【エクセルVBAでIE操作】alt属性・src属性を利用して画像ボタンをクリックする


画像ボタンaltsrcアイキャッチ画像

こんにちは!もり(@excelprog)です!

エクセルVBAでIEを操作するシリーズをお届けしています。
前回の記事では、name属性を利用して画像ボタンをクリックする方法をお伝えしました。

【エクセルVBAでIE操作】name属性を利用して画像タイプの送信ボタンをクリックする
エクセルVBAでInternet Explorerを操作する初心者向けのシリーズ。今回は「画像タイプの送信ボタン」をname属性を使用してクリックする方法についてお伝えします。

今回の記事では、inputタグのalt属性またはsrc属性を利用して画像ボタンをクリックする方法を紹介していきます。

(おさらい)name属性を利用して画像ボタンをクリックする方法

「画像ボタン」の題材は、前回に続きSMBC日興証券オンライントレードのログインページです。

このログインボタンは画像ファイルで作成されています。

日興証券ログインボタン画像

ログインボタンのHTMLがこちら。

そして、name属性を利用したクリック処理のコードがこちらです。
getElementsByNameメソッドでオブジェクト(ボタン)を取得しています。

name=”logIn”の要素タグをコレクションに格納し、目的のオブジェクト(ボタン)を取り出して、Clickメソッドでクリックするという流れです。

inputタグのコレクションを取得する

それではここからが本題です!
まずは、alt属性を利用する方法・src属性を利用する方法の「共通処理」から紹介します。

getElementsByTagNameメソッドで、HTML全体からinputタグを取得します。

HTMLDocumentオブジェクト.getElementsByTagName(タグ名)

IHTMLElementCollection型のコレクション変数を用意し、getElementsByTagNameメソッドの返り値を格納します。

今回はinputタグを取得するので、getElementsByTagNameメソッドの引数に“input”と文字列型で指定します。

【イメージ】
click1

For Each~Next文でinputタグを順番に取得する

コレクション変数(inputTags)に格納されているinputタグを、順番にオブジェクト変数にセットしていきます。

オブジェクト変数にはIHTMLElement型の変数を用意します。

For Each オブジェクト変数 In コレクション
 ‘処理
Next オブジェクト変数

コードがこちらです。

【イメージ】
click2

これで、inputタグを一つずつチェックしていくための準備ができました。

この先、alt属性を利用するか、src属性を利用するかで処理が分かれます。
それぞれの方法を紹介していきますね。

alt属性の値を利用してクリックする方法

alt属性とは、画像の代替となるテキストを指定する属性です。
何らかの理由で画像ファイルが表示されない場合に、代わりに表示される文言です。

HTMLでinputタグのalt属性の値を確認します。

Ifステートメントでinputタグのalt属性の値をチェックします。
もし、目的のボタン(alt=”ログイン”)であれば、Clickメソッドを実行します。

【イメージ】
click3

目的のボタンをクリックできたら、それ以上For文を繰り返す必要はないので、Exit Forステートメントでループを抜けます。

src属性の値を利用してクリックする方法

src属性とは、表示する画像ファイルを指定する属性です。
画像ボタンには、必ずsrc属性で画像ファイルが設定されています。

画像ボタンをクリックしたいけれど、name属性もalt属性も設定されてない・・・そんな時にこの方法を使いましょう。(少し処理が長くなるので、最終手段としてご利用ください!)

HTMLでinputタグのsrc属性の値を確認します。

画像ファイル(.gif)のパスが指定されていますね。

ここで注意するのがパスの指定です。
この画像ファイルのパスは相対パスであるため、alt属性のように完全一致検索では取得できません。

そこで、Instr関数を使用して部分一致検索します。

Instr(検索対象の全体の文字列,検索文字列)
  • 引数1:inputタグのsrc属性
  • 引数2:画像ファイルの相対パス

返り値はこちらです。

  • 検索文字列が見つかった場合→1以上の数値
  • 検索文字列が見つからなかった場合→0

Instr関数の返り値を利用して、目的のオブジェクトを取得できたか判定し、クリックします。

こちらも同じく、目的のボタンをクリックしたらExit Forステートメントでループを抜けます。

まとめ

エクセルVBAでIEを操作するシリーズ、2回にわたって画像ボタンのクリック方法をお届けしました。

  • name属性の値を利用してクリックする方法
  • alt属性の値を利用してクリックする方法
  • src属性の値を利用してクリックする方法

ボタンをクリックする処理をマスターすると、ページ遷移などができてIE操作の幅が広がりますよ!

Webサイトによってボタンの作りは様々なので、色々なパターンに対応できるよう、知識の引き出しを広げていきましょう。

お読みいただきありがとうございました。

連載目次:エクセルVBAでIEを操作してWEBスクレイピング

IEを操作してWEBページのデータを取得して、エクセルのデータとして取り込む、つまりWEBスクレイピングをエクセルVBAで実現します。各種WEBページを課題として様々なデータの取得の仕方を解説していきたいと思います。

  1. 【エクセルVBAでIE操作】10分で終わるセッティングとWEBページの閲覧確認
  2. 【エクセルVBAでIE操作】HTMLタグと要素そしてドキュメントの取得
  3. 【エクセルVBAでIE操作】ブラウザの読み込み待ちをしないとダメなのです
  4. 【エクセルVBAでIE操作】ページ内のリンク先URLを全部取得する
  5. 【エクセルVBAでIE操作】ディスクリプションなどの要素をname属性でGetする
  6. 【エクセルVBAでIE操作】hタグなどの要素をタグ名でGetする
  7. 【エクセルVBAでIE操作】WEBページのテーブル要素を自動で取得する方法
  8. 【エクセルVBAでIE操作】IEで検索窓にキーワードを入力して送信する方法
  9. 【エクセルVBAでIE操作】ページをクロールしてブログの記事一覧を取得する方法
  10. 【エクセルVBAでIE操作】ブログの記事一覧ページから公開日とカテゴリを取得する
  11. 【エクセルVBAでIE操作】ページャーを最後のページまでどんどんリンクする
  12. 【エクセルVBAでIE操作】ユーザー名とパスワードを入力してログインをする
  13. 【エクセルVBAでIE操作】name属性を利用して画像ボタンをクリックする
  14. 【エクセルVBAでIE操作】alt属性・src属性を利用して画像ボタンをクリックする

コメント