初心者向けLINE Botの友だち登録とユーザーID・アクセストークンの取得


friend

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

このシリーズでは初心者のノンプログラマー向けに「Google Apps Scriptを使ってゴミ出しLINE Botをつくる」をお題として連載を進めております。

前回の記事はこちら。

【初心者向け】GASでゴミ出しLINE Botをつくるための「チャネル」とその作成
初心者のノンプログラマー向けに「Google Apps Scriptを使ってゴミ出しLINE Botをつくる」をお題として連載を進めております。今回は、LINE DevelopersコンソールでLINE Bot作成に必要な「チャネル」とその作成についてお伝えします。

LINE Developerコンソールで、LINE Botを作成する際に必要な「チャネル」を作成しましたね。

あと少し、Developerコンソールでの準備がありますので進めていきましょう。

ということで今回は、初心者向けLINE Botの友だち登録とユーザーID・アクセストークンの取得についてお伝えします。

では、行ってみましょう!

前回のおさらい

シリーズとしては、「ゴミ出しLINE Bot」を目指しているのですが、まずはシンプルにメッセージを送るだけの「Hello Bot」を先に試すべく、LINE Developerコンソールで以下「Hello」チャネルを作成しました。

チャネルが作成された

チャネルというのは、GASなどの外部のプログラムからLINEを操作する際の「通路」のような役割を果たすものです。

今回は、以下準備を進めていきます。

  • ユーザーIDの取得
  • LINE Botを友だちとして追加
  • チャネルアクセストークンの発行

自身のユーザーIDを取得する

さて、まず自身のユーザーIDを取得します。

ユーザーIDというのは、LINEアカウントひとつひとつに割り当てられている固有のIDで、けっこう長めの文字列です。

ゴミ出しBotにせよ、Hello Botにせよ、メッセージの送信先は「自分」ですよね?

その送信先を指定するために、自身のユーザーIDが必要なのです。

(ちなみに、グループにメッセージを送信する場合は、ユーザーIDではなく「グループID」が必要になります。グループIDの取得方法は、機会をみて別シリーズで紹介します。)

ユーザーIDを取得するには、LINE Developerコンソールの、Helloチャネルの「チャネル基本設定」タブを下のほうにスクロールします。

すると、「あなたのユーザーID」が発見できます。コピーして大切にメモしておきましょう。

ユーザーIDを取得

ここで、?アイコンをクリックすると以下のような説明を確認できますので、目を通しておきましょう。

コンソールにログインしているLINEアカウントのユーザーIDです。Messaging APIを使用してあなたのLINEアカウントにテストメッセージを送信するときに使用します。メッセージを送信するには、あらかじめ「Messaging API」タブに表示されるQRコードを、あなたのLINEで読み取り、このチャネルのLINE公式アカウントを友だち登録してください。

ふむふむ、次は「友だち登録」ですね。

Hello Botを友だち登録する

つづいて、Hello Botを友だち登録していきましょう。

「Hello」チャネルページの一番上に戻りまして「Messaging API設定」タブをクリック、するとQRコードがすぐに見つけられますので、スマホのLINEアプリのQRコードリーダーで読み取りましょう。

QRコードをスキャン

すると、「Hello」を友だち追加する画面になりますので、「追加」をタップします。

Hello Botを友だち追加

すると、以下のようにHello Botが友だちとして追加され、メッセージが届きます。

Hello Botが友だちに追加

チャネルアクセストークンを発行する

もう1つ、LINEを操作する上で重要なものとして「チャネルアクセストークン」と呼ばれるものがあります。

これは、Helloチャネルを通してLINEにメッセージをやり取りするためのパスワードのようなもので、かなり長めの文字列です。

同じく、HelloチャネルのMessaging API設定タブから取得できます。

一番下のほうにスクロールしましょう。

すると、「チャンネルアクセストークン(長期)」という箇所に「発行」というボタンがありますので、クリックします。

チャネルアクセストークンの発行

これにて、チャネルアクセストークンが発行されますので、「コピー」アイコンをクリックしてコピー、大切に保管しておきましょう。

チャネルアクセストークンのコピー

アクセストークンは、他の人には見られないように注意して管理してくださいね。

まとめ

以上、初心者向けLINE Botの友だち登録とユーザーID・アクセストークンの取得についてお伝えしました。

LINE Botを友だち登録したとき、「おぉ…」ってなりますよね。

次回は、いよいよLINEにメッセージを送っていきます。

初心者向けGASを使ってLINEではじめてのプッシュメッセージを送るスクリプト
初心者のノンプログラマー向けに「Google Apps Scriptを使ってゴミ出しLINE Botをつくる」をお題として連載を進めております。今回は、GASを使ってLINEではじめてのプッシュメッセージを送るスクリプトを紹介します。

どうぞお楽しみに!

連載目次:【初心者向け】GASでゴミ出しLINE Botをつくる

われわれ日本人がもっとも使っているといってもいいアプリ「LINE」。Google Apps Scriptを使うと、LINEを使ったツールをつくりこともできます。このシリーズでは、初心者向けに「ゴミ出しLINE Bot」のつくりかたをお伝えしていきます!
  1. GASでLINEにメッセージを送るためのMessage APIの超初心者向け基礎知識
  2. 初心者向けLINE Developersコンソールとそれにログインする方法
  3. 【初心者向け】GASでゴミ出しLINE Botをつくるための「チャネル」とその作成
  4. 初心者向けLINE Botの友だち登録とユーザーID・アクセストークンの取得
  5. 初心者向けGASを使ってLINEではじめてのプッシュメッセージを送るスクリプト
  6. 初心者向けGASでLINEにプッシュメッセージを送るスクリプトを徹底解説
  7. 初心者向けGASでつくるゴミ出しLINE Bot用のチャネル作成と準備
  8. 初心者向けGASでつくるゴミ出しLINE Botの本体部分のスクリプト

タイトルとURLをコピーしました