Google Apps Scriptでフォーム送信した内容を含んだメッセージをGmailで送るスクリプト


box

photo credit: kenwalton Untitled via photopin (license)

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

Google Apps Scriptで備品購入申請を題材にワークフローを作っております。

前回の記事はこちらです。

Google Apps Scriptでフォーム送信時にメッセージを送るスクリプトの作り方
Google Apps Scriptで備品購入申請を題材にワークフローを作る方法をお伝えしております。今回はGASのトリガーという機能を使って、フォーム送信時にメッセージを送るスクリプトを作っていきます。

フォーム送信時にトリガーでメッセージを送る方法をお伝えしました。

さて、メッセージを送るのは良いのですが、その中にフォームで送信した内容を反映したくないですか??

ということで、今回はGoogle Apps Scriptでフォーム送信した内容を含んだメッセージをGmailで送るスクリプトを紹介します。

フォーム送信時のイベントオブジェクトを使いますよ。

では、行ってみましょう!

前回のおさらい

さて、これまでのおさらいをしておきましょう。

このシリーズでは備品購入申請のワークフローを作っておりまして、申請をするのは以下のGoogleフォームを使用します。

Googleフォームによる備品購入申請

Googleフォームから送信した内容は、連携している以下のスプレッドシートに蓄積されます。

フォームから送信したデータをスプレッドシートで確認

さらに、このスプレッドシートには「フォーム送信時」のトリガーで動作するスクリプトが仕込まれておりまして、それがこちらです。

つまり、備品購入申請のフォーム送信が行われると、承認者であるhogehogeさんにメールが送られるという仕組みです。

さて、そのメールのメッセージですが、フォーム送信の内容を含めたくないですか…?

ということで、その方法をお伝えしていきます。

フォーム送信時のイベントオブジェクト

Google Apps Scriptでは何らかのイベントでトリガーを発動させてスクリプトを動作させたとき、そのスクリプトはイベントに関する特別なオブジェクトを受け取ることができます。

それをイベントオブジェクトといいます。

イベントオブジェクトはトリガーの種類に応じてその内容が変わるのですが、今回使用している「フォーム送信時」イベントの場合は以下のような内容が含まれます。

プロパティ 内容
range 編集されたRangeオブジェクト
values 送信される値の配列

values…この値を取り出せば、フォームから送信された値を取得できますね!

フォーム送信時のイベントオブジェクトのプロパティvaluesは、スプレッドシートに書き込まれる順に値が格納されている配列になっています。

つまり、今回の場合は以下のような内容になっています。

インデックス 内容
0 タイムスタンプ
1 購買先
2 品名
3 個数
4 数量
5 Memo(URLなど)
6 メールアドレス

これらから値を取り出して、メールの本文に組み込んであげればOKです。

フォーム送信の内容を含んだメッセージを送る

以上をもとに、フォーム送信の内容を含んだメッセージをGmailで送るスクリプトを作りました。

こちらです。

イベントオブジェクトはトリガーで動作するスクリプトの引数に指定します。

1行目をご覧いただければわかりますが、よく「e」という仮引数を使います。

あとはe.valuesの配列からゴリゴリ値を取り出して、メッセージ本文bodyにゴリゴリ追加していけばOKというわけです。

実行すると、以下のようなメールが送信されますよ。

フォーム送信の内容を含むGmailメッセージ

徐々に優しくなってきましたね。

まとめ

以上、Google Apps Scriptでフォーム送信した内容を含んだメッセージをGmailで送るスクリプトについてお伝えしました。

なんと言っても、フォーム送信時イベントのイベントオブジェクトがポイントですね。

これ知らないと困るやつです。

次回は、送信したメールのURLからスクリプトを起動する方法をお伝えします。

Google Apps Scriptで特定のURLを踏んだらスクリプトを動作させるdoGet関数の使い方
Google Apps Scriptで備品購入申請を題材としてワークフローを作る方法についてシリーズでお伝えしてます。今回は、GASでで特定のURLを踏んだらスクリプトを動作させるdoGet関数の使い方です。

どうぞお楽しみに!

連載目次:初心者でも作れるGASによる簡単ワークフロー

スプレッドシート、Gmail、フォーム…Google Apps Scriptで操作できるアプリケーションはまさに「ワークフロー」を作成する上で必要なものが揃っています。ということで、このシリーズでは初心者でも簡単に作れるワークフローの作り方について解説をしていきます。
  1. 備品購入申請フォームをGoogleフォームで作成する方法
  2. Google Apps Scriptでフォーム送信時にメッセージを送るスクリプトの作り方
  3. Google Apps Scriptでフォーム送信した内容を含んだメッセージをGmailで送るスクリプト
  4. Google Apps Scriptで特定のURLを踏んだらスクリプトを動作させるdoGet関数の使い方
  5. GASでURLを踏んでスクリプトを動作させたときにパラメータを渡す方法
  6. 【GASで作るワークフロー】URLクリックで「承認」とするスクリプトの作り方
  7. GASで送信するGmailのメッセージをプレーンでもHTMLでも送れるようにする
  8. GASのワークフローでURLのパラメータで承認・否認を切り替える方法

タイトルとURLをコピーしました