【保存版】ウィンドウ操作とChromeの素敵なショートカットキー一覧

★気に入ったらシェアをお願いします!


みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

本日はWindowsでのウィンドウ操作とGoogle Chromeでよく使うオススメショートカットのまとめです。

両方とも普段からかなり使う機会が多いと思いますので、マスターいただければお仕事の効率がガンガンアップします。

ウィンドウやタブの操作など横展開で覚えやすいと思いますので、これを機に覚えていただければ嬉しいです。

以下の記事も参考にしてみてください。

F2キーは文字編集…ショートカットキーは横展開で覚えると効率的!
Excelのセル編集やWindowsでファイル名編集などのときにとても便利なファンクションキーF2の解説をしつつ、ショートカットの効率的な覚え方である、アプリケーションを横断するという考え方について解説します。

Windowsでのウィンドウ操作

Windowsの操作で覚えるととても効率が上がるのがウィンドウ操作のショートカットです。

開いているウィンドウが多いときにマウスでウィンドウを移動したり、サイズを変更したり、×ボタンをクリックでウィンドウを閉じたりの操作はかなり効率が悪いので、こちらのショートカットをバシっと覚えてクールにウィンドウ操作をしましょう。

Ctrl + Wウィンドウを閉じる

Alt + F4アプリケーションを閉じる

この二つは最初はどちらを使えばいいか混乱すると思いますが、その場合は先にCtrl+Wをやってみて、閉じなかったらAlt+F4を使うようにすればOKです。そのうち使い分けができるようになります。

Alt + Tabウィンドウ・アプリケーションの切り替え

Windows + Dデスクトップを表示

この2つは絶対に覚えたほうがいいです。

切り替えは大きなディスプレイやデュアルディスプレイを使用しているときに効果絶大です。Shiftキーを加えると切り替える順番が逆順になります。

Windows+Dは全てのウィンドウ・アプリケーションが非表示になりますので上司が近づいてきたら…などといったときにも使えますが、やましいことはしないように。

これらを覚えても開いているウィンドウやアプリケーションの数が多すぎると作業の効率は下がりますし、PCも負荷がかかりますので、Ctrl+WとAlt+F4でこまめにいらないウィンドウは閉じるようにしましょう。

Google ChromeでのWEB閲覧時

WEB閲覧のときはマウスを使うことが多いと思いますが、実はキーボード操作のほうが効率良いときが多くあります。

Spaceページ送り

実は知らない方も多いのではないでしょうか。Chromeに限らず使える場合が多いです。

Shiftキーをプラスするとページが戻ります。もちろんPageUp/PageDownを使ってもOKです。

Ctrl + N新規ウィンドウを開く

Ctrl + T新規タブを開く

Ctrl + Lアドレスバーに移動

例えばExcelで一覧になっているURLで開くもしくはキーワードで検索をするなど、他のアプリケーションと組み合わせて使うときなどにとても便利です。

Ctrl + W現在のタブを閉じる

Windowsでのウィンドウ操作と同じですので、セットで覚えてしまいましょう。最後のタブを閉じるとChromeウィンドウ自体が閉じてくれます。

Ctrl + Tabタブを移動

Ctrl + 1最も左のタブに移動

Ctrl + 9最も右のタブに移動

タブが多いとマウス操作は大変です。実はCtrl+2~8も機能するのですが、こちらの3つだけを覚えていれば十分だと思います。

ただそれでも、あまりにもタブが多いと作業効率は下がりますしPCにも負担をかけますので、こまめにいらないタブは閉じたほうが良いです。

まとめ

以上となりますがいかがでしょうか。保存版としてしばらく開きながら作業を頂ければ、お仕事の効率がグングン上がってくると思います。

そして全て覚えたアカツキにはこのページ自体を Ctrl + W しちゃってください

今回はここまでですが、最後まで読んでいただきましてありがとうございました。機会をみて他のアプリケーションの保存版ショートカットをお伝えしたいと思います。