某メガバンクがMFクラウドとの口座連携できていなくて入出金明細の取得が大変だった話

★気に入ったらシェアをお願いします!


tab

photo credit: img_3319 via photopin (license)

さて、当社の設立は2015/6/16でしたから、なんとか1期目を乗り越えることができました。

ということは期末ですから、決算となります。

初めての決算…

一応、弊社はIT業ですから棚卸なども必要ありません。

MFクラウド会計で、全ての銀行口座、クレジットカードも連携していますし

フリーランス・副業の経理作業はMFクラウド確定申告を使うのが良いです
個人事業主にとって避けては通れない経理と確定申告…それを断然楽にするクラウド会計ソフト「MFクラウド確定申告」について、その素晴らしさとちょっとしたテクニックについて紹介したいと思います。

経費精算もMFクラウド経費アプリでばっちりです。

MFクラウド経費アプリで領収書と交通費の経費精算が超簡単!
MFクラウド会計・確定申告ですが、このたびMFクラウド経費アプリがリリースされました!レシートや領収書などの経費や交通費などの仕訳が超簡単になりましたので、その使い方をお伝えしていきます。

だから楽ちん。

…などと思っていたら、うっかり某メガバンクの口座連携ができていないということに気が付きまして、そこからいくらかすったもんだしています…。

皆さんには同じ轍を踏んで欲しくないので、自省の意味も込めて書いておこうと思います。

某メガバンクの口座連携ができていないことが発覚

6月に入りまして決算の準備を進めている中、税理士さんから「日本政策金融公庫の返済が帳簿上確認できなかったのですが、どうなっていますか?」という問い合わせがありました。

おや?

公庫の返済に関しては以下記事に書いています通り某メガバンクさんから毎月所定の額を返済することになっていました。

三菱東京UFJ銀行と楽天銀行の法人口座開設の手順と審査について
晴れて法人設立したら、法人用の銀行口座を速やかに開設する必要があります。弊社では三菱東京UFJ銀行と楽天銀行を開設したのですが、それぞれ私が踏んだ手順や審査などについてお伝えしたいと思います。

特に返済ができていないという話もありませんでしたので、安心していたのですが…

急いで確認をしてみます。

こちらの銀行さんは電子証明書連携です。まずMFクラウド電子証明書連携アプリで証明をして、MFクラウド会計上でワンタイムパスワードを入力して、連携状況を確認してみます…

MFクラウド会計での重要なお知らせ

おや?

「本サイトのログイン頂き、重要なお知らせをご覧ください。」

こちらの銀行さんのインターネットバンキングはBizSTATIONというサービス名なのですが、なんと今時Internet Explorerしか対応をしていないという、ステキ仕様

今ではVBAのスクレイピングでしか起動しないIEを起動してBizSTATIONにアクセス、そしてログインをしてみますが…「重要なお知らせ」とやらなんとも出ていない様子でした。

うーむ。

MFクラウドのチャットサービスの返事は超速

そこで、超頼れるMFクラウドのチャットサービスで問い合わせてみることに。

問いかけると、ものの10秒程度で超速反応。

そして聞いてみると、「お使いの銀行ですと、ご利用プランによって明細が取得できないという事象が以前もございました」的な回答。

おっと。

BizSTATIONには通常のBizSTATIONと、BizSTATION Lightという二つのプランがあり、弊社が登録していたのは「Light」のほうだったのです…!

おそるおそるBizSTATION Lightの紹介ページにアクセスしてみると…

BizSTATION Lightについてのお知らせ

(*1)BizSTATION Lightでは入出金明細はご利用いただけません。(初回のご利用から90日間のみお試しいただけます)

だー…!

いや、私が悪いんです。ちゃんと見ないで登録したものですから。

まさかネットバンクで明細がとれないサービスがあるなんて…思ってもみなかったんですもの。

…じゃあ、ネット経由でできることは何?ということなんですが主に

  • 振込
  • 残高照会

です。

MFクラウド会計では、残高だけ取りにいっていたわけですね。…なんか切ない。

最後の手段、通帳記帳

仕方がありません、通帳の記帳をしにいきます。

さすがメガバンク。記帳ができるATMがアチコチにありますよ。家から歩いてすぐにあります。

で、早速記帳をしてみると…

合算記帳

なにこれ?

「合計記帳」って、それじゃ日付も中身も何にもわかんないじゃない?

また某メガバンクさんのWebサイトを確認してみると

当行では、普通預金・貯蓄預金のお取引明細を通帳にご記帳いただいていない場合、ご入金・ご出金の合計件数・合計金額をまとめて記帳(合計記帳)させていただいております。

だそうな。

…そんなん、記帳の意味ないじゃん、って思うの私だけでしょうか??

本当に最後の手段、店舗に赴く

仕方ないので後日店舗に赴きます。

支店はちょっと隣の駅になりますので、アポイントの予定に合わせて早めに家を出て立ち寄りました。

書類を書きまして窓口に提出。

「お届け印があれば早くて店頭で明後日、お届け印をお持ちでないならご郵送で10日後ほどにお送りします」

という衝撃のご案内。

え?今日もらえないの…?

ってか郵送って10日間も??

もうね、ここまでくると苦笑ですよ。窓口のお姉さんには悪いのですが、本当に笑っちゃいました。

  • ネットでは見られない(正確には月額1,728円/月払えば見られる)
  • 通帳の記帳も合算で意味なし
  • 店舗でもすぐには出してはくれない

とまぁ、こんな感じです。

窓口のお姉さん、気を利かせてくれて「今後のご記帳の際に合計記帳をしないように設定できますが、させて頂きましょうか?」とのこと。

「是非…!」

てか、できるならデフォルトで合算しないでおくれ…。

ということで、来期の決算時には通帳の記帳でおそらくOKになりました。ちゃんちゃん。

後日談:メガバンクからの明細が届きました

郵送で10日間かかると聞かされていました明細ですが、たったの3日間で届きました。

速達で送ってくれました。窓口のお姉さん、頑張ってくださったんですね。助かりました。

まとめ

あまりにも周りを便利なITで固めすぎていると、こういった事象への耐性が低くて風邪をひいてしまいそうでした。

振り回されないようにするための教訓として

  • 全ての銀行で同じようにサービスしているだろうと思いこまない
  • 合算記帳は最初から設定解除をしてもらう
  • 決算準備は余裕をもってやる

ということでございました。

皆さまも貴重な時間を奪われることなきよう、お気をつけ下さい。