【超入門】10分でできるWindowsでのはじめてのバッチファイル作成

★気に入ったらシェアをお願いします!


みなさん、こんにちは!
タダケン(@tadaken3)です。

今回もバッチファイルのテクニックをお伝えしていきたいと思います。

【超入門】Windowsを10倍効率良く使うバッチファイル作成術
Windowsを効率良く使うためのバッチファイル作成術をご紹介します。バッチファイルの作成を学べば、今よりももっといろいろなことが自動化・効率化できるようになります。

前回はバッチファイルとは何かバッチファイルを学ぶメリットをお伝えしました。
今回からは基本的なコマンドの使い方をお伝えしていきます。
プログラミング初心者にもわかるように丁寧に解説していきますね。

今回は

  1. メッセージを表示させるためのechoコマンド
  2. 画面を一時停止するpauseコマンド
  3. コメントの書くためのremコマンド

をご紹介します。

バッチファイルの作り方

前回の最後にテキストファイルを開いて、以下のコマンドを保存したかと思います。
保存していない方は、以下のコマンドをコピーして、「hello_world.bat」と保存してください。

バッチファイルは以下のように保存することがポイントです。

ファイル名.bat

.batという拡張子で保存すると、バッチファイルとして認識されます。

echoコマンドで画面にメッセージを表示をする

では、前回のコマンドの具体的な解説をしていきます。
まずはechoコマンドです。

書き方は

echo 表示したいメッセージ

です。

先程のファイルの

の部分を

に変更して、バッチファイルをダブルクリックしてみてください。表示されるメッセージが変更されたかと思います。今回は英語表示にしましたが、もちろん日本語を表示させることもできます。

また、一行目に@echo offと記載がありますが、これはバッチファイルを作成する際に、コマンドの入力画面を表示させないために、echo機能をオフにしているという意味です。

この一文を削除した場合は、以下のようにコマンド入力も含めて、画面が出力されます。

pauseコメンドで画面を一時停止する

pauseコマンドは画面を一時停止したいときに使います。何かのキーを押さない限り、コマンドが一時停止されます。

書き方は

pause

です。

なぜ、pauseをしているかというとバッチファイルの処理が終了すると皆さんが見ている黒い画面、コマンドプロンプトが自動的に閉じられてしまうからです。試しにpauseコメンドを消して、バッチファイルを実行してみてください。目にもとまらぬスピードでコマンドプロンプトが閉じるかと思います。

コメントの書くためのremコマンド

書き方は

remコメント

もしくは

::コメント

です。

remコマンドを使うと、remコマンド後から行末までに書かれた内容は実行されません。その為、コメントとして残しておきたい内容をremコマンドを使って記述します。::は実際はラベルという機能なのですが、コメントとして使うテクニックもあります。ラベルの機能については、今度ご紹介します。

まとめ

今回は、

  1. メッセージを表示させるためのechoコマンド
  2. 画面を一時停止するpauseコマンド
  3. コメントの書くためのremコマンド

についてをお伝えしました。これでバッチファイルの最初の一歩は踏め出せたかと思います。
次回も、バッチファイル作成のテクニックを、お伝えしてきますね。

どうぞ、お楽しみに!

連載目次:【超入門】はじめてのWindowsバッチファイル

バッチファイルを使えばWindowsの「フォルダを作る」「ファイルを別の場所にコピーする」または「アプリを実行する」といった作業の効率化・自動化ができるようになります。全くの初心者でもわかるように、Windowsバッチファイルを作成法をお伝えしていきます。
  1. 【超入門】Windowsを10倍効率良く使うバッチファイル作成術
  2. 【超入門】10分でできるWindowsでのはじめてのバッチファイル作成

The following two tabs change content below.
とある会社のデータアナリストです。趣味は自転車、登山です。 京都出身で、最近東京に出てきました。 時間があると、自転車で都内を駆け巡っています。 好きな言語はPython/R/SQLです。Go-langも勉強してます。