できる

CSVファイルをダウンロードし、スプレッドシートに貼り付け、手作業であれこれ加工・・・という面倒なルーチン作業をしている方は、ぜひこのシリーズで「GAS × freee API」を学んで自動化にチャレンジしてみましょう!

次回は、freee APIを使用するための設定方法を紹介していきます!

【はじめてのfreeeAPI】GASとfreeeつなぐ!連携認証の手順を一から紹介します
GoogleAppsScriptでクラウド会計ソフトfreeeのAPIを操作するシリーズ。GASでfreeeを操作するために必要な「freeeマイアプリの作成」と「連携」の手順を、画面キャプチャ盛りだくさんで丁寧に紹介しています。

連載目次:【GAS初心者向け】はじめてのfreeeAPI

GoogleAppsScriptを使用して「クラウド会計ソフトfreee」のAPIを操作する初心者向けシリーズ。GAS × freee APIで何ができるのか?連携方法は?を紹介しています。実際にfreee APIを操作してデータの取得・更新をしてみましょう。

  1. 【はじめてのfreeeAPI】GAS×freeeAPIで経理業務を自動化する最初の一歩!
  2. 【はじめてのfreeeAPI】GASとfreeeつなぐ!連携認証の手順を一から紹介します
  3. 【はじめてのfreeeAPI】GASでリクエストを送りfreeeの事業所一覧を取得する
  4. 【はじめてのfreeeAPI】GASでリクエストを送りfreeeの事業所情報を更新する

タイトルとURLをコピーしました