GASでGoogleカレンダーが更新された時にイベントを特定してチャットワークへ送信


複数カレンダー

みなさん、こんにちは!うえはら(@tifoso_str)です。

今回のシリーズでは、Google Apps ScriptでGoogleカレンダーで予定が更新されたときに、チャットワークへ通知することをお伝えしています。

前回はその中で、Google Apps Scriptでトリガーが実行された時から1ヶ月以内のイベントを取り出し、各イベントの日時、イベント名、更新日時を配列に入れる部分を解説しました。

GASでGoogleカレンダーが更新されると1ヶ月以内のイベントを取り出す
Googleカレンダーで1ヶ月以内のイベントが更新されたときにチャットワークへ通知することを目標としています。今回は1ヶ月以内のイベントを取得して、日付、タイトル、更新日時を配列に追加するところまで解説します。

今回は、更新日時の配列から最大値を取り出し、その値で更新されたイベントか特定してチャットワークへ送信する部分を解説します。

更新日時の配列の中で最大値を取得する

複数の数値から最大値を取得するにはMathオブジェクトmaxメソッドを使用しますが、数値の集合を全て引数で与える必要があり、通常では配列を指定できません。

そのため、applyメソッドを使用して、配列を引数化してmaxメソッドが使用できるようにします。

書式は下のようになります。

Math.max.apply(null,配列)

詳しく説明すると長くなりテーマから離れるので、今回は配列から最大値を取得するときはこうやるものとして、覚えてください!

最小値の場合は下記のようになります。

Math.min.apply(null,配列)

前回のスクリプトで変数 「arrUpDate」に更新日時を配列として入れているので、最大値を取得するのは下記となります。

これで、更新日時の配列の中から最大値(現在に一番近い値)が取り出せました。

配列の中の最大値のインデックスを取得する

配列のインデックスを取得するにはindexOfメソッドを使用します。

書式は下のようになります。

Arrayオブジェクト.indexOf(値)

indexOfメソッドについては、下記記事をご覧下さい。

Google Apps Scriptで配列の検索をするindexOfメソッドとlastIndexOfメソッド
Google Apps Scriptでスプレッドシートのデータを配列に格納して操作をする方法をお伝えしています。今回は配列を検索するindexOfメソッド、lastIndexOfメソッドの使い方です。

前回分と最大値を取得する部分を含めるとスクリプトは下記のようになります。

カレンダーを更新して、ログを確認すると、下記のようになると思います。

更新した予定のログ

イベント名、日付の配列にも同じ順番で追加されているので、更新日時のインデックス番号がわかればそれぞれのイベント名と日付も取得できます。

日付のフォーマット変更

先ほどのログで、イベントの日付が確認できますが、このままでは見にくいので、フォーマットを変更したいと思います。

下記、関数を追加して日付を「○月○日」の形に変更できるようにします。

Utilities.formatDateについては、下記をご覧下さい。

GASでチャットワークにGoogleアナリティクスの前日レポートを自動送信
以前、Googleアナリティクスの日次レポートを自動記録する方法をお伝えしましたが、今回はさらに発展をさせてそれをGoogle Apps Scriptを使ってチャットワークに毎朝自動で通知します。

先ほどのスクリプトで、日付の部分を下のように変更します。

そうすると、下記のようになります。

日付フォーマット変更

更新時間と関数実行時間の比較

いよいよ最後です。

配列から取得した更新時間の最大値と関数実行時間を比較します。

更新時間はミリ秒で配列に追加しているので「1000*10」をプラスした値と比較します。

比較自体はif文を使うだけです。条件に合えば、チャットワークへ送信する関数に、送信する文章を渡してあげます。

これまでのシリーズを併せると、下記のようになります。

チャットワークへの送信は、「ChatWorkClient for Google Apps Script」ライブラリを使用しています。

Google Apps Scriptの第一歩、初心者でもチャットワークにメッセージを送れる
Google Apps Scriptの第一歩ですが、しょっぱなから真っ先にチャットワークを操作してしまいます。初回はGASのプロジェクトの作成、ライブラリの追加、スクリプトの記述と実行までです。

まとめ

Google Apps ScriptでGoogleカレンダーが更新された時にイベントを特定してチャットワークへ送信する方法をお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

更新されたイベントを特定する部分で、私もずいぶん悩みました。

イベントオブジェクトでもう少し情報が得られれば、簡単になるんですけどね~。

Google Apps Scriptは常に進化しているので、仕様が変更されることを期待したいと思います!

おまけ

Google拡張サービスを利用すると、イベントが削除されたことも判別できます。

Google Calendar eventsAdvanced Calendar Serviceが参考になります。

これだけで物足りない方は、ぜひ挑戦してみてください!

連載目次:GASでカレンダーイベントをトリガーにする方法

GASのイベントトリガーとして新たに加わった「カレンダーの更新」を使用すれば、カレンダーの操作をきっかけにスクリプトを動作させることができます。このシリーズでは、カレンダーの更新トリガーの基本の使い方から、一歩進んだテクニックをお伝えしていきます。
  1. Googleカレンダーで予定が更新された時にチャットワークに通知する
  2. 複数のGoogleカレンダー更新に対応するトリガー設定とスクリプト
  3. GASでGoogleカレンダーが更新されると1ヶ月以内のイベントを取り出す
  4. GASでGoogleカレンダーが更新された時にイベントを特定してチャットワークへ送信

The following two tabs change content below.
独学でプログラムを勉強しているノンプログラマーです。 名前から連想されるように沖縄在住ですが、うちなんちゅ~ではありません。 パソコンにできることはパソコンにさせよう!をモットーに日々の業務に取り組んでいます。

コメント