vbacでエクセルVBAのソースコードをGitバージョン管理する方法

★気に入ったらシェアをお願いします!


export

みなさん、こんにちは!
そろそろチームプレイも試したいタカハシ(@ntakahashi0505)です。

以前これらの記事で非エンジニアのための初心者向けGitバージョン管理や、Gitバージョン管理に便利なSource Treeの使い方についてお伝えしてきました。

非エンジニアのためのバージョン管理Git~メリットと導入前の準備
バージョン管理システムGitについてお一人様かつ非エンジニアの皆さんがいざやってみようというときに読んで頂きたい記事です。Gitでできることと魅力、導入前に参考になるサイトなど紹介していきます。
非エンジニアでもSourceTreeを使えば超簡単にGitでのバージョン管理ができる
非エンジニアで初心者でも簡単にGitでのバージョン管理ができるGitクライアントツールSourceTreeの使い方とリポジトリ、コミットなどのGitのバージョン管理の基本についてお伝えしています。

ただね、エクセルVBA

xlsmファイルはテキストファイルではありませんので、せっかくバージョン管理をしていてもGitのdiffコマンドで差分をとることができません。

例えば、大き目のプログラムになっちゃったときや、複数人で分散して開発するときなどは、更新内容をxlsmファイルを開いて確認しなくてはいけないのでとても不便です。

今回は、その悩みを解決すべく、vbacというツールを使ってエクセルVBAのソースコードをテキストでインポート・エクスポートする方法についてお伝えします。

これでエクセルVBAもいい感じでGitバージョン管理できるというもの…では、いってみましょう!

vbacとは?

まず、VBEの機能として「ファイル」→「エクスポート/インポート」で、VBAプログラムをテキストファイルに吐き出すことは可能です。

VBEのインポート・エクスポート

なのですが、モジュールごとに選択して実行をしなくてはいけないので、面倒です。

それで別の方法として、vbacというツールを使う方法があります。

vbacはVBAプログラムをコマンドラインの操作でテキストファイル形式でインポート・エクスポートできるツールです。

実はエクセルVBA以外にも、WordVBA、AccessVBAにも対応している超優れものです。

詳しくは作者のいげ太さんのページをご覧いただければと思います。

まずはこいつから。ライブラリ本体には興味ないけどこいつは要る、という話もあるとかないとか。 Ariawase is free library for VBA cowboys. vbac は、フリーの VBA ライブラリ Ariawase に同梱されるツールで、各種のマクロ有効 O...

vbacの使い方

では、早速vbacのダウンロードや使い方を説明していきますね。

マクロのセキュリティ設定

とその前に、最初にマクロのセキュリティ設定をしておく必要があるので、先にやってしまいましょう。

エクセルのリボンから「開発」→「マクロのセキュリティ」を選択します。

マクロのセキュリティ

「セキュリティセンター」というウィンドウが開きますので、「マクロの設定」で「VBAプロジェクトオブジェクトモデルへのアクセスを信頼する」にチェックを入れて「OK」としてください。

VBAプロジェクトオブジェクトモデルへのアクセスを信頼する

何だか舌を噛みそうですが、ひとまずこれでエクセル側の設定はできました。

vbacをダウンロード

次にvbacをダウンロードします。

以下、GitHubページにアクセスをします。

Ariawaseという素敵なネーミングになりますが、ダウンロードします。

Ariawase(vbac.wsf)のダウンロード

ダウンロードしたzipファイルを解凍します。その中のvbac.wsfというファイルが目的のブツになります。

AriawaseZipを解凍してvbac.wsfを取り出す

vbacを使用するためのフォルダ構成

次にvbacを使えるようにフォルダを構成していきます。

作業フォルダの配下にbinというフォルダを作成し、その同階層にvbac.wsfを配置します。

今回は「vba-ie」というフォルダを作業フォルダとしました。

vbac.wsfファイルの置き場所

binフォルダの中に操作をしたいxlsmファイルを置きます。今回は、vba-ie.xlsmというファイルです。

binフォルダ内にxlsmファイルを保存

フォルダ構成はこのようになります。

  • vba-ieフォルダ
    • binフォルダ
      • vba-ie.xlsm
    • vbac.wsf

これでvbacコマンドを使う準備は全て完了です。

vbacコマンドを実行する

ではコマンドプロンプトを開いてvbacを実行して、xlsmファイルからソースコードをエクスポートしてみましょう。

vbacはWindows Script Fileという形式のスクリプトで書かれていまして、コマンドプロンプトのcscriptコマンドで実行することができます。

cdコマンドで作業フォルダに移動をしてから、以下コマンドでvbacを実行します。

vbac.wsfでdecombineを実行

あっという間に実行完了!

エクスポートされたテキストファイルを確認する

作業フォルダvba-ieの中身を覗いてみますと、srcというフォルダが自動で生成されています。

vbacでsrcフォルダが生成

その中に「vba-ie.xlsm」というフォルダ、さらにその中に「Module1.bas」というファイルが生成されています。

vbacで生成されたsrcフォルダの中身

このModule1.basがエクスポートしたテキストファイルになります。

テキストエディタで開いてみると

basファイルをテキストエディタで開く

このようにバッチリ閲覧と編集が可能です。

vbacを使用してエクセルVBAをGitバージョン管理する

では、エクセルVBAについてvbacを活用しつつのGitバージョン管理をしてみましょう。

Gitバージョン管理のツールとしてお馴染みのSource Treeを使います。

vbacで構成した作業フォルダをリポジトリとしてコミット

では、まずSource Treeでvba-ieを作業フォルダとして設定してリポジトリ作成します。

SourceTreeでリポジトリを作成

Module1.basがエクスポートされている状態ですから

  • binフォルダ内のvba-ie.xlsm
  • srcフォルダ内のModule1.bas
  • vbac.wsf

がステージされますので、コミットします。

うーん、コミットするとスッキリしますよね~。

GitでエクセルVBAのソースコードの差分を見る

次にエクセルVBAにプログラムの変更を行いまして、再度vbacコマンド

でエクスポートをしました。

この時点でのModule1.basは以下のようになっていて、赤枠の部分が新たに追加したソースです。

SourceTreeでコミット

Souce Treeでこの追加についてのコミットを行います。

VBAにプログラムを追加

当然ですが、ちゃんと直前のバージョンとのdiff(差分)がとれていますね。

SouceTreeで再度コミット

これでバッチリGitバージョン管理ができます。

vbacによるソースコードのインポート

エクスポートについて説明してきましたが、vbacによるソースコードのインポートについて簡単に触れておきます。

フォルダ構成については、エクスポートと同じ状態にして

というコマンドでsrcフォルダ内のソースをバッチリインポートすることができます。

複数人で作業分担をしているときなどは、combineも活用をしながら作業を進めればOKです。

まとめ

vbacによるエクセルVBAのソースコードのエクスポートとインポートについてお伝えしました。

これで、エクセルVBAの開発もソースコードの差分を見たり、競合箇所を発見したり、複数人で分担して作業をしたりがとっても楽になりますね。

ぜひご活用下さい!

連載目次:非エンジニアの初心者向けSourceTreeによるGitバージョン管理

  1. 非エンジニアのためのバージョン管理Git~メリットと導入前の準備
  2. 非エンジニアでもSourceTreeを使えば超簡単にGitでのバージョン管理ができる
  3. SourceTreeでGit管理しているファイルのバージョンをリセットする方法
  4. SourceTreeでバージョン履歴を分岐したりマージしたりする方法
  5. コンフリクトって!?Gitバージョン管理でマージしたときに発生した衝突を解決する
  6. 非エンジニアのためのGitバージョン管理~BitbucketとかGitHubって何?
  7. 非エンジニアのためのGitバージョン管理~Bitbucketの登録とはじめてのプッシュ
番外編:

コメント

  1. […] vbacでエクセルVBAのソースコードをGitバージョン管理する方法 […]