Pythonで標準ライブラリのモジュールをインポートして使ってみよう

★気に入ったらシェアをお願いします!


working-place

photo credit: Seattle Municipal Archives City Light linemen, 1952 via photopin (license)

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

一般ビジネスマン&初心者向けということで、フォルダ操作に関する役立ちツールを作りながらPythonの基本中の基本を学んでいきます。

以前、以下の記事でPythonの魅力の一つが、その豊富なライブラリにあるとお伝えしました。

非エンジニアのWindows派がPythonを始めるメリットをこれでもかと説明します
Pythonを学ぶことは、非エンジニアのプログラミング初心者、一般のビジネスマン、Windowsユーザーにとって有益です。今回はPythonとは何か?そしてそれを学ぶメリットについてお伝えしていきます。

既に11万以上も公開されているライブラリも魅力ですが

そもそも、標準で同梱されているライブラリの中にも

  • csv
  • json
  • HTML
  • ファイルやディレクトリ
  • 正規表現
  • 数学
  • 乱数
  • インターネットアクセス
  • データ圧縮
  • パフォーマンス計測

…など、それはもう豊富なラインナップが含まれています。

とお伝えしている通り、公式のPythonディストリビューションに含まれている標準ライブラリだけでも、アイデア次第でかなりいろいろなことができそう…

正直どこから手をつけるか迷っちゃうのですが、手始めに「ファイルやディレクトリ」を操作しながら、Pythonに慣れ親しんでいければと思います。

ほら、大量のフォルダを自動でドバっと作成したりとか、現在のファイルツリーを取得したりとか、そういうのができたら便利そうじゃないですか。

まず今回は、osモジュールとフォルダ操作を題材にして標準モジュールの使い方をお伝えします。

では、行ってみましょう!

モジュールとは何か

まず、モジュールとは何かその定義を明確にしておきましょう。

Pythonの公式ドキュメントの「6. モジュール (module)」には、以下のように定義されています。

モジュールは Python の定義や文が入ったファイルです。ファイル名はモジュール名に接尾語 .py がついたものになります。

なんだか難しそうな定義ですね。

ただ、冷静になってよーく見てみると

  • Pythonの定義や文が入っている
  • ファイル名は(*.py)

…ん?これってただのpyファイル…のようですね。

そうなんです、モジュールは一連の関数を備えたPythonのプログラムです。そして、他のPythonプログラムに埋め込んで使用ができます。

モジュールを組み込むと、そのモジュールに含まれる便利な関数を、作成しているプログラムで使えるようになるということです。

そして、公式Pythonのディストリビューションには標準ライブラリとして多数のモジュール群が付属しているということですね。

モジュールをインポートする

モジュールを利用するには、そのモジュールを読み込む必要があり、そのことをインポートと言います。

モジュールをインポートするには、以下のimport文を使います。

import モジュール名

読み込んだモジュールの関数は以下の形式で利用することができます。関数によっては括弧内に引数が一つ以上必要になります。

モジュール.関数()

osモジュールとos.getcwd関数で現在の作業ディレクトリを調べる

では、試しにOSつまりオペレーティングシステムとやり取りするための機能を備えているosモジュールと、それに含まれる現在の作業ディレクトリを調べるos.getcwd関数を使ってみましょう。

os.getcwd()

ちなみに「getcwd」は「get current working directory」の略ですね。

モジュールをインポートしない場合

あ、もしかしたら万が一でインポートせずとも使えるかも知れませんので、確認してみましょう。

IDLEのShellウィンドウで以下入力してみてください。ちなみに、osモジュールをインポートしてなくても補完は機能しますので、 Ctrl + Space を積極的に使ってみてくださいね。

入力して Enter をしてみると…

はいダメです。

Pythonでosモジュールがないのでエラーになった

NameError: name ‘os’ is not defined

「’os’って名前は定義されてないんだけど」って怒られちゃいました。やっぱりインポートしないとダメですね。

osモジュールのインポートしてos.getcwd関数を使う

では、おとなしくosモジュールをインポートしてから、os.getcwd関数を使うこととしましょう。

以下一行ずつShellウィンドウで入力して Enter です。

Pythonのos.getcwd()で作業フォルダを取得する

おお、無事にフォルダパスが表示されましたね。

Shellウィンドウでos.getcwd関数を使うと、Pythonがインストールされているフォルダが現在の作業ディレクトリになるようです。

スクリプトファイルで現在の作業ディレクトリを調べる

では、Shellウィンドウではなく、任意の場所に保存されたPythonファイルのスクリプトでos.getcwd関数を実行するとどうなるでしょうか。

現在の作業ディレクトリは、Pythonファイルが保存されている場所になるでしょうか。

では、Ctrl + N で新規ファイルをEditorウィンドウで開いて、ササっと以下プログラムを入力しましょう。

書いたら、Ctrl + S でデスクトップの「mkdir」というフォルダに「getcwd.py」というファイル名で保存しました。そして F5 キーで実行です。

Pythonのos.getcwdで作業フォルダを取得する

ちゃんと、「getcwd.py」が作業フォルダになっているのが確認できました。

まとめ

Pythonで標準ライブラリのモジュールをインポートして使う方法についてお伝えしました。

今回はosモジュール作業フォルダを知るos.getcwd関数を使いました。

osモジュールには他にも便利な関数がたくさんありますし、標準ライブラリには他にも便利なモジュールが含まれています。Pythonの世界…広いですね。

さて、次回はosモジュールを使って、フォルダを作成する方法についてお伝えしていきます。

Pythonでosモジュールのmkdir関数を使ってフォルダを作成する超簡単なプログラム
初心者向けPythonプログラミングでWindowsのフォルダ操作をする方法についてお伝えしています。今回はPythonでosモジュールのmkdir関数を使ってフォルダを作成する超簡単なプログラムです。

どうぞお楽しみに!

連載目次:【初心者向けPython】基本の基本を学びながらフォルダ操作

非エンジニアの一般ビジネスマンの初心者向けにPythonでWindowsのファイルやフォルダを操作する簡単便利ツールの作り方を解説しながら、Pythonプログラミングの基本中の基本を学んでいくシリーズです。
  1. Pythonで標準ライブラリのモジュールをインポートして使ってみよう
  2. Pythonでosモジュールのmkdir関数を使ってフォルダを作成する超簡単なプログラム
  3. Pythonプログラミングの基本中の基本!forループによる繰り返しの作り方
  4. Pythonでデータをまとめて取り扱う基本中の基本!リストの使い方とforループ
  5. Pythonで指定したフォルダが存在しているかどうかを調べるos.path.existsの使い方
  6. Pythonで条件分岐をする基本中の基本!if~else文の作り方
  7. Pythonでテキストファイルを開いてデータを読み込む基本中の基本
  8. Pythonで文字列を区切り文字や改行で分割してリスト化するsplitメソッドの使い方
  9. Pythonで文字列のスペース・タブ・改行を取り除くstripメソッドの使い方
  10. Pythonで開いたファイルのクローズを忘れやすい人のためのwith文の使い方
  11. Pythonでcsvファイルからデータを読み込む最初の一歩