【4/14開始】「GoogleAppsScript完全入門」に関するクラウドファウンディング企画のお知らせ #GAS本


GAS本クラファン

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

突然ですが、4/14からクラウドファンディングのプロジェクトをスタートしましたので、お知らせです!

プロジェクトのタイトルはこちら。

「最新の『Google Apps Script完全入門』をいち早く世に届けたい!」

公開中プロジェクトページはこちら!

最新の『Google Apps Script完全入門』をいち早く世に届けたい!
スプレッドシートやGmailなどを操作することができるプログラミング言語Google Apps Scriptは去る2月に大幅なアップデートがありました。それに伴い、唯一のバイブルともいえる「詳解!Google Apps Script完全入門」の第2版の早期出版を実現するのを目指すプロジェクトです。

さて、今回の記事では、このクラウドファンディング企画がどういったものなのか、またなぜこのプロジェクトを立ち上げたのかについてお伝えします。

では、行ってみましょう!

クラウドファンディング企画の概要

今回のクラウドファウンディングの概要は、このようなものです。

拙著「詳解! GoogleAppsScript完全入門」の第2版の早期出版を実現するために、皆さまから事前にご購入やご支援をいただきたい

「なんでそんな早く出さなきゃいけないの?」とか「そんなのタカハシが頑張れば早く出せるでしょ」とか…という話はたしかにあるのですが、色々な想いや事情がありまして…汗

その、色々な想いや事情について、以降で詳しくお伝えしていきますね。

「詳解! GoogleAppsScript完全入門」について

今回のクラウドファウンディング企画は、私が執筆してすでに出版されている書籍「詳解! GoogleAppsScript完全入門」に関するものです。

この書籍は、スプレッドシート、ドライブ、Gmail、カレンダーなどを操作できるプログラミング言語Google Apps Scriptの初心者ノンプログラマー向け入門書です。

通称「GAS本」と読んでます。

書籍「詳解!Google Apps Script完全入門」発売についてのお知らせ
「詳解! GoogleAppsScript完全入門 ~GoogleApps & G Suiteの最新プログラミングガイド~」という本を書きました!本ページでは、本書のお知らせ、書評などの情報を発信していく特集ページです。

初版が発売されたのは、2017年12月。

たくさんの方に読んでいただきまして、増刷を重ねること5回。

今でも好調に推移していて、Amazonのランキングでは書籍全体で数千番台につけています。

GASに関する書籍が少ないということはありますが、とてもありがたいことですし、GASの需要があるというのは嬉しいことです。

GAS本、第2版のお誘い

実は出版社さんからは、かなり前から「GAS本の第2版を書きませんか?」というご相談をいただいていました。

しかし、私は待っててもらうようにお願い続けていました。

というのも、今から約2年前の「Google Cloud Next ’18」にて、「GASの構文をモダンなものにアップデートするよ」という発表がなされていたからです。

Notes on the future of Google Apps Script from Google Cloud Next ‘18 #GoogleNext18 – MASHe

記事にはこうあります。

A common request is updating the JavaScript syntax to be able to use more modern features and libraries.

せっかく第2版を執筆しても、GASの構文が刷新されてしまったら、また書き直さないといけません。

なので、モダンな構文が使えるようになってから、第2版の企画を進めたほうがよかったのです。

突然やってきた「V8ランタイム」

長らく待たされていたのですが、その「Xデー」は突然やってきました。

2020年2月5日に、GASのJavaScriptエンジンとして「V8ランタイム」がサポートされたことで、モダンな構文が一気に使えるようになりました。

祝!Google Apps Scriptが「V8ランタイム」をサポート!モダンなECMAScript構文が使えるようになった
2020年2月6日、Google Apps Scriptが「V8ランタイム」をサポートしたという一報がありました。これにより、ECMAScript構文が使えるなど改善されましたのでその概要をお伝えします。

これにより、GASのコードが書きやすくなり、世の一般的なJavaScriptと同じようにコードが書けるようになりました。

V8ランタイムを迎えてタカハシがやるべきこと

しかし、タカハシにとっては大忙しの日々のはじまりです。

過去に残してきた古い情報たちを刷新するというタスクが大量に生まれましたから。

主に以下の3つです。

  1. 講座で使用している初級GAS講座、中級GAS講座、合計12×2時間分のスライド
  2. ブログで公開している300以上のGAS関係の記事
  3. 全464ページの書籍「詳解! GoogleAppsScript完全入門」

1の「講座」については、本記事執筆時点では完了しており、実際に来週4/6から開講する初心者GAS講座は「V8版」でお送りしていきます。

2の「ブログ」については人気シリーズから順にリライトをしていて、現在70記事以上を完了しています。引き続き進めます。

これらについては、以下の記事でも詳しくお伝えしていますのでご覧ください。

GASの「V8ランタイム」アップデートを受けて私がやるべきことリスト
2020/2/5にGASのアップデートがあり「V8ランタイム」がサポートされました。過去残してきたブログの記事、書籍、講座用のスライドなど…本記事では、それら私がやるべきことリストをお伝えします。

ただ、悩ましいのが、3の「書籍」。

書籍の改版は、どうしてもすぐにはできない理由がありました。

改版作業とその工数

まず、GAS本の改版作業にはかなりの工数が必要であることが想定されています。

第2版とはいえ、今回の「V8」アップデートは、変数宣言やログ出力、文字列表記、関数リテラル、繰り返し、クラス定義など、言語の根本的なところがごっそり刷新されています。

ほぼすべてのソースコードは書き直しです。

また、GASやG Suiteのアップデートも2年半分あるので、UIなどもかなり変わっていて、画面キャプチャもほぼ撮り直しです。

あと、要望の多かった「フォーム」や、この2年半でG Suite Servicesの仲間入りをした「スライド」なども追加で入れるべき。

となると、まるまる一冊とは言わずとも、それとかなり近い作業量が想定されます。

ちなみに、現時点の構成案はこちらです。

01章 Google Apps Scriptの基礎知識
02章 スクリプトエディタ
03章 Apps Scriptダッシュボード(★追加)
04章 基本構文(★大幅変更)
05章 制御構文(★一部追加)
06章 関数(★大幅変更)
07章 オブジェクトの仕組み(★大幅変更)
08章 JavaScriptの組み込みオブジェクト(★一部追加)
09章 スプレッドシート
10章 Gmail(★一部追加)
11章ドライブ
12章 カレンダー
13章 ドキュメント
14章 スライド(★追加)
15章 フォーム(★追加)
16章 翻訳
17章 Baseサービス(★一部追加)
18章 イベントとトリガー(★一部追加)
19章 ユーザーインターフェース
20章 ファイルとデータの操作
21章 Utilitiesサービス(★一部追加)
22章 外部サイトへのアクセス
23章 プロパティサービス
24章 ライブラリ

全面的に変更や差し替えが入りますが、章全体を追加する「★追加」、章に一部を追加する「★一部追加」、章を大幅変更する「★大幅変更」としています。

少なくとも数ヶ月くらいの執筆作業が必要で、その後に校正作業、印刷・配本を経て書店に並びます。

すると、どうやっても半年以上の期間は必要になってしまいます。

他の執筆も進行中

個人的な事情もあります。

実は今、タカハシは別の書籍の執筆を抱えていて、初夏くらいまではGAS本の第2版の作業にそもそも着手できないのです。

ですから、初夏から作業開始して、そこから半年…うまくいって2020年内に出せれば…というスピード感です。

しかし、それまでの間、GASの門を叩くノンプログラマーに、古い情報の書籍しか提供できないというのは、たいへん心苦しいところがあります。

クラウンドファンディングが実現すること

そこでタカハシは考えました。

クラウンドファンディングで資金を集めようと。

そうすれば、GAS本の第2版の作業を前倒しで着手できると。

そのカラクリはこうです。

実は、執筆のお仕事についてなのですが、私の場合、稼働の100%を充てるということはしておらず、だいたい半分程度までしか充てていません。

残り半分は何をしているかというと、企業様からの依頼をお受けしたり、コミュニティの運営をしたり、別のお仕事をしています。

なぜかというと、執筆のお仕事の特性上、その長い年月の執筆期間中にはその対価は得られないからです。

それは、書籍が発売されてからようやく印税というカタチで受け取ることができます。

つまり、執筆のお仕事に稼働の100%を充てちゃうと日々の生活費が稼げなくなっちゃうのです。

逆に言えば、日々の生活費の分が確保できれば、残りの約半分も執筆に充てられます。

そこで、このクラウドファンディング企画です。

事前にいろいろなカタチで、書籍やいろいろな商品をご購入・ご支援をいただくことで、その確保をしようと考えたのです。

書籍はもちろん、講座やコミュニティ参加など、いろいろなリターンを用意していますので、ぜひ覗いてみていただければと思います。

まとめ

以上、クラウドファウンディング企画「最新の『Google Apps Script完全入門』をいち早く世に届けたい!」についてのお知らせでした。

私としては、早めに書籍が手に入ることのアドバンテージをどれだけ感じてもらえるか…チャレンジではあります。ドキドキです。

ですが、このプロジェクトがうまくいけば、きっとGASを使おうとしている皆さんの「『働く』の価値を上げる」ためにプラスになると思っています。

また、クラウドファンディングという、いつもとは異なるカタチで「GAS」が人々の目に触れるのも、GASの啓蒙という点で、貢献できるのではないかとも思います。

本プロジェクトのページはこちらです。

最新の『Google Apps Script完全入門』をいち早く世に届けたい!
スプレッドシートやGmailなどを操作することができるプログラミング言語Google Apps Scriptは去る2月に大幅なアップデートがありました。それに伴い、唯一のバイブルともいえる「詳解!Google Apps Script完全入門」の第2版の早期出版を実現するのを目指すプロジェクトです。

ぜひ覗いてみてくださいませ。

どうぞよろしくお願いします!!

書籍「詳解!Google Apps Script完全入門[第2版]」関連記事

書籍「詳解!Google Apps Script完全入門[第2版]」に関連して、本書自体や、執筆に関する裏話や出来事、ノウハウ、イベントレポートなどを連載していきます。
  1. 書籍「詳解!Google Apps Script完全入門 [第2版] 」発売についてのお知らせ
  2. 【4/14開始】「GoogleAppsScript完全入門」に関するクラウドファウンディング企画のお知らせ #GAS本
  3. 11/30発売「詳解!Google Apps Script完全入門[第2版]」のまえがきを全文無料公開
  4. 「詳解! Google Apps Script完全入門」の第2版、何が変わったのか?
  5. 「詳解!GoogleAppsScript完全入門[第2版]」の改訂作業にかかった時間と苦労
  6. 本日発売「詳解!GoogleAppsScript完全入門[第2版]」のあとがきを全文無料公開

タイトルとURLをコピーしました