祝・増刷決定!拙著「ExcelVBAを実務で使い倒す技術」が異例のスピードで達成しました!

★気に入ったらシェアをお願いします!


ブックファースト新宿店にて「ExcelVBAを実務で使い倒す技術」を発見

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

先日4/20に発売されました拙著ExcelVBAを実務で使い倒す技術

ExcelVBA本なんて、それはもう山ほど出版されています。乱発されすぎてさすがに売れないのでは…?

そんな声もチラホラ聞こえてきたものですが…

なんと!

発売からたったの一カ月で!

増刷決定!!

デビュー作なので、自分にはよくわからなかったのですが、編集さん曰く「Office関連本では異例のスピード」だそうです。

皆さまのおかげです。ありがとうございます!

今回は、増刷決定のお知らせなので以上でも良いのですが、Amazonのランキングなどをずっとウォッチしていましたので、どのような推移だったのか、その要因などについてまとめておきたいと思います。

Amazon在庫切れ…緊急増刷により解消しました!

なんと、5/23からAmazonでの通常購入できない状況になってしまいました…。

通常は「カートに入れる」ってボタンあるのですが、現時点では「すべての出品を見る」つまり、ショップの出品では買えるようなのですが、2,664円~ということで若干割高で売られていました。

ExcelVBAを実務で使い倒す技術のAmazon販売ページ

ですが、安心してください。

6/1に、ようやくAmazonの在庫切れが解消されました!

Amazonの在庫切れが解消

また、書店でも在庫ありますので、以下リンクからお近くの書店をチェックしてご購入下さいませ。

売れた要因を分析してみる

私、細かい性格なものですから、Amazonのランキングを毎日ちょこちょこチェックしているんですね。

Amazonのランキングは1時間ごとの更新ということで、なるべく朝9時台(日によってその限りではないのですが)に毎日1回の観測をしていました。

以下が、「本」の売れ筋ランキングの推移です。

「ExcelVBAを実務で使い倒す技術」Amazonランキング推移

各マークの意味は以下の通りです。

  • 青●:自前のブログ記事で告知
  • 赤●:ブロガーさんの書評公開
  • 橙★:Amazonのレビュー(数字は星の数)

予約開始直後は低迷も「ももね砲」で急上昇

Amazon予約開始時点では2,000番ちょっとくらいでスタートしたのですが、その後はぎゅーんと落ちて、4/13あたりは30000位台まで落ちました。

この間、自分のブログでは何記事かで告知をしたのですが、一定の効果はありつつも、そのままではしんどかったのかも知れません。

ですが、4/17に発動した「ももね砲」(タカハシ命名)で急激に回復。以下記事が大反響とのことで、プレゼント企画も60件以上の応募があったとのこと。

「ExcelVBAで何となくフォームが作れたけれど、これでいいのかしら?」 請求書を作成するために、ExcelVBAで自動化処理をして何となく作ってみたけれど、どうやって作ったのかさっぱり覚えていない・・。 何となくコー …

おかげで2,000番台まで一気に駆け上がりました。

感謝しかありません。

発売後はブロガーさん声が支えてくれた

4/20以降の発売後には、ブロガーさんたちが書評記事をたくさん書いて下さいました。

以下特設ページにて全て紹介していますので、ぜひご覧くださいませ。

書籍「ExcelVBAを実務で使い倒す技術」発売についてのお知らせ
「ExcelVBAを実務で使い倒す技術」という本を書きました!本ページは書籍「ExcelVBAを実務で使い倒す技術」の情報を発信していく特集ページ。お知らせ、関連記事、書評のご紹介などを随時更新していきます。

おかげで、以降2,000番台をキープすることができています。

やっぱり自分での発信も大事ですが、他の方に発信をして頂けるというのは大事だなと…つくづく思いました。

ところで、本書。

実は、ブロガーさんに書いて頂けるように、とある工夫がされているのです。

カバーが黒。これはこれで書店で目立つようになっている(他のExcel本は白地に緑が定番ですから)のですが、「マット」になっていますから、光が反射しない…つまり写真が撮りやすいんです。

気付いてました…?

編集さんのアイデアに脱帽です。

Amazonレビューのパワーを思い知る

そして、5/1以降はAmazonレビューがつくようになって、最近では安定して2000位以内、最高で592位に入りました。

書評記事よりはリアルな批判をもらう可能性もあるので、著者としてはドキドキして確認すました。

ですが、蓋を開けてみると飛び上がりたいくらい嬉しいコメントばかりでした。

この値段なのにカラーで見やすいですし、VBEを使い現場で業務をされる皆様におすすめです。著者の次の書籍にも期待しちゃいます。関係ないですが、大学の後輩なのも親近感(笑

面識はないですが、大学の後輩さん…最初に頂いたコメントだったので、すごく嬉しかったのを覚えています。

電通大で良かった…!

自分はExcel VBAのSE・プログラマーで、こういう本を読み漁ってたりしますが、今までで一番、『開発方法』に特化してる良書!!
自分が苦労して習得した事のほとんどがこの本にあってビックリし、感動しました。(あの時にこの本があれば、どれだけ苦労を減らせたか・・・)
Excel VBA ってこういう本がほんと無い…(あったとしても、自分は今のとこ出会ってないです…)

そうなんです!

私自身さんざん困ったことがたくさんありましたので、「こんな本があったらな~」というのをまとめましたので、読者の皆さまにもそう感じて頂けてとても嬉しいです。

ひとつだけ残念なのはVBEの画面写真が筆者オススメという黒画面に白文字のため、紙面では文字がつぶれかけて読みづらい点。特にコメントは判読に苦労した。それ以外は情熱を感じる語り口も見事で初心者から脱皮を目指す方々に自信を持ってお勧めできる良書だ。

なるほど…確かに、キャプチャ画像のコメント、誌面だと若干読みづらいかもですね。

勉強になりますね。

本屋で内容を確かめて買いました。
本屋で買うかどうかを決めることをおススメします。
なぜかというと、エクセル本にしては書いてあることが特殊だから。

おっしゃる通り、本書は数あるExcelVBA本がある中で誰も書いてこなかった「今までにないチャレンジ」を形にしたものでした。

内心、受け入れられるかどうかドキドキしていましたが、確かなニーズがありました!良かった…!

3日たらずで数年分の知識と知恵が身につくよう内容を整理整頓して書かれている。
著者のただならぬ思いがふしぶしから感じとれる。文句無しに星5の内容だ。

ただならぬ思い…そういうのも本で伝わるものなのでしょうか。

そのあたりは、また機会があれば記事にして書きたいと思います。

さいごに

増刷決定の著者の気持ち、味わうことができました。

この連絡をいただいたとき、私は電車の中にいたのですが、執筆していた時期はもちろん、仕事でやられていた時代のことも思い出して、思わず涙が出そうになっちゃいました。

本を書けるとなったときも嬉しかったですが、やっぱりそれ以上に書いたものが世の中に受け入れられるというのは、より一層嬉しいものですね。

ですが、まだまだスタートしたばかり。浮かれすぎずに、これからも頑張ります。

謙虚に、コツコツと。

書籍「ExcelVBAを実務で使い倒す技術」関連記事

書籍「ExcelVBAを実務で使い倒す技術」に関連して、本書自体や、本を書くということ、イベントレポートなどを連載していきます。
  1. 書籍「ExcelVBAを実務で使い倒す技術」発売についてのお知らせ
  2. なぜ、ExcelVBAの「実務」に特化した本が必要なのか
  3. ExcelVBAについて…ブログでは伝えられないことが書籍なら伝えられる
  4. ブログ開設からたった2年で私が出版のチャンスを得た理由
  5. ExcelVBA本を一冊書くには、どれだけの文字数と、どれだけの時間が必要だったか
  6. 祝・増刷決定!拙著「ExcelVBAを実務で使い倒す技術」が異例のスピードで達成しました!
その他、本書に関する裏話や出来事などについてレポートをしていきますね。 どうぞお楽しみに!

コメント

  1. SGO より:

    おめでとうございます!! 
    すばらしいです!! 友人にもすすめています^^