【App Maker】アラート表示を例にスクリプトの最初の一歩について解説します

★気に入ったらシェアをお願いします!


について

alert

photo credit: Parto Domani kangaroo sign0 via photopin (license)

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

初心者向けのApp Makerでアプリを作るチュートリアルをお送りしています。

前回はこちらの記事。

【初心者向けApp Maker】作成したアプリを開いてカスタマイズをしてみよう
初心者向けのApp Makerでアプリを作るチュートリアルをお送りしています。今回は、作成したアプリを開いて、ラベルウィジェットの設置、テキストがnullだった場合の分岐処理の追加などの修正をしていきます。

アプリの作り方はお伝えしたのですが、スクリプトの説明をすっ飛ばしてきてしまいましたので、今回じっくり紹介します。

まず、App Makerで使用する二種類のスクリプトについて、またウィジェットの値をアラート表示するスクリプトについて解説をします。

では、行ってみましょう!

App Makerのスクリプトとは

App Makerで作成したアプリケーションにはJavaScriptベースのスクリプトを仕込むことができますが、大きく分けて二種類あります。

クライアントスクリプトとサーバースクリプトです。

クライアント サーバー
動作する場所 PCブラウザ上 Googleサーバー上
JavaScript ブラウザのJavaScript Google Apps Script
トリガー UIイベント クライアントから呼び出し
仕込む場所 ウィジェットのイベント
またはApp Makerスクリプトエディタ
App Makerスクリプトエディタ

詳しくは以下解説をしていきますね。

クライアントスクリプト

クライアントスクリプトは、アプリケーションを実行しているPCのブラウザ上で実行されるスクリプトです。

ボタンをクリックした、ウィジェットの値が変更された、などのUIイベントをきっかけに発動して、HTMLドキュメントを操作したり、ウィジェットのプロパティを変更したりするのに使用します。

ブラウザのJavaScriptエンジンで動作するので、alert文やDOMオブジェクトを使用することができます。

また、サーバースクリプトを呼び出したり、データベースからデータを取り出したりすることもできます。

仕込む場所は

  • ウィジェットのイベントプロパティ
  • App Makerのスクリプトエディタ(Client)

のどちらかです。

これまでの記事で紹介したスクリプトはすべてクライアントスクリプトで、ウィジェットのイベントプロパティに仕込むタイプのものでした。

サーバースクリプト

一方で、サーバースクリプトは、App MakerサーバーつまりGoogleのサーバー上で実行されます。

Apps ScriptつまりGASとして実行されるので、GASの各サービスにアクセスできます。また、App Makerのサーバー側のオブジェクトにアクセスをすることができます。

ただ、Googleサーバー側で動作しますので、alert文などのブラウザの操作やDOM操作はできません。

仕込む場所はApp Makerのスクリプトエディタ(Server)です。

サーバー側のスクリプトについては、本シリーズの後のほうで詳しく解説をしますので、現段階では概要だけ確認しておいてください。

アラートを表示するスクリプト

では、前回までに作成したアプリ「Hello App Maker」についておさらいをしておきましょう。

ページHelloPageに、以下のような二つのウィジェットを配置していました。

Hello App Makerの概要

ウィジェット 名前(name) 説明
テキストボックス YourName 自分の名前を入力するテキストボックス
ボタン Button1 クリックするとアラートを表示する

Button1のonClickイベントに仕込んであるスクリプトは以下でした。

このスクリプトを解説していきましょう。

アラートダイアログを表示する

JavaScriptでアラートダイアログを表示するにはalertメソッドを使います。

alert(表示する内容)

GASしか使っていなかった人には夢のalertメソッドですね。

アプリケーションを表すAppオブジェクト

次からはApp Makerのオブジェクト構造になります。

まず、appは実行しているアプリケーションを表すAppオブジェクトで、グローバルオブジェクトです。

appからたどって、アプリケーションのすべての情報にアクセスすることができます。

ページを取得する

Appオブジェクトに含まれるページのコレクションを取得するにはpagesプロパティを使います。

書式はこちらです。

Appオブジェクト.pages

pagesプロパティで取得するデータ型はプロパティマップ(PropertyMap)というタイプで、以下のようにコレクションに含まれる要素をオブジェクトの名前(nameプロパティ)を指定することで取得することができます。

プロパティマップ.nameプロパティ

ですから

は、HelloPageページを取得したことになります。

なお、ページはLayoutWidgetというウィジェットの一種として扱われているようです。

ページのウィジェットを取得する

続いて、ページ(LayoutWidget)に含まれる子ウィジェットをコレクションとして取得します。descendantsプロパティを使います。

書式はこちら。

LayoutWidgetウィジェット.descendants

descendantsプロパティで取得するデータ型もPropertyMapですので、含まれるウィジェットをnameプロパティで取得できます。

つまり

は、HelloPageページの配下のウィジェットYouNameを取得します。

テキストボックスの値を取得する

YourNameはTextBoxウィジェットですが、その入力された値を取得するにはvalueプロパティを使います。

TextBoxウィジェット.value

これで、テキストボックスYourNameの値を取得できました。

この内容を使用してHelloと!を連結してアラート出力するという命令が以下になりますね。

まとめ

以上、App Makerのスクリプトについて、またApp Makerでウィジェットの値をアラート表示するスクリプトについて解説をしました。

  • クライアントスクリプトとサーバースクリプト
  • 実行するアプリケーションを表すAppオブジェクト
  • ページのコレクションを取得するpagesプロパティ
  • PropertyMap型とそこからnameプロパティで要素を取得する方法
  • LayoutWidgetウィジェットの子ウィジェットを取得するdescendantsプロパティ
  • TextBoxウィジェットの値を取得するvalueプロパティ

たくさんのプロパティが登場しましたが、それぞれの意味が分かってしまえばそんなに難しくもないと思います。

次回は、ウィジェットの文字列を変更するスクリプトについてその意味を解説していきます。

App Makerでウィジェットの文字列を変更するスクリプトを解説します
初心者向けApp Makerの使い方チュートリアルをお送りしています。App Makerのウィジェットの文字列を変更するスクリプトについて詳しく解説します。ウィジェットを変数に格納、if文による分岐などを使います。

どうぞお楽しみに!

連載目次:初心者向けApp Makerチュートリアル日本語版キャプチャ付

Googleが提供するWebアプリケーション開発プラットフォーム「App Maker」。ドラッグ&ドロップやクリック操作でページやデータベースを作成できます。この連載は、App Makerの操作感やアプリの作成イメージをつけていただくための、App Maker初心者向けのチュートリアルです。
  1. App Makerとは何か、またその超簡単なアプリケーション開発のイメージをお伝えします
  2. 超初心者向けApp Makerでとっても簡単な初めてのWebアプリケーションを作ってみよう
  3. 【初心者向けApp Maker】作成したアプリを開いてカスタマイズをしてみよう
  4. 【App Maker】アラート表示を例にスクリプトの最初の一歩について解説します
  5. App Makerでウィジェットの文字列を変更するスクリプトを解説します
  6. App Makerでデータベースを作成する「モデル」への最初の一歩
  7. App Makerでアプリに簡単なフォームとテーブルを設置する
  8. App Makerのウィジェットにデフォルトで仕込まれているバインディングとアクションが超ありがたい