App Makerでウィジェットの文字列を変更するスクリプトを解説します


widget

photo credit: Percival Lowell Astro Widget via photopin (license)

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

初心者向けApp Makerの使い方チュートリアルをお送りしています。

前回はこちらの記事。

https://tonari-it.com/app-maker-alert-script/

App Makerのスクリプトについて、またその例としてアラート表示のスクリプトについて解説をしました。

今回もスクリプトについてです。

以下の記事で紹介した、App Makerのウィジェットの文字列を変更するスクリプトについて詳しく解説します。

【初心者向けApp Maker】作成したアプリを開いてカスタマイズをしてみよう
初心者向けのApp Makerでアプリを作るチュートリアルをお送りしています。今回は、作成したアプリを開いて、ラベルウィジェットの設置、テキストがnullだった場合の分岐処理の追加などの修正をしていきます。

では、行ってみましょう!

アプリのおさらい

まずは、今回の対象とするアプリについておさらいです。

ページHelloPageに、以下のような4つのウィジェットが配置されています。

Hello App Makerのウィジェット

ウィジェット 名前(name) 説明
テキストボックス YourName 自分の名前を入力するテキストボックス
ラベル Output 文字列を出力するラベル
ボタン Button1 クリックするとラベルOutputに文字列を表示する
ボタン Button2 クリックするとラベルOutputがクリアする

Button1とButton2には、それぞれスクリプトが仕込まれています。

ラベルの表示をクリアするスクリプト

まず、簡単なButton2のスクリプトから解説をしていきます。

こちらです。

ラベルOutputの表示をクリアするというものです。

現在のウィジェット

ウィジェットにスクリプトを仕込んだ場合、現在のウィジェットはwidgetと表現することができます。

スクリプトはButton2のイベントプロパティに記述していますから、この場合はButton2を取得できます。

トップレベルのウィジェットを取得する

ウィジェットから上の階層にたどって、トップレベルのLayaoutWidgetを取得するのがrootプロパティです。

書式はこちら。

Buttonウィジェット.root

rootプロパティは、ボタン以外にも多くのウィジェットで使用することができます。

この場合、トップレベルのLayaoutWidgetはページになりますので、HelloPageが取得できます。

ラベルのテキストを取得する

ラベルのテキストを取得するにはtextプロパティを使います。

書式はこちらです。

Labelウィジェット.text

絶対パスと相対パス

結果的に、Button2のスクリプトはHelloPageの子ウィジェットであるOutputのテキストを取得するという意味になります。

前回の記事をご覧になった人は「おや?」と思うかも知れません。

そうなんです。このスクリプトと同じことを、Appオブジェクトからたどって

と書くこともできるのです。

Appオブジェクトからたどる絶対的なパス、widgetからたどる相対的なパス、結論どちらでもOKです。

ウィジェットから相対的なパスをたどって参照をしたほうが、少しだけ記述量が減るので、今回の方法のほうがいいかも知れません。

テキストボックスの内容により分岐する

続いてButton1のスクリプトについて解説をします。

以下のスクリプトです。

テキストボックスYourNameに値が入力されていれば、ラベルOutputにその値を使用した文字列を、さもなくば「Hello!」とだけ表示するというものです。

変数にウィジェットを格納

ウィジェットも変数に格納をすることができます。

書式はvarキーワードを使って

var 変数名 = ウィジェット

ですね。

今回の例ではnameWidgetにテキストボックスYourNameを、outputWidgetにラベルOutputを格納しています。

if文で分岐する

条件に応じて分岐処理をするにはif~else文です。

if (条件式) {
 // 条件式がtrueのときに実行する処理
} else {
 // 条件式がfalseのときに実行する処理
}

条件式は成立してればtrue、そうでなければfalseという値をとります。

今回の場合、テキストボックスYourNameの値を条件式として使用していますが、この場合の条件式は

  • 値が1文字以上の文字列:true
  • 値が空欄:false

となります。

つまり、何らかの文字列入力があれば条件式はtrueとなり、テキストボックスYourNameの値も含めてラベルOutputに表示、そうでなければラベルOutputには「Hello!」とだけ表示するという処理になります。

まとめ

以上、App Makerでウィジェットの文字列を変更するスクリプトを解説しました。

  • widgetで現在のウィジェットを取得
  • rootプロパティでトップレベルのページを取得
  • ウィジェットを変数に格納
  • if文による分岐処理

次回は、別の例としてデータベースの使うアプリを紹介します。

App Makerでデータベースを作成する「モデル」への最初の一歩
初心者向けにApp Makerのチュートリアルをお送りしています。今回からデータベースを使用するアプリを作ります。まずは、App MakerでGoogle Drive Tableタイプのモデルのです。

どうぞお楽しみに!

連載目次:はじめてのApp Maker~初心者向けチュートリアル~

Googleが提供するWebアプリケーション開発プラットフォーム「App Maker」。ドラッグ&ドロップやクリック操作でページやデータベースを作成できます。この連載は、App Makerの操作感やアプリの作成イメージをつけていただくための、App Maker初心者向けのチュートリアルです。
  1. 超初心者向けApp Makerでとっても簡単な初めてのWebアプリケーションを作ってみよう
  2. 【初心者向けApp Maker】作成したアプリを開いてカスタマイズをしてみよう
  3. 【App Maker】アラート表示を例にスクリプトの最初の一歩について解説します
  4. App Makerでウィジェットの文字列を変更するスクリプトを解説します

The following two tabs change content below.
株式会社プランノーツ代表、コミュニティ「ノンプロ研」主宰。1976年こどもの日生まれ。東京板橋区在住。「ITで日本の『働く』の価値を上げる!」をテーマに、VBA&GASの開発、講師、執筆などをしております。→詳しいプロフィールはコチラ ★ご依頼・ご相談はお気軽にどうぞ!→お問い合わせはコチラ ★フォロー頂ければ嬉しいです。

コメント