GASでGoogleスライドの特定のシェイプをオブジェクトIDで取得する方法


id

photo credit: r.mcminds GCMP_sample_photo_1282 via photopin (license)

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

GASでGoogleスライドのプレゼンテーションを楽々作成するテクニックについてシリーズでお伝えしています。

前回の記事はこちら!

GASでGoogleスライドのテキストボックスの文字列を取得する方法
GASでGoogleスライドのプレゼンテーションを楽々作成するテクニックについてお伝えしています。今回はGASでGoogleスライドのTextRangeオブジェクトの概要とその取得方法についてです。

シェイプからTextRangeオブジェクトを取得する方法、またそこから文字列を取り出す方法についてお伝えしました。

ただ、スライド上にシェイプがいくつかあったときに、目的のシェイプをズバっと掴んで操作したいですよね…

今回は、「オブジェクトID」というものを使って、そんな悩みを解決していきます。

ということで、GASでGoogleスライドの特定のシェイプをオブジェクトIDで取得する方法です。

では、行ってみましょう!

前回のおさらい

まず、前回のおさらいからです。

紹介したコードはこちら。

  1. PresentationオブジェクトをURLで取得
  2. Slideオブジェクトを配列で取得→インデックス0で1枚目のSlideオブジェクトを取得
  3. Shapeオブジェクトを配列で取得→ループしてすべてのShapeオブジェクトの文字列を出力

という流れですね。

スライドはページ数とインデックスが連動しているから良いのですが、シェイプについては目的のシェイプのインデックス…ちょっと分かりづらいです。

では、どうすればよいか…?

というのが本日のお題になります。

オブジェクトIDとは

ですが、このお題は実は、簡単に解決できます。

プレゼンテーション上のページ要素(シェイプ、画像、グラフ、表など)はすべて一意のIDを持っていて、それをオブジェクトIDといいます。

そのオブジェクトIDを使って、ズバッとページ要素を取得できてしまうのです。

オブジェクトIDを取得する

シェイプのオブジェクトIDを取得するには、getObjectIdメソッドを使います。

Shapeオブジェクト.getObjectId()

オブジェクトIDは文字列なので、getObjectIdメソッドの戻り値は文字列になります。

オブジェクトIDを調べるコード

では、前回のコードを修正して、オブジェクトIDも取得できるように変更してみましょう。

10行目のLogger.logで出力する内容に、オブジェクトIDを含めてあげれば良いですね。

こんな感じです。

ログを確認するとこうなります。

GASでGoogleスライドのシェイプのオブジェクトIDを取得

これで各シェイプのオブジェクトIDがわかりましたね!

オブジェクトIDからシェイプを取得する

続いて、この調べたオブジェクトIDから、Shapeオブジェクトを取得する方法を見ていきましょう。

ただ、オブジェクトIDを使って取得できるのは、Shapeオブジェクトではなくて、PageElementオブジェクトになります。

なので、PageElementオブジェクトをまず取得するという段取りからスタートです。

オブジェクトIDでページ要素を取得する

Presentationオブジェクトから、オブジェクトIDでPageElementオブジェクトを取得するには、getPageElementByIdメソッドを使います。

Presentationオブジェクト.getPageElementById(オブジェクトID)

ページ要素をシェイプとして返す

さて、これで目的のシェイプがPageElementオブジェクトとして取得できました。

ただ、実際はShapeオブジェクトとして取得したいのです。

そのような場合は、asShapeメソッドを使います。

PageElementオブジェクト.asShape()

これで、目的のシェイプをShapeオブジェクトとして取得できるというわけです。

オブジェクトIDでシェイプを取得するコード

では、実際にオブジェクトIDでシェイプを取得するコードを試してみましょう。

こちらです。

実行してログを確認すると、以下のようにきちんと目的のシェイプが取得できたということが確認できますね。

GASでGoogleスライドのシェイプをオブジェクトIDで取得する

まとめ

以上、GASでGoogleスライドの特定のシェイプをオブジェクトIDで取得する方法をお伝えしました。

ポイントはこちらですね。

  • シェイプなどのページ要素は一意のオブジェクトIDを持ち、それで取得できる
  • ページ要素をシェイプとして取得するにはasShapeメソッド

次回は、取得したシェイプの文字列に置換処理を行っていきます。

GASでGoogleスライドのシェイプのテキストを置換する方法
GASでGoogleスライドのプレゼンテーションを楽々作成するテクニックについてお伝えしています。今回はGASでGoogleスライドのシェイプのテキストを置換して設定する方法をお伝えします。

どうぞお楽しみに!

連載目次:GASでGoogleスライドのプレゼンテーションを楽々作成

定例会議用資料、レポート、プレゼンテーションなど、テンプレートをもとにGoogleスライドのプレゼンテーションを作るというお仕事はけっこうあります。全部は無理にしても、いくつかの段取りは、GASを使って自動化できるかも…!?このシリーズでは、そのようなGoogleスライドのプレゼンテーション自動化のアイデアと、スクリプトの書き方を紹介します!
  1. GASでGoogleスライドのプレゼンテーションを操作するはじめの一歩
  2. GASでGoogleスライドを操作するSlidesサービスの基礎の基礎
  3. GASでGoogleスライドのSlideオブジェクトの概要とその取得方法
  4. GASでGoogleスライドのテキストボックスや図形などを取得する方法
  5. GASでGoogleスライドのテキストボックスの文字列を取得する方法
  6. GASでGoogleスライドの特定のシェイプをオブジェクトIDで取得する方法
  7. GASでGoogleスライドのシェイプのテキストを置換する方法
  8. GASでスプレッドシートのデータをもとにGoogleスライドの文字列を置換する
  9. GASでGoogleスライドのプレゼンテーションをコピーする方法

  投稿者プロフィール

タカハシノリアキ株式会社プランノーツ 代表取締役
株式会社プランノーツ代表、コミュニティ「ノンプロ研」主宰。1976年こどもの日生まれ。東京板橋区在住。「ITで日本の『働く』の価値を上げる!」をテーマに、VBA&GASの開発、講師、執筆などをしております。→詳しいプロフィールはコチラ
★ご依頼・ご相談はお気軽にどうぞ!→お問い合わせはコチラ
★フォロー頂ければ嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました