G Suiteの最新情報を効率よく確実に入手するための4つの方法

★気に入ったらシェアをお願いします!


members-talk

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

先日、G Suiteユーザー会 第37回Members Talkに参加してきました。

今年の6月にGoogle Could Next Tokyo 2017に参加したときに、G Suite ユーザー会に勧誘いただきまして、当然ながらの即入会。

その流れで、今回はじめてMembers Talkに参加したのですが…これはもう目からウロコの情報がいっぱいいただけました。

特に、私はG Suite情報は頑張ってキャッチする努力は怠ってきたつもりはないのですが、アップデートも多いですし、自分の興味に偏っていたりで、実はなかなか効果的に収集できていなかったことに気づけたのは、大きな成果でした。

ということで、皆さんにも共有。

G Suite最新情報を効率よく確実に入手するための4つの方法です。

では、行ってみましょう!

G Suiteユーザー会とは?

まずは、G Suiteユーザー会について、紹介をさせてください。

G Suiteユーザー会(G Suite Japan Users Group)とは、G Suiteのユーザーが中心で運営するコミュニティで

  • G Suite最新情報の入手や共有
  • 会員同士の親睦や研鑽、情報交換

などを目的としています。

具体的には、今回参加したリアルイベント「Members Talk」や分科会、Google+コミュニティを主な活動拠点にしています。

ちなみに、G Suiteのユーザーなら無料で会員になれます。

詳しくはコチラをどうぞ!

Members Talkとは?

Members Talkは全国で頻繁に開催されていて、例えば東京では半年に一回くらいのペースで六本木のGoogleオフィスで行われています。

今回、私が参加したのは9/13のMembers Talk。17:00-21:00の中で、Googleさん、サポーターさん、ユーザーさんによるセッションと、ディスカッションそして懇親会という、バッチリなボリュームでした。

100人以上の方が参加されていて、毎回参加されている方も多いようで和気あいあいな雰囲気です。軽食とアルコールが出ます。

内容としては、個人的には

  • Keepを使った事例
  • App Makerによるメールツール

そして、今回レポートする「最新情報のゲットの仕方」が大きな収穫でした。

G Suiteの最新情報の取得方法

G Suiteと一言にいっても、サービスの数はたくさんありますし、プランによっても若干内容が違ったりします。

さらに、App MakerやらじJamboardやら、どんどん新しいプロダクトが追加されていく…

もう、これはなかなかG Suiteの最新情報を追いかけるのは大変なんです。

ところが、そこはGoogleさん&ユーザー会。ちゃんと、最新情報をつかむ方法を提供して下さっていました。

そのいくつかの方法についてお伝えします。

G Suiteユーザー会の活用

まずは前述のG Suiteユーザー会に参加することです。

Members Talkの中でもGoogleさんからの最新情報紹介コーナーが定番コーナーとしてあるようです(今回も濃ゆい内容でした)。

また、G Suiteユーザー会に入会すると参加できるGoogle+コミュニティでも最新情報のポストややり取りがあります。

G Suiteユーザーであるならば、会員になっておいて損はないものと思います。

G Suiteアップデートブログ

G Suite アップデートブログはG Suiteの新機能や機能改善に関する公式情報が提供されるブログです。

G Suite チームからの新機能や改善機能に関する公式アップデート情報 (本ブログは G Suite Updates ブログ(英語)を日本語に翻訳したものです)

英語版からは若干遅れますが、日本語版もあります。

RSSリーダーに登録しておくのが王道ですが、以下の「メールで購読」から更新メールを受信するようにすることもできます。

G Suiteアップデートブログ

G Suite 管理者ヘルプ「G Suiteの最新情報」

G Suite 管理者ヘルプの中に「G Suite の最新情報」というページがありまして、表形式で新機能や機能改善を確認できます。

画面はコチラです。

G Suite管理者ヘルプ~G Suiteの最新情報

はっきり言って、超いっぱいあるので確認するのは大変ですので、サービスごとに絞り込んで使うといいかも知れません。

スクリプトで仕込むという手もあるかも知れませんね。

あと、英語版なら「今後のリリース予定」からカレンダーにリリース予定を追加できます。

What’s New in G Suite launch recap

月単位のリリース情報をまとめて確認いたい場合は、What’s New in G Suite launch recapがオススメです。

Summary of monthly updates to Google Cloud products including Gmail, Google Drive, Google Docs, Hangouts, Chrome and other Google products.

ちょっと英語版より更新が遅いですが、日本語版でも月単位のリリースを見やすいGoogle Doc形式かPDF形式で確認することができます。

What's New in G Suite launch recap

最新情報を全然追いかけられてない人は、過去一年分くらいを一気に読みつくしても良いかもしれませんね。

まとめ

G Suiteの最新情報の最新情報を効率よく入手する方法についてご紹介しました。

  • G Suiteユーザー会
  • G Suiteアップデートブログ
  • G Suite 管理者ヘルプ「G Suiteの最新情報」
  • What’s New in G Suite launch recap

あと、もちろんビッグなイベント、Google Cloud Nextもありますね。以下記事のような情報を入手できます。

その進化により企業向けクラウドストレージはGoogleドライブ一択になる
本記事ではGoogle Cloud Next Tokyoで発表された「Team Drivesを使ったファイルサーバのクラウド移行」からGoogleドライブの強みとこれからについてレポートします。
App MakerとGoogle Apps Scriptがアプリケーション開発の民主化を加速する
アプリケーション開発は非IT職からすると遠い存在でした。しかし、Google Apps ScriptとApp Makerがその「民主化」を加速させていることについてGoogle Cloud Next Tokyoからレポートします。

これらの情報を流れで入手することで、G SuiteやGoogleがどの方向に力を入れているのか、今後どういうことが起きそうかということを感じることができるものと思いますよ。

ぜひ、活用していきましょう!