エクセルVBAでAccessのデータをORDER BYで並び替えをして取り出す

★気に入ったらシェアをお願いします!


sort

photo credit: thierry llansades Congost de Mont Rebei via photopin (license)

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

引き続きエクセルVBAでAccessデータベースを操作する方法についてお伝えするシリーズです。

前回の記事はコチラ。

エクセルVBAでAccessデータベースの複数のレコードを上書き更新する場合の実行速度について
エクセルVBAでAccessデータベースを操作する方法について、今回はADODBレコードセットのFind、Update、MoveFirstを使って更新する方法について、またその実行速度についてです。

Accessデータベースの複数のレコードをまとめて上書き更新する方法についてその実行速度を検証しました。

それで、その際にSQLのSELECT文で取得してエクセルシートに取り出したデータも、レコードセットのレコードもIDで昇順になっていない可能性があるのでは?

という疑問が出てきたんですね。

今回はその検証の第一弾として、SQLのSELECT文で取得したデータの順番がどうなっているのかどうかを検証します。また同時に、SELECT文で取得する際に並び替えをしながら取得するORDER BY句の使い方についてお伝えをします。

スポンサーリンク

お題のデータベース

今回もこちらのデータベースを使います。

Accessのデータベース

ファイル名は「test4.accdb」、テーブル名は「成績表」、フィールドの構成は

|ID|名前|国語|数学|英語|

です。

SQLのSELECT文でテーブルを抽出する

では、まずSQLのSELECT文でテーブル「成績表」をゴソっととってきた場合の並び順を確認してみます。

こちらのプログラムで、Sheet3にゴソっと貼り付けます。

このプログラムは以下記事で紹介していますね。

エクセルVBAでAccessデータベースの複数のレコードをまとめて上書き更新する方法
エクセルVBAでAccessデータベースを操作する方法についてのシリーズです。今回はSQLのUPDATE文を使ってAccessデータベースの複数レコードをまとめて上書き更新する方法についてお伝えします。

SELECT文で抽出結果の並び順

では、こちらのプログラムで出力したデータの並び順がどうなのかを見てみましょう。

出力したデータはこのようになっています。

SQLのSELECT文でデータを抽出したシート

F列に例えばF3セルであれば

=IF(A3=A2+1,””,”NG”)

という数式を入れて、IDが前の行のプラス1でない行に「NG」と表示されるようにしました。また、F1セルに

=COUNTIF(F2:F9001,”NG”)

として「NG」の表示数をカウントします。

結果はこちら。

SELECTで取り出したデータの並び順はバラバラ

順番に並んでいない箇所が5箇所あります。

いずれの「NG」の箇所も確認する限りは法則性はありませんでした。

ですから、単に

SELECT * FROM テーブル名

で抽出した場合には、IDでの並び順は全くの法則性も求めてはいけないということになります。

ORDER BY句で並び替えをして抽出する

SELECTでデータを抽出する際に並び替えをする場合は、ORDER BY句を使います。

書き方は

SELECT フィールド名 FROM テーブル名 ORDER BY フィールド名1

と書きます。

ORDER BYの後に、並び替えの対象とするフィールド名を記載します。ASC/DESCはそれぞれ昇順、降順を表しますので、どちらかを記載します。

  • ASC:昇順
  • DESC:降順

また、複数のフィールドで組み合わせて並び替えをすることもできます。

SELECT フィールド名 FROM テーブル名 ORDER BY フィールド名1 ASC/DESC, フィールド名2 ASC/DESC, …

この場合、先に書いた順に並び替えになりますので、フィールド1でソートされた後に、フィールド2でソートされます。

前述のプログラムのSQL文を生成している箇所である17行目を

とすればOKですね。

実行結果

では、SQL文にORDER BY句を加えた上でプログラムを実行してみましょう。

結果はこちらです。

ORDER BY句を用いたSELECTで並び替えをしてデータを取り出す

無事にNGがなくなりましたね。

まとめ

検証した通り、特に指定をしない限りはSQLのSELECT文で取得したデータの順番は全くのでたらめとなっちゃいます。

そして、データの順番を整列して取り出したい場合は、SELECT文にORDER BY句を使うことになります。

ぜひご活用くださいね。

今回、SQLのSELECT文で抽出したデータの並び順について明らかになりましたので、次はレコードセットのデータの並び順について検証をしていきます。

エクセルVBAでADODBレコードセットをSortメソッドで並び替えする方法
エクセルVBAでAccessデータベースを操作する方法についてシリーズでお伝えしています。ADODBレコードセットの並び順について確認しつつ、Sortメソッドを使って並び替えをする方法についてです。

どうぞお楽しみに!

連載目次:エクセルVBAでエクセルからAccessデータベースを操作する

エクセルと相性の良いデータベースとして第一候補として挙がるAccess。エクセルをインターフェース、AccessをデータベースとしてエクセルVBAを使って連携する方法とその様々なテクニックについてお伝えしていきます。
  1. なぜエクセルとAccessデータベースを連携するのが良いのか、またその際の注意点
  2. エクセルVBAでAccessデータベースと接続する最もシンプルなプログラム
  3. 【エクセルVBA&Access連携】SQL文でデータを抽出する最も簡単なプログラム
  4. 【エクセルVBAでAccess連携】SQLのSELECT,FROM,WHEREによる様々なデータ抽出方法
  5. 【エクセルVBAでAccess連携】SQLのJOINを使って複数のテーブルを組み合わせてデータを取り出す
  6. 【エクセルVBAでAccess連携】データベースのテーブルにレコードを追加するシンプルな方法
  7. エクセルVBAでAccessデータベースに複数のレコードを追加する方法とその実行速度について
  8. 【エクセルVBAでAccess連携】データベースのテーブルにレコードを追加するシンプルな方法
  9. 【エクセルVBAでAccess連携】データベースに特定条件のデータが存在するかどうかを判定する
  10. エクセルVBAからAccessデータベースのレコードを呼び出して修正して上書き更新する方法
  11. エクセルVBAでAccessデータベースの複数のレコードをまとめて上書き更新する方法
  12. エクセルVBAでAccessデータベースの複数のレコードを上書き更新する場合の実行速度について
  13. エクセルVBAでAccessのデータをORDER BYで並び替えをして取り出す
  14. エクセルVBAでADODBレコードセットをSortメソッドで並び替えする方法
  15. エクセルVBAでAccessデータをグループで集計して抽出するGROUP BY句と集計関数の使い方
  16. エクセルVBAでAccessデータを集合関数による条件で抽出するHAVING句の使い方
  17. エクセルVBAでAccessデータベースからFormat関数によるSQL文で特定の日付で抽出