GASのバージョン管理をする拡張機能Google Apps Script GitHub アシスタントの導入方法

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

このシリーズでは、GASのバージョン管理のためのChrome拡張機能「Google Apps Script GitHub アシスタント」(以下GAS GitHubアシスタント)の使い方についてお伝えしています。

前回の記事はこちら。

GASのバージョン管理の課題とGoogle Apps Script GitHub アシスタントができること
Google Apps Script(GAS)のプロジェクトのバージョン管理をしたいとき、デフォルト機能だと物足りないものがあります。今回は、GASのバージョン管理の課題とGoogle Apps Script GitHub アシスタントができることについてお伝えします。

GASのバージョン課題の課題とGAS GitHubアシスタントの概要についてお伝えしました。

さて、今回からいよいよ使い始めますよ!

ということで、まず手始めにその導入方法をお伝えします。

GASのバージョン管理をする拡張機能Google Apps Script GitHub アシスタントの導入方法です。

では、行ってみましょう!

スポンサーリンク

Google Apps Script GitHub アシスタントのインストール

では、早速GAS GitHubアシスタントを進めていきましょう。

当然ですが、ブラウザはGoogle Chromeを使ってくださいね。

まず以下、ChromeウェブストアのGAS GitHubアシスタントのページにアクセスします。

Google Apps Script GitHub アシスタント
GitHub/GitHub Enterprise/Bitbucket/GitLabでGASのインラインコードを管理

Chromeウェブストアの「Google Apps Script GitHub アシスタント」のページ

すると、以下ダイアログが表示されますので、「拡張機能を追加」としてください。

拡張機能「Google Apps Script GitHub アシスタント」を追加

これで拡張機能の追加は完了です。

GASのプロジェクトを開いてみましょう。

ツールバーに以下のように、GAS GitHubアシスタントの機能が追加されていればOKです。

スクリプトエディタの「Google Apps Script GitHub アシスタント」の機能

これらの機能の使い方は順次お伝えしていきますよ!

GitHubとGASの認証

ところで、Google Apps Scriptも、GitHubもそれぞれメールアドレスとパスワードで保護されています。

つまり、以下のような双方向の許可が事前に必要になります。

  • GASからGitHubを操作するとき(コードを記録したり、リポジトリを作成したり)に、その操作をする許可が必要
  • GASのプロジェクトを操作するとき(GitHubからのコードをスクリプトエディタに反映するなど)に、GASのアクセス許可が必要

順を追って説明していきます。

あ、まずGitHubのアカウントが必要になりますから、まだの方は以下を参考に登録しておいてくださいね。

【ノンプログラマー向け】はじめてのGitHubとそのサインアップの方法
ノンプログラマー向け技術同人誌の制作プロジェクトとその制作方法についてシリーズでお伝えしています。今回は、ノンプログラマー向けにはじめてのGitHubと概要、およびサインアップの方法についてお伝えします。

GitHubの認証

まず、GitHubの操作を許可するほう、つまりGitHubの認証を先に進めていきます。

つまり、GAS GitHubアシスタントからGitHubを操作できるように許可をするという手順です。

GitHubのトークンを取得する

まず、GitHubを操作する際の「鍵」のような役割を果たす、GitHubのトークンを取得します。

GitHubにサインインして、右上のプロフィールアイコンのメニューから「Settings」を選択します。

GitHubメニューから「Settings」を選択

ちなみに、このメニューの上にある「Signed in as」に続く「ユーザー名」(ここではntakahashi0505)ですが、あとで認証の際に使いますのでチェックしておいてくださいね。

次のページでは、左側にずらっとメニューが並んでいますが「Developer settings」を探してクリックしてください。

GitHubで「Developer settings」をクリック

続くページの左メニューで「Personal access tokens」を選択、続いて右上に表示される「Generate new token」をクリックします。

つまり、新しいトークンを生成するわけですね。

GitHubで新しいトークンを生成する

続く画面では、トークンを何に使うかを表す「Note」と、トークンにどのような権限を与えるかを設定するものです。

NoteはGAS用ということで「gastoken」としました。

また、GAS GitHubアシスタントでは以下2つの権限が必要なので、それぞれをチェックします。

  • repo: リポジトリを操作する
  • gist: gistを作成する

GitHubのトークンの設定をする

あとは、ページを一番下までスクロールして「Generate token」をクリックして、トークンを生成します。

GitHubのトークンを生成する

これでトークンが生成されますので、「コピー」アイコンをクリックしてコピー。どこかにメモをしておきましょう。

GitHubのトークンをコピー

GitHubの認証をする

続いて、GASからのGitHubの認証をします。

スクリプトエディタを開き、ツールバーの「Login to SCM」をクリックしてください。

スクリプトエディタで「Login to SCM」をクリック

「SCM」…ソースコードマネジメントサービス…ですかね?ま、いいか。

別タブで以下のような画面が開きますので、GitHubのユーザー名(メールアドレスではなくてユーザー名です)、先ほど取得したトークンを入力して「GITHUB LOGIN」をクリックします。

GAS GitHubアシスタントからGitHubの認証をする

これで、GitHubへの認証は完了です。

GitHubの認証が完了

が、次の手順に進みますので「LOGOUT」や、タブを切らないで、画面はそのままにしておいてくださいね。

GASの認証

続いて、GASのプロジェクトの操作を許可するほう、つまりGASの認証を進めていきます。

GAS GitHubアシスタントからGASを操作できるようにするわけです。

GoogleログインでGASの操作を許可する

GitHubの認証の続きで、実は以下のようなGoogleでおなじみの「Googleにログイン」の画面が出ていると思います。

まずアカウントの選択してください。

Googleにログインーアカウントの選択

続いて、表示される画面は「許可」ですね。

Googleログインー許可

Google Apps Script APIをオンにする

まだ、手順は終わってませんので気をつけてください。

Google Apps Script APIをオンにするという手順が残っています。

GAS GitHubアシスタントはこのAPIを使用するので、設定をする必要があるのです。

さて、先ほど「開きっぱなしにしておいて」といった以下の画面で「Script API」という部分をクリックしてください。

GitHubの認証後にScript APIをクリック

すると、Apps Scriptダッシュボードの以下の設定ページが開きます。

「Google Apps Script API」がオフになっていれば、クリックして開いてください。

Apps Scriptダッシュボードの設定

Google Apps Script APIのトグルをオンにします。

Google Apps Script APIをオンにする

これで許可関連の準備は完了です。

まとめ

以上、GASのバージョン管理をする拡張機能Google Apps Script GitHub アシスタントの導入方法についてお伝えしました。

認証はわかりづらいかつ面倒な作業ではありますが、大事なコードを守るための重要な手順です。

ざっくりでもいいので、「今の手順は何をしているのかな?」を考えながら進めていただけるとよいと思います。

次回は、実際のGAS GitHubアシスタントの使い方をみていきましょう。

Google Apps Script GitHub アシスタントでリポジトリとブランチを作成する方法
GASのバージョン管理のためのChrome拡張機能「Google Apps Script GitHub アシスタント」の使い方についてシリーズでお伝えしています。今回は、Google Apps Script GitHub アシスタントでリポジトリとブランチを作成する方法を紹介します。

どうぞお楽しみに!

連載目次:Google Apps Script GitHub アシスタントによるGASバージョン管理

GAS自体にはバージョン管理の機能が乏しく、悩みの種になることも…それを補ってくれるのが、Google Chrome拡張機能「Google Apps Script GitHub アシスタント」です。この機能ではその概要、導入方法から使い方までを初心者向けに解説していきますよ!
  1. GASのバージョン管理の課題とGoogle Apps Script GitHub アシスタントができること
  2. GASのバージョン管理をする拡張機能Google Apps Script GitHub アシスタントの導入方法
  3. Google Apps Script GitHub アシスタントでリポジトリとブランチを作成する方法
  4. Google Apps Script GitHub アシスタントで変更履歴をプッシュする方法
  5. Google Apps Script GitHub アシスタントでリポジトリからプルをする方法
タイトルとURLをコピーしました