App MakerではじめてのCloud SQLのモデルを作成する方法


create-model

photo credit: arbyreed Spare via photopin (license)

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

ノンプログラマー向けにCloud SQLのはじめかた&それによるApp Makerアプリの作り方についてシリーズでお伝えしています。

前回の記事はこちら。

App Makerのデータベースとして作成したCloud SQLのインスタンスを設定する方法
ノンプログラマー向けにCloud SQLのはじめかた&App Makerアプリの作り方についてシリーズでお伝えしています。今回は、作成したCloud SQLのインスタンスをデータベースとして設定していきます。

G Suite管理コンソールでApp MakerのデータベースとしてCloud SQLインスタンスを設定する方法をお伝えしました。

これで、ようやくApp Makerでアプリケーションを作成する準備が整いましたね。

ということで、今回はApp MakerではじめてのCloud SQLのモデルを作成する方法を進めていきます。

では、行ってみましょう!

App Makerで新規アプリケーションを作成する

では、まずApp Makerで新規アプリケーションを作成していきます。

以下アドレスにアクセスします。

Google Developers
Google Developers コミュニティに参加しよう

「CREATE NEW APP」をクリックすると、新たなアプリケーションを作成することができます。

App Makerで新たなアプリケーションを作成する

「Create new app」の画面ではさまざまなテンプレートから新規アプリケーションの作成をすることができます。

ただ、今回は空白のアプリケーションを作っていきます。

ということで「Blank Application」の「SELECT」をクリックです。

App MakerでBlank Applicationを選択する

これで、新規アプリケーションの作成はできました。

App Makerの3つの要素

「Untitled App」という名前のアプリケーションが作成されました。

新規のApp Makerのアプリケーション

ただ、「Blank Application」ですから、中身は空っぽです。

それで、App Makerでは以下の3つの部分を作成し、それぞれを設定したり、連携させたりしてアプリケーションを作成していきます。

  • モデル: 「DATA」。いわゆるデータベース。今回はCloud SQLインスタンスを使用する
  • ページ: 「PAGE」。ユーザーが操作するためのページ。ウィジェットを配置してUIを作成する
  • スクリプト: 「SCRIPT」。UIの操作を受けての処理や、GASで他のGoogleアプリケーションを呼び出したりする

これらは、App Makerの画面左側のメニューからそれぞれ作成したり、アクセスしたりできます。

これまでのシリーズの記事で、Cloud SQLをデータベースとして使用できるようにしましたので、そのインスタンス上にこの新規のアプリケーションの「モデル」を作成していきます。

Cloud SQLによるモデルを作成する

では、Cloud SQLによるモデルを作成していきましょう。

今回は、以下のスプレッドシートに表されるような従業員データをデータベースとして作成してきます。

App Makerのモデルのもととなるスプレッドシート

このスプレッドシートも後で活躍しますので、作っておいてくださいね。

新規モデルを作成する

では、App Makerに戻りまして、「DATA」の右側に表示される「+」ボタンをクリックします。

App Makerでモデルを追加する

ここから新規のモデルを作成することができます。

モデルの種類を選択する

「Create Model」というダイアログが表示されますので、モデルの種類を選択します。

色々な種類がありますが、迷うことなく「Google Cloud SQL(recommended)」を選択して「NEXT」です。

App MakerのCreate ModelでCloud SQLを選択する

モデルの名前を決定する

続く「Create Cloud SQL Model」のダイアログでは、モデル名とオプションを設定していきます。

まずモデル名、すなわち「Model name」には今回は「EmployeeData」としておきます。

そして「IMPOERT FIELDS」をクリックしてください、

App Makerでモデル名を設定する

そうすることで、モデルのフィールドについて既存のスプレッドシートからインポートすることができます。

スプレッドシートのフィールドをインポートする

続いて「Create Model from a CSV file or Google Spreadsheet」というダイアログに遷移します。

先ほどのスプレッドシートからインポートをしたいので、ここのラジオボタンは「Use a Google Spreadsheet」を選択します。

それで「SELECT A SPREADSHEET…」をクリックです。

App Makerのモデルをスプレッドシートをもとに作成する

次の「Choose a spreadsheet to use a template for a model」では、インポート対象のスプレッドシートを検索して選択します。

検索窓に「従業員データ」などと入力すると、候補が出てきますので該当のスプレッドシートを選択した上で「Select」です。

App Makerのモデルのもととなるスプレッドシートを選択する

続いてシートを選択して、見出し行をフィールドとして使ってよいのであれば「Use the first row values as field names」にチェックを入れて「NEXT」です。

App Makerのモデルのフィールド名に最初の行を使用する

これで以下のようにフィールド名がインポートされるので問題なければ「CREATE」としてください。

App MakerでCloud SQLのモデルを作成する

App Makerで作成したモデル

これで、App Makerのはじめてのモデルの作成が完了しました。

左側にモデル「EmployeeData」が表示されていると思います。

また、その左には「SQL」というアイコンがあり、Cloud SQLによるモデルということもわかります。

選択すると、「FIELDS」タブで以下のようにフィールド一覧を確認することができます。

App MakerでCloud SQLのモデルを作成した

データベースとして必要となるPRIMARY KEYとしてフィールド「Id」が自動で追加されているのも確認できますね。

まとめ

以上、App MakerではじめてのCloud SQLのモデルを作成する方法をお伝えしました。

スプレッドシートをインポートしなくてもモデルの作成はできますが、G Suiteユーザーであればこちらのほうが便利なときがありますね。

次回は、ページを作成してアプリケーションを作り込んでいきます。

App MakerでCloud SQLをデータベースとしたテーブルをページに配置する方法
ノンプログラマー向けにCloud SQLのはじめかた&App Makerアプリの作り方についてシリーズでお伝えしています。今回は、App Makerでテーブルをページに配置する方法をお伝えします。

どうぞお楽しみに!

連載目次:Cloud SQL&App Makerアプリ開発のはじめかた

App Makerを使うならデータベースはGCPのCloud SQLが第一の選択肢になりました。そこで、ノンプログラマー向けにCloud SQLのはじめかた&それによるApp Makerアプリの作り方を易しく丁寧にお伝えしていきます。
  1. はじめてのCloud SQLによるApp Makerアプリ開発、その概要と経緯と道筋
  2. Google Cloud Platform(GCP)に無料トライアル登録をする方法
  3. G Suite管理コンソールからApp Makerのデータベース設定を行う方法
  4. ノンプログラマー向けApp Maker用のCloud SQLのインスタンスを作成する方法
  5. App Makerのデータベースとして作成したCloud SQLのインスタンスを設定する方法
  6. App MakerではじめてのCloud SQLのモデルを作成する方法
  7. App MakerでCloud SQLをデータベースとしたテーブルをページに配置する方法
  8. App MakerでCloud SQLデータベースにデータ追加するフォーム作成する方法
  9. App Makerがなぜ簡単にアプリを開発できるのか、その秘密を紐解く
  10. はじめてのCloud SQLをデータベースとしたApp Makerアプリを公開する方法
  11. App Makerで使い回しパーツを作るPage Fragmentを作成するはじめの一歩
  12. App MakerでPage Fragmentによるヘッダーを各ページに配置する手順
  13. App MakerのPopupページでナビゲーションメニューを作成する方法
  14. App Makerでアプリを再公開して修正内容を反映する手順
  15. App Makerでテストアプリを作成したらCloud SQLはいくらの課金が発生するのか?

  投稿者プロフィール

タカハシノリアキ株式会社プランノーツ 代表取締役
株式会社プランノーツ代表、コミュニティ「ノンプロ研」主宰。1976年こどもの日生まれ。東京板橋区在住。「ITで日本の『働く』の価値を上げる!」をテーマに、VBA&GASの開発、講師、執筆などをしております。→詳しいプロフィールはコチラ
★ご依頼・ご相談はお気軽にどうぞ!→お問い合わせはコチラ
★フォロー頂ければ嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました