スプレッドシートのマクロ機能で関数のインポートをする方法とマクロの削除の方法


import

photo credit: Thomas Hawk Made in China via photopin (license)

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

Googleスプレッドシートに搭載されたマクロ記録機能について、初心者向けにその使い方などをお伝えしています。

前回の記事はコチラ。

スプレッドシートのマクロ記録で書き出されたコードをリファクタリング
Googleスプレッドシートに搭載されたマクロ記録の機能についてその使い方を初心者向けに解説をしています。今回はカーソル移動のマクロについて、マクロ記録のコードを修正してイケてるコードに修正していきます。

マクロ記録で書き出されたコードをリファクタリングして、別のスクリプトを作成してみました。

さて、今回ですが、その作成したスクリプトをマクロとして登録する方法と、マクロを削除する方法についてお伝えしていきます。

では、行ってみましょう!

前回のおさらい

このシリーズで作成しているのは、スプレッドシートのシート1のA1セルにカーソルを移動するというマクロです。

前回、マクロ記録のコードを手直しして、以下のようなfunction moveCursorを作成しました。

以下の図のように、もともとマクロ記録で書き出されたコードもmyFunctionとして残っている状態です。

スプレッドシートのマクロ記録で作成したスクリプト

今回は、moveCursorを新たにマクロとしてインポートする方法、myFunctionをマクロから削除する方法を見ていきます。

作成したスクリプトをマクロとしてインポートする

では、まず新たに作成したスクリプトmoveCursorをマクロとしてインポートしてみましょう。

スプレッドシートのメニューから「ツール」→「マクロ」→「インポート」としてたどります。

インポートできるfunctionがある場合に「インポート」メニューが選択可能になるのです。

スプレッドシートのマクロからインポートを選択

「インポート」ダイアログが開き、moveCursorが表示されていますね。

「関数を追加」をクリックします。

スクリプトエディタで作成した関数をマクロとして追加

マクロの管理から名称とショートカットキーを設定する

続いて、改めてスプレッドシートのメニューから「ツール」→「マクロ」→「マクロを管理」とたどっていきましょう。

スプレッドシートのメニューからマクロを管理を選択

すると、以下のように「マクロの管理」ダイアログでmoveCursorを管理できるようになっていますので、マクロの名称を変更したり、ショートカットキーを設定したりしましょう。

スクリプトエディタで作成したスクリプトをマクロとして管理

このようにして、スクリプトで作成したfunctionもマクロとして追加することができます。

つまり、スプレッドシートの「ツール」→「マクロ」のメニューから、またはショートカットキーで実行ができるようになるというわけです。

マクロを削除する

では、続いてマクロを削除する方法をお伝えしておきましょう。

メニューの「ツール」→「マクロ」→「マクロの管理」をたどり、「マクロの管理」ダイアログを開きます。

そこで、削除したいマクロについてメニューアイコン(縦に点3つ)をクリックしてメニューを開き、「削除」を選択します。

スプレッドシートのマクロの管理からマクロを削除

これで削除されたように見えますが、次に「更新」をしないと反映されません。

スプレッドシートのマクロを管理で更新をする

これでマクロの削除ができました。

マクロを削除してもスクリプトエディタには残っている

それで、スクリプトエディタからもmyFunctionが消えてなくなっているかというと…

スプレッドシートのマクロ記録で作成したスクリプト

このようにバッチリ残っています。

つまり、マクロを削除するというのは、マクロメニューから削除するだけで、スクリプトエディタから削除されるわけではないんですね。

まとめ

以上、スプレッドシートのマクロ機能の関数のインポートとマクロの削除の方法をお伝えしました。

スクリプトエディタでちまちま作成した関数もマクロに記録して、メニューから実行したり、ショートカットキーで実行したりが簡単にできるというわけですね。

これは便利ですので覚えておきましょう。

次回はマクロ記録の際のセル参照について検証したいと思います。

スプレッドシートのマクロ記録時の絶対参照と相対参照の違いとは
Googleスプレッドシートに搭載されたマクロ記録の機能について初心者向けに解説をしています。今回はスプレッドシートでのマクロ記録時の絶対参照と相対参照の違いについて書き出されたコードを見ていきます。

どうぞお楽しみに!

連載目次:【初心者向け】スプレッドシートのマクロ記録の活用法

Googleスプレッドシートに満を持して搭載された「マクロ記録」。このシリーズでは、マクロ機能の概要と、その使い方、また書き出されたコードの編集や活用の仕方などを初心者向けにお送りしていきます。
  1. スプレッドシートのマクロ記録で簡単便利なカーソル移動のマクロを作ってみよう
  2. スプレッドシートのマクロ記録で書き出されたコードを確認する方法
  3. スプレッドシートのマクロ記録で書き出されたコードをリファクタリング
  4. スプレッドシートのマクロ機能で関数のインポートをする方法とマクロの削除の方法
  5. スプレッドシートのマクロ記録時の絶対参照と相対参照の違いとは

  投稿者プロフィール

タカハシノリアキ株式会社プランノーツ 代表取締役
株式会社プランノーツ代表、コミュニティ「ノンプロ研」主宰。1976年こどもの日生まれ。東京板橋区在住。「ITで日本の『働く』の価値を上げる!」をテーマに、VBA&GASの開発、講師、執筆などをしております。→詳しいプロフィールはコチラ
★ご依頼・ご相談はお気軽にどうぞ!→お問い合わせはコチラ
★フォロー頂ければ嬉しいです。

コメント