【エクセルの条件付き書式を活用しよう】さまざまな書式ルールの設定と適用順位を理解する


条件付き書式3サムネイル

こんにちは!もり(@excelprog)です!

「エクセルの条件付き書式を活用しよう」をシリーズでお届けしています。

前回の記事では、基本のルール一覧と、書式の設定方法を紹介しました。
これで条件付き書式の基本操作をマスターして、色々な設定ができるようになったかと思います。

【エクセルの条件付き書式を活用しよう】書式の設定方法をマスターして基本のルールを使いこなす
エクセルの条件付き書式をマスターするシリーズ。第二回目は「セルの強調表示」で用意されているさまざまな条件を使いこなす方法と、「書式」を自由に設定する方法を紹介しています。

今回の記事では、この2点を紹介します。

  • 「基本のルール」以外の「新しいルール」の設定方法
  • 1セルに複数ルールを設定する場合の適用順位

ここまでマスターすれば、実務でも十分に使いこなせるレベルになります。

さぁみていきましょう!

「新しいルール」でルールを設定する

今回も、このような点数表のサンプルを使っていきます。
conf3-0

これまでの記事では「セルの強調表示一覧」にある7つのルールを紹介しましたね。

でも、「ルールって7つだけ?もっとバリエーションないの?」って思いますよね。大丈夫です、ありますよ!

「ホーム」タブ→「条件付き書式」→「新しいルール」をクリックします。

conf3-1

この「新しいルール」を使用することで、実にたくさんのルール設定ができます。

すべては紹介しきれないので、この記事では「新しいルール」の中から厳選した2つのルールを紹介します。

セルの値に関する条件を使いこなす

これまで紹介してきた「基本のルール一覧」の中に指定の数値と比較して書式をつけるルールがありましたね。この2つです。

  • ~より大きい
  • ~より小さい

簡単に表にしてみます。

符号で表すと 意味 90を
x > 90 90 より大きい 含まない
x < 90 90 より小さい 含まない
x >= 90 90 以上 含む
x <= 90 90 以下 含む

ここでは、実務でよく使う「~以上」の設定方法を紹介します。

点数表のB列国語が90点以上のセルに書式を付けます。

「指定の値を含むセルだけを書式設定」を選択。
conf3-2

「セルの強調表示一覧」には無かった多くのルール設定ができるんですよ。

「90点以上」という条件でルール設定するので、「次の値以上」を選択します。

conf3-3

つづいて、条件の欄に90と入力して「書式」を押します。

書式の設定方法はこれまでの記事と同じです。フォントやセルの色などを設定できます。セルの色を黄色にしてみます。

conf3-4

90点以上(90を含む)のセルが黄色になりました。conf3-5

エクセルの仕様で文字列にも書式設定がされてしまうので、ここはルールをクリアしておきましょう。
対象のセル(B1セル”国語”)を選択して、「ルールのクリア」→「選択したセルからルールをクリア」です。conf3-6

ぜひ、他のたくさんのルールも試してみてくださいね。

空白セルに書式を付与する

エクセルでデータ管理をしていて困るのが、「セルへのデータ入力漏れ」ですよね。入力すべきセルが空白の場合に色が付いていれば、入力漏れを防ぐことができますね。

テストの採点状況を管理するチェック表です。採点が終了した科目に「済」と入力して進捗を管理しています。

ここで、「空白セル」が目立つようにルールを設定してみます。ルールを設定するB2セル~D11セルを選択します。

conf3-7

「条件付き書式」→「新しい書式ルール」を選択したら、下記のとおり選択します。

「書式」でセルを赤色にしてみます。

conf3-8

B2~D11の空白セルが赤色になりました。

「ここ入力が必要だよ!完了したらちゃんと入力してね!」と言わんばかりに警告してくれています。ありがたいですね。

conf3-9

実際にお手元のエクセルで設定をすると、この2つの動作がわかるかと思います。ぜひためしてみてくださいね。

  • セルにデータを入力すると赤色が消える
  • セルのデータをクリアして空白になると再度赤色になる

ルールが適用される順位を理解する

これまで紹介してきたルールは、「1つのセルにつき1つのルール」のみでした。

実務では、1つのセルに対して複数のルールを設定する場面がありますよね。

この成績表を使って紹介します。国語の点数に応じて色をわけてみます。

  • 90点以上の場合
  • 80点以上の場合
  • 70点以上の場合

B列の国語の点数に対して、このように3つのルールを設定します。

conf3-11

3つのルールを設定した結果ですが、すべて70点以上のルールが付いてしまってますね。

conf3-12

ここで重要なのが、1つのセルに複数ルールを設定した場合、適用順位があることです。

「ルールの管理」で確認してみましょう。

”ルール(表示順で適用)”と書いてある通り、上から順番にルールが適用される仕組みになっています。

つまり、「セルの値>=70」のルールが最も優先されるため、すべてのセルにこのルールが適用されています。

conf3-13

上下の矢印を使用して適用順を変更します。上から90→80→70の並びにしてOKをクリック。

これで想定どおりのルール設定ができました。

conf3-15

まとめ

今回の記事では、この2点を紹介しました。

  • 「新しいルール」を使用してより多くのルール設定をする方法
  • 1つのセルに複数ルールを設定した場合の適用順位を理解する

ここまで習得すれば、条件付き書式はほぼマスターできました!

いや、まだまだ物足りないですよね?

次回は、数式を使用したオリジナルルールの設定方法を紹介していきますよ。

【エクセルの条件付き書式を活用しよう】数式を使用してオリジナルのルールを作る
エクセルの条件付き書式をマスターするシリーズ。第四回目は「数式を使用した書式設定」です。条件判定するセルと書式設定するセルを分ける方法、複数列に一括で書式設定をする方法を紹介しています。

 

連載目次:エクセル条件付き書式を活用しよう

エクセルの条件付き書式を使いこなせると資料の作成・管理がとても便利になります。指定の数字に等しいセルに色を付ける、重複データに色を付ける、そんな作業が自動でできる優秀な機能を一から紹介しています。

  1. 【エクセル条件付き書式】その仕組みがわかる最初の一歩
  2. 【エクセル条件付き書式】書式の設定方法をマスターして基本のルールを使いこなす
  3. 【エクセル条件付き書式】さまざまな書式ルールの設定と適用順位を理解する
  4. 【エクセル条件付き書式】数式を使用してオリジナルのルールを作る
  5. 【エクセル条件付き書式】関数を組み合わせて高度なルール設定をする

コメント