【エクセルVBA】Changeイベントと組み合わせてもっと便利に!検索にヒットした値をドロップダウンリストに表示する方法


vba,serch,validation,changeevent

みなさまこんにちは、ノグチです。

前回は、エクセルの入力規則のひとつ、ドロップダウンリストをVBAで設定する方法をご紹介しました。

今回は、前回のドロップダウンリストの作成と、前々回のChangeイベントを使った文字の一部検索を組み合わせて、セルに入力した値を部分検索して、ヒットした検索結果を全て入力セルのドロップダウンリストに表示させる方法をご紹介していきます!

エクセルVBAでドロップダウンリストを作る方法については前回の記事を、

【エクセルVBA】Validation.Addメソッドで入力規則のドロップダウンを作る方法
ValidationオブジェクトのAddメソッドを使って、セルに入力規則のドロップダウンリストを作成する方法をご紹介しています。シートやブックに入力された値によって入力規則の種類を変えたり、ドロップダウンリストに表示する値を変えたい、という時に便利に使えますよ。

Changeイベントを使った部分一致検索は前々回の記事をご覧ください。

【エクセルVBA】ChangeイベントとEnableEventsプロパティで部分一致検索をする方法
WorksheetオブジェクトのChangeイベントと、ApplicationオブジェクトのEnableEventsプロパティを使って、セルに得意先名の一部を入力したら、マスタシートから正式名称を取得して入力セルに返す、というコードをご紹介しています。面倒かつ間違い易い入力作業は、出来るだけ簡略化したいですね。

Changeイベントプロシージャに入力規則作成を差し込む

前回コードのおさらい

では、早速コードを書いていきましょう。

まず、前々回記事でご紹介したコードがこちら。

そして入力シートと、マスタシートがこちらです。

excel,vba,event,請求書

excel,vba,event,マスタシート

入力シートのB5セルに入力した値から、マスタシートにある得意先の正式名称を取得、入力セルに返す、という処理をするコードでした。

入力規則作成処理を差し込む

ここに前回ご紹介した、セル範囲にドロップダウンリストを作成するコードを差し込みます。

Findメソッドを使ってB5セルの入力値で、スタシートの得意先名称を検索した時の処理に、検索にヒットした場合にValidation.AddメソッドでB5セルにドロップダウンリストを作成する、というコードを差し込んでいます。

これでFindメソッドにマッチした得意先の正式名称がマスタシートから取得されて、このようにドロップダウンリストに表示されるようになります。

ドロップダウン,入力規則

複数の検索結果をドロップダウンリストに表示させる

しかし、マスタシートを見てみると、検索に使った文字列『会社』を含む得意先は全部で4つあります。

なのに、上の画像では1件しか取得できていません。

どうせならヒットした値はすべてドロップダウンリストに表示させたいですよね。

なので、検索に使う文字列を含む得意先をすべてドロップダウンリストに表示できるように、もう少しコードに手を加えましょう。

Findメソッドでマスタシートを検索して、マッチしたセル以降のセルはFindNextメソッドを使って値を検索します。

そしてマッチする値があったら、Validation.AddメソッドのFomula1パラメータセット用の変数varListに格納していく、という処理を加えます

こんな感じで。

ShowErrorプロパティでエラーメッセージを表示させないようにする

1度セルに検索したい値を入力して、Changeイベントが実行された後にもう一度違う値で検索をしたい!という場合もありますよね。

その場合、上のコードのValidation.Addメソッドのパラメータ指定では、B5セルにドロップダウンリストに表示されていない値を入力すると、毎回メッセージが表示されてしまいます。

少々煩わしいので、このメッセージ表示をOFFにしてしまいましょう。

これには、ValidationオブジェクトのShowErrorプロパティを使います。

ShowErrorプロパティは、このように記述します。

Validationオブジェクト.ShowError = True (False)

入力規則に指定された値以外を入力した時に表示されるメッセージを表示させたい場合をTrueを、表示させたくない場合はFalseを指定します。

これも、上のコードに差し込んでおきましょう。

複数の検索結果をドロップダウンリストに表示させるコード

すると、こんなコードになります。

ちなみに、最初のFindメソッドにマッチする値があった場合、strAdr = objCustom.Addressで、マッチした値のセルを取得していますね。

これは、次のDo~Loopにある、FindNextメソッドの終了条件のために取得しています。

上のコードの場合、FindNextメソッドはマスタシートの最後のセルまで検索したら、もう一度得意先リストの先頭から検索を始めようとします。

1件目の得意先名はDo~Loopの前のFindメソッドで検索されていて、すでにFormula1パラメータ用の変数に格納されているので、それ以上検索を続ける必要はありません。

そこで、最初のFindメソッドにマッチした値を持つセルのアドレスを取得しておいて、Do~Loopの終了条件に『1件目にヒットしたセルではないこと』を加えて、

このように記述しておく必要があります。

動作確認

では、さっそくこちらを動かしてみましょう!

B5セルに『会社』と入力してエンターキーを押すと…

入力シート,検索値,入力

入力規則,複数,ドロップダウンリスト

この通り、ドロップダウンリストに検索にヒットした得意先名がすべて表示されていますね!

最後に

今回は、Changeイベントと入力規則のドロップダウンリストを組み合わせて、検索値にヒットする文字列をすべてドロップダウンリストに表示する方法をご紹介しました。

Changeイベントをうまく使えば、もしかしたら普段使っているエクセルツールをもっと便利なツールにできるかもしれませんね。

次回記事では、Findメソッドの使い方をご紹介していますので、今回の記事と併せてご覧ください。

【エクセルVBA】指定した範囲内から値を検索するFindメソッドとその使い方
エクセルシートに入力した値から、VBAのFindメソッドを使ってシート内を検索し、結果を返す方法をご紹介しています。Findメソッドは部分一致or全体一致、列方向or行方向など検索の条件を色々指定できて使い勝手が良いのでオススメですよ。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

連載目次:エクセルVBAのイベントを使ってもっと便利なツールにしよう!

エクセルVBAでリストの重複を排除する方法として、Dictionaryオブジェクトを使った重複排除の方法をご紹介しています。

  1. 【エクセルVBA】イベントを使ってもっと便利なツールにしてみよう!WorksheetオブジェクトのChangeイベント
  2. 【エクセルVBA】ChangeイベントとEnableEventsプロパティで部分一致検索をする方法
  3. 【エクセルVBA】Validation.Addメソッドで入力規則のドロップダウンを作る方法
  4. 【エクセルVBA】Changeイベントと組み合わせてもっと便利に!検索にヒットした値をドロップダウンリストに表示する方法

  投稿者プロフィール

ノグチフリーランスPG・SE
元製造子会社SE。
業務システム保守・導入両方やった経験をお伝えすることで、少しでもシステムや手作業に悩まされる人が減ればいいなぁと日々夢見ております。

コメント