問い合わせを見のがさない!Googleフォームの問い合わせをチャットワークに通知する方法



こんにちは!
タダケン(@tadaken3)です。

「Googleフォームを活用して無料で問い合わせフォームを作ってみよう」シリーズの第3回目です。前回はフォームの入力をトリガーに登録してくれた人に対して自動でメール送信される機能を作成しました。今回は、Google Apps Scriptで問い合わせがきたら、自分のチャットワークに通知する機能を作っていきましょう。

前回のおさらい

作成したお問い合わせフォーム

前回作成したお問い合わせフォームはこちらでした。すっきりしていていいですね。

自動返信をするスクリプトのおさらい

スクリプトの部分ではgetLastRowメソッドで最終行を取得し、必要なデータを取得しています。取得したデータでメール本文を作成し、GmailApp.sendEmailでメールを送信するところまで実装しましたね。

初心者でもできる!Googleフォームで作成したお問い合わせフォームにGASで自動返信機能を追加する
GGoogleフォームで作成したお問い合わせフォームにGoogle Apps Scriptで自動返信機能を追加する方法をお伝えします。プログラミング初心者の方でも簡単に作成できます。

前回のコードはこちらです。

function autoReply() {
 var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
 var row = sheet.getLastRow();
 var name = sheet.getRange(row, 2).getValue();
 var mail = sheet.getRange(row, 3).getValue();
 var item = sheet.getRange(row, 4).getValue();
 var contents = sheet.getRange(row, 5).getValue();

 var title = "お問い合わせありがとうございます。";   
 var mail_body
 = "お問い合わせありがとうございます。\n"
 +"下記のとおりお問い合わせを受け付けました。\n\n"
 + "--------------------------------------\n"
 + "○お名前\n"
 + name + "\n\n"
 + "○ご連絡先メールアドレス\n"
 + mail + "\n\n"
 + "○お問い合わせ項目\n"
 + item + "\n\n"
 + "○お問い合わせ内容\n"
 + contents + "\n\n"
 + "---------------------------------------\n\n"
 + "確認後、返信させていただきます";

 GmailApp.sendEmail(mail,title,mail_body);

チャットワークにメッセージを送信する

メッセージをチャットワークで通知するには、ライブラリ「ChatWorkClient for GAS」を使います

チャットワークにメッセージを送るには、メッセージ本文とは他に以下の2つの情報が必要です。
・通知を送るルームをしていするためのルームID
・チャットワークの認証するAPIのアクセストークン

ライブラリ「ChatWorkClient for GAS」の使い方、ルームIDの取得方法はこちらにまとまっています。わからない方はぜひご覧になってみてください。

Google Apps Scriptの第一歩、初心者でもチャットワークにメッセージを送れる
Google Apps Scriptの第一歩ですが、しょっぱなから真っ先にチャットワークを操作してしまいます。初回はGASのプロジェクトの作成、ライブラリの追加、スクリプトの記述と実行までです。

チャットワークのAPIを取得する方法はこちらの記事です。

【祝】Zapier連携!Twitterのツイートをチャットワークに通知するぞ
チャットワークがZapier経由でGmailやTwitterなどの各種サービスと組み合わせて連携するができるようになりました!まずTwitterのツイートをチャットワークに送る連携をやってみました。

チャットワークにメッセージを送るには、sendMessageメソッドを使います。

書き方は

client.sendMessage({room_id: ”ルームID”, body: ”本文”});

です。

チャットワークではメッセージ記法が使えます。

例えば、このようなにinfoタグとtitleタグで見出しと内容をかこって書くとメッセージで囲み枠を使うことができます。

[info][title]見出し[/title]内容[/info]

他にも色々な記法があるので気になる方はこちらもご覧ください。

投稿に装飾はできますか?
テキストに色付けや太字の装飾はできませんが、罫線や囲み枠などの装飾でしたら可能です。下記のタグを、投稿欄にご入力ください。 罫線タグ 参考画像: 囲み枠タグ タイトル参考画像: 囲み枠タグ(見出しあり) 見出し内容参考画像: 絵文字の変換を無効にする ●●  変換させたくない...
function autoReply() {
 var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
 var row = sheet.getLastRow();
 var name = sheet.getRange(row, 2).getValue();
 var mail = sheet.getRange(row, 3).getValue();
 var item = sheet.getRange(row, 4).getValue();
 var contents = sheet.getRange(row, 5).getValue();

 //前回部分を省略

 //チャットワーク用のメッセージを作成する
 //[info][/info]で囲む
 //[title][/title]で囲むことで文章を修飾しています
 var notify_body
  = "[info][title]" + name + "様から問い合わせがありました。[/title]\n"
  + "連絡先:" + mail + "\n"
  + "問合せ項目:" + item + "\n"
  + "問合せ内容:" + contents + "\n[/info]";

 //チャットワークに送信する

 var roomId = "123456"//ルームIDを入力
 var client = ChatWorkClient.factory({token: "XXXXXXXXXXXXXX"});//チャットワークのアクセストークンを入力
 client.sendMessage({room_id: roomId, body: notify_body});
}

チャットワークの通知画面を確認

フォームに入力があるとこのような通知が送られます。infoタグやtitleタグで囲った部分がメッセージ記法でうまく変換されていますね。

フォームが送信されたら、ユーザーに対してメールが送られるのとほぼ同時にチャットワークに通知がきます。

まとめ

今回の記事はいかがでしたでしょうか。Google Apps Scriptを使って、Googleフォームの機能を拡張しました。ビジネスはスピードが命ですから、フォームとチャットワークの連携すれば、お客様から問い合わせがあったことをすぐに把握できますね。

次回もGoogle Apps Scritpの実践的なテクニックをご紹介しますね。

どうぞ、お楽しみに!

よろしければ、こちらからTwitterアカウントのフォローをお願い致します。

連載目次:GoogleフォームとGASで簡単に作る問い合わせフォーム

問い合わせフォーム…GoogleフォームとGoogle Apps Scriptを使えば簡単に自作することができます。しかも無料! 本シリーズでは、その作り方と便利機能についてお伝えします。
  1. 無料で簡単!Googleフォームで「お問い合わせフォーム」を作成する
  2. 初心者でもできる!Googleフォームで作成したお問い合わせフォームにGASで自動返信機能を追加する
  3. 問い合わせを見のがさない!Googleフォームの問い合わせをチャットワークに通知する方法

  投稿者プロフィール

tadaken3
『プランノーツ』ではGoogle Apps Script、Pythonを使ってのツールの開発をしています。本業はとある会社のデータアナリストです。

ブログ『タダケンのEnjoy Tech』の管理人もやっています。「ラクして成果を上げる仕組みを考える」をモットーにPython、Google Apps Scriptを使って、「実務で使える具体的なテクニック」を公開しています。あわせて読んでいただければうれしいです。

タイトルとURLをコピーしました