Google Apps ScriptでTrelloのリスト一覧とカード一覧を取得する

★気に入ったらシェアをお願いします!


みなさん、こんにちは!
タダケン(@tadaken3)です。

前回は、TrelloをGoogle Apps Scriptで操作するために必要なKey、Token、Board IDを取得する方法をお伝えいたしました。今回は、ボードの中にあるリストの一覧、リストの中にあるカードの一覧を取得する方法をお伝えします。

Google Apps ScriptでTrelloを操作するはじめの一歩
Google Apps ScriptでTrelloをAPIで操作する方法を解説します。今回は認証に必要なkeyとtokenを取得する方法と、取得したkeyとtokenをつかってボードIDを取得する方法をお伝えします。

前回のおさらい

前回はUrlFetchAppのfetchメソッドを使って、ボードの名前とIDの一覧を取得しました。リストの一覧やカードの一覧も同様にUrlFetchAppのfetchメソッドで取得してきます。

Trelloのリスト一覧の取得

Trelloのリストを取得するには、以下のURLに対してGETメソッドを送ります。前回の記事で取得したKeyやToken、Board IDの情報を使います。

https://trello.com/1/boards/[ボードID]/lists?key=[キー]&token=[トークン]&fields=name

わからない方はこちら記事をご覧になってみてください。

Google Apps ScriptでTrelloを操作するはじめの一歩
Google Apps ScriptでTrelloをAPIで操作する方法を解説します。今回は認証に必要なkeyとtokenを取得する方法と、取得したkeyとtokenをつかってボードIDを取得する方法をお伝えします。

実際のコードは以下のようになります。

実行するとログにリスト名とIDが以下のような形で取得されているかと思います。

Trelloのカード一覧の取得

次にリストにぶら下がっているカードの一覧を取得してみましょう。やり方は、リストの一覧とほぼ同じで、アクセスするURLを以下のように変更します。

https://trello.com/1/lists/[リストID]/cards?key=[キー]&token=[トークン]&fields=name

実際のコードは以下のとおりです。

実行するとログにカード名とIDが以下のような形で取得されているかと思います。

まとめ

今回は、ボードの一覧、カード一覧を取得する方法をご紹介しました。
次回は今回取得した情報を使って、スプレッドシートに保存する方法をお伝えしていきますね。

Google Apps ScriptでTrelloのカード一覧をスプレッドシートに保存する方法
Google Apps ScriptでTrelloのカード一覧をスプレッドシートに保存する方法をお伝えします。UrlFetchAppのfetchメソッドを使ってデータを取得し、getRangeメソッドとsetValuesメソッドでシートに保存します。

どうぞ、お楽しみに!

よろしければ、こちらからTwitterアカウントのフォローをお願い致します。

連載目次:Google Apps ScriptでTrelloを操作する

本シリーズではGoogle Apps Scriptで、Trelloを操作する方法をご紹介します。Trelloを操作することで、タスク管理も自動化することができます。
  1. Google Apps ScriptでTrelloを操作するはじめの一歩
  2. Google Apps ScriptでTrelloのリスト一覧とカード一覧を取得する
  3. Google Apps ScriptでTrelloのカード一覧をスプレッドシートに保存する方法
  4. 【Trello】Google Apps Scriptで明日締切のカード数をチャットワークで通知する方法

The following two tabs change content below.
『プランノーツ』ではGoogle Apps Script、Pythonを使ってのツールの開発をしています。本業はとある会社のデータアナリストです。 ブログ『肩の力を抜いて』の管理人もやっています。「ラクして成果を上げる仕組みを考える」をモットーにPython、Google Apps Scriptを使って、「実務で使える具体的なテクニック」を公開しています。あわせて読んでいただければうれしいです。