エクセルVBAでテーブル上の請求データを新規ブックに転記するマクロの作り方


みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

エクセルVBAでテーブル機能を活用した請求書作成マクロの作成方法についてお伝えします。

前回の記事はコチラ。

エクセルVBAでテーブルを走査して取引先ごとのブックを作るマクロ
請求書の作成マクロを題材に、エクセルVBAでテーブルを操作する方法をお伝えしています。今回は、テーブルを走査して取引先ごとにブックを作成して、請求書のひな形シートをコピーするマクロを紹介します。

テーブルを走査して取引先ごとのブックを作るところまでマクロを作成しました。

今回は、その続きですね。

作成したブックのひな形テーブルに追加した新規データ行に請求データを転記する処理を作成していきます。

エクセルVBAでテーブル上の請求データを新規ブックに転記するマクロの作り方、行ってみましょう!

前回のおさらい

まずは、これまでのおさらいから進めていきます。

「請求データ.xlsm」ブックには、「請求データ」および「取引先マスタ」という2つのテーブルから構成されている「データ」シート(オブジェクト名は「wsData」)と

請求書作成マクロのデータシート

取引先ごとの請求書のひな形となる「ひな形」シート(オブジェクト名は「wsTemplate」)で構成されています。

請求書作成マクロのひな形シート

それで、前回作成したマクロはコチラです。

「取引先マスタ」テーブルの取引先ごとに、「ひな形」シートをコピーした新規ブックを作成するものです。

あとは以下の部分を作っていけば、請求書作成マクロが完成します。

  • 2.それぞれの新規ブックに、「請求データ」のうち該当の取引先の分のデータを転記する
  • 3.請求書として必要な請求金額、請求先の情報
  • 4.ファイル名を決めて保存する

今回は「2」つまり、ブックに該当のデータを転記していく処理を作成していきます。

テーブルのデータ行を走査して値を転記する

上記のコードの「’2. 「請求データ」テーブルの行を走査して転記処理などをする」の部分ですが、以下の処理を挿入します。

解説していきましょう。

テーブルの各行を順番どおりにループする

まず、2~11行目のFor文ですが、tbDataつまり「請求データ」テーブルのListRowsつまり各行についてのループです。

これは、「取引先マスタ」テーブルのループには、順番を考慮しなくて良いのでFor Each文を使用していましたが、「請求データ」テーブルには一応順番が大事かも知れないので、For文にしました。

そのあたりは、以下の記事を再度復習していただければと思います。

エクセルVBAでテーブルのデータ行についてループ処理を行う方法
請求書マクロを題材にエクセルVBAでテーブル操作する方法をお伝えしています。今回は、ListRowsオブジェクトがポイント。テーブルのデータ行についてループ処理を行う方法についてお伝えしていきます。

テーブルの値を別のテーブルの新規データ行に転記する

現在のデータ行つまりrowDataの取引先が、該当の取引先つまりclientのものであれば、「ひな形」テーブルに新規データ行を追加し、データを転記していきます。

新規データ行を追加しているのが5行目。ListRowsコレクションのAddメソッドです。

また、品目、単価、数量といった各データを転記をしているのが6~8行目です。ListRowのセルの位置を取得するにはRangeプロパティでしたね。

このあたりは、以下の記事で詳しく解説をしています。

エクセルVBAでテーブルのデータ行を追加して値を入力をする方法
請求書作成マクロを題材としてエクセルVBAでテーブルを操作する方法についてお伝えするシリーズです。今回は、テーブルのデータ行を追加して値を入力をする、Addメソッドの使い方をお伝えしていきますね。

取引先ごとのブックに請求データを転記するマクロ

以上を組み合わせた、まとめのコードはコチラです。

実行をすると、以下のように各取引先ごとのブックの「ひな形」テーブルに、それぞれ対象となるデータ行の値が転記されていることを確認できます。

請求書マクロで取引先ごとのブックに請求データを転記した

まとめ

以上、エクセルVBAでテーブル上の請求データを新規ブックに転記するマクロの作り方でした。

ほぼほぼ請求書作成マクロとしては完成に近づいてきましたね。

次回、あと一息、作り込んでマクロを完成をさせていきたいと思います。

エクセルVBAで請求書作成マクロをテーブルを活用して作る
エクセルVBAで請求書作成マクロのテーブルを活用したバージョンを作成しています。今回は、請求書に必要な情報を転記する、ファイル名を決めて別名で保存して閉じるなどの処理を追加し、仕上げをして完成をさせます。

どうぞお楽しみに!

連載目次:エクセルVBAでテーブルを活用した請求書マクロを作る

エクセルのとっても便利な機能「テーブル」。VBAで操作するときも、テーブルならではの便利さを味わうことができます。請求書マクロを題材にVBAによるテーブルの操作方法をお伝えしていきます。
  1. エクセルVBAでテーブル操作~そのメリットと変換方法&ListObjectの取得
  2. エクセルVBAでテーブル名を使用してテーブルを取得する方法
  3. エクセルVBAでテーブルの見出し行・データ行・集計行の範囲の取得をする方法
  4. エクセルVBAでテーブルのデータ行についてループ処理を行う方法
  5. エクセルVBAでテーブルのデータ行を追加して値を入力をする方法
  6. エクセルVBAでテーブルを走査して取引先ごとのブックを作るマクロ
  7. エクセルVBAでテーブル上の請求データを新規ブックに転記するマクロの作り方
  8. エクセルVBAで請求書作成マクロをテーブルを活用して作る
  9. エクセルVBAでテーブルと列挙体を組み合わせると最強のコードが書ける理由

  投稿者プロフィール

タカハシノリアキ株式会社プランノーツ 代表取締役
株式会社プランノーツ代表、コミュニティ「ノンプロ研」主宰。1976年こどもの日生まれ。東京板橋区在住。「ITで日本の『働く』の価値を上げる!」をテーマに、VBA&GASの開発、講師、執筆などをしております。→詳しいプロフィールはコチラ
★ご依頼・ご相談はお気軽にどうぞ!→お問い合わせはコチラ
★フォロー頂ければ嬉しいです。

コメント