1つのGmailアカウントで複数のメールアドレスをまとめて使えるようにする方法

★気に入ったらシェアをお願いします!

mail-box

みなさん、こんにちは!
タカハシ(@ntakahashi0505)です。

皆さんはメーラーは何をお使いですか?

会社のメールはOutlookやWindows Liveメール、個人のメールはGmail、などと仕事とプライベートで分けている方も多くいらっしゃると思います。

実はGmailでは別のメールアドレスも含めて最大5つまで追加登録し、複数メールアドレスのメーラーとして使用することができます。

そうすれば、一つのGmail画面で会社もプライベートもすべてのメールを処理することができますし、クラウドに全部のメールが集まりますから、ネットさえつながれば場所も選ばなくなります。

さらにInboxなどのスマホアプリでも全てのメールを送受信することができます。

Mailbox対Inbox徹底比較!iPhoneメール神アプリ対決を制するのは!?
次世代版Gmailとも言われるInboxが一般公開。そのUIや使い勝手にはMailboxを強く意識したもので、どちらを使おうか悩まれている方も多いはず!本記事は二つのiPhone神メールアプリを徹底比較します。

今回は別のメールアドレスをGmailで送受信する設定をする方法について、とってもわかりやすくお伝えします。

慣れないうちは設定がややこしく見えるかもしれませんが、メールの仕組みについて少し理解をしておけば、それほど難しいものではなく簡単に追加していけます。

メールサーバーの仕組みとは

今回は会社のメール(例えば~@~co.jpなど)をフリーのGmailアドレスで送受信できるようにしていきます。

(一点注意ですが、各企業でメールの使用場所や使用方法などに関してのルールを取り決めている場合もありますので、確認の上実施をしてくださいね。)

一般的に会社のメールの場合は、会社全体で契約しているメールサーバーを利用していることが多いはずです。

さくらインターネットやエックスサーバーのようなレンタルサーバーをレンタルしたときには、大概はメールサーバーの使用についてもプランに含まれていますし、Google AppsやGmailであればGoogleがメールサーバーを提供しています。

POPサーバーとSMTPサーバー

メールサーバーといってもいくつか種類がありまして

  • 受信するためのPOPサーバー
  • 送信するためのSMTPサーバー

という二つのサーバーをセットで利用するのが一般的で、この二つを合わせてメールサーバーと言うことが多いです。

メーラーの役割

メーラーは利用者のPCやスマホから、これらのサーバーにアクセスして送受信のお願いをして結果を返すという役割を果たします。

例えばメールを受信するときにはPOPサーバーにアクセスして「私に届いたメールをダウンロードして」とお願いをすることになりますし、送信するときにはSMTPサーバーにアクセスして「このメールを誰々さんに届けて」とお願いをすることになります。

そして、それぞれのサーバーにアクセスするためにはアカウント名パスワードが必要になります。

あと細かいことは省きますが、サーバーがメーラーからの送受信に関するリクエストをちゃんと受け取るためにポート番号という情報が必要になります。POPであれば110,995など、SMTPであれば587などが一般的です。

実際にお使いのサーバーのそれぞれのポート番号については各社のメール担当者に確認をするか、レンタルサーバーなどのマニュアルをご覧頂ければと思います。

Gmailをメーラーとして使用する際に必要な設定

まとめますと、Gmailをメーラーとして別のメールアドレスを使用するのに必要な設定項目としては

  • POPサーバー
    • ホスト名
    • アカウント名
    • メールアドレス
    • パスワード
    • ポート番号
  • SMTPサーバー
    • ホスト名
    • アカウント名
    • メールアドレス
    • パスワード
    • ポート番号

となります。

送受信をするのであればメールアドレスが1つでも、POPサーバーの設定とSMTPサーバーの設定が両方必要になります。

メールアドレスは当然共通のものになります。

ホスト名というのはサーバーの名前です。ホスト名、アカウント名、パスワードはPOPサーバーとSMTPサーバーで共通のことも多いです。

Gmailにメール受信の設定をする

まず、Gmailで別のメールアドレスについての受信ができるようにPOPサーバーの設定をしていきましょう。

Gmail画面の右上の設定アイコンから「設定」を選択します。

Gmailの設定アイコンから設定

次に「アカウントとインポート」のタブ内の中段「POP3を使用して他のアカウントでメッセージを確認」のエリアにある「自分のPOP3メールアカウントを追加」をクリックします。

Gmailでアカウントとインポートから自分のPOP3メールアカウントを追加

新しいウィンドウが開きますので、Gmailで受信したいメールアドレスを入力して「次のステップ」とします。

GmailでPOPサーバーの設定をするメールアドレスを入力

次の画面でPOPサーバーのユーザー名とパスワード、POPサーバー(ホスト名)、ポートを入力して「アカウント追加」とします。

チェックボックスはデフォルトのままでOKですが、「受信したメッセージにラベルを付ける」としておくと、後で受信トレイを分けたり便利なのでオススメです。

GmailでPOPサーバーの設定を入力

先ほどの「設定」→「アカウントとインポート」の「POP3を使用して他のアカウントでメッセージを確認 」のエリアに登録したメールアドレスが表示されていれば完了です。

Gmailで別のメールアドレスで受信できるように
これでGmailでこのメールアドレスの受信ができるようになりました。

Gmailにメール送信の設定をする

次にGmailでこのメールアドレスからメール送信ができるようにSMTPサーバーの設定をしていきます。

先ほどの「設定」→「アカウントとインポート」のタブ中段「名前:(Gmailを使用して他のメールアドレスからメールを送信します)」エリアにある「メールアドレスを追加」を選択します。

Gmailでアカウントとインポートからメールアドレスを追加
「自分のメールアドレスを追加」ウィンドウが新たに開きますので、名前とメールアドレスを入力します。

「エイリアスとして扱います。」のチェックですが、詳細はお伝えしませんが外しておいてOKです。

GmailでSMTPサーバーを設定するメールアドレスを入力

名前はfromで表示されますので、受信者が見ても不自然ではない名前にしておきましょうね。

次の画面でSMTPサーバー(ホスト名)、SMTPサーバーのユーザー名とパスワード、ポートを入力します。

GmailでSMTPサーバーの設定を入力する

「アカウント追加」をクリックします。

Gmailアカウントに差出人アドレスを追加する認証

SMTPサーバーの設定の場合は、メール認証が必要になります。この画面になりますと

Gmailで確認メール送信
登録したメールアドレス宛に認証用のメールが送信されます。先ほどPOPサーバーの設定が完了していますから、そのままのGmailアカウントで確認できるはずです。

メール内の認証用リンクをクリックします。

Gmailで送られてくる認証メール
遷移した画面にて「確認」をクリックします。

Gmailで認証用リンクをクリックして確認

Gmailで認証の確認が完了

「設定」→「アカウントとインポート」の「名前」エリアに追加したメールアドレスが表示されていれば完了です。

Gmailで別のメールアドレスが追加

メール送信時に送信元アドレスを選択する

新規のメールを送信する際にプルダウンでどのメールから送信するかを選択することができるようになります。

Gmailで新規メール時に送信元アドレスを選択

まとめ

メールサーバーの仕組みをお伝えしつつ、Gmailで別のメールアドレスでメールを送受信するための設定の方法についてお伝えしました。

これで全てのメールが一か所で管理できますから、メール処理が非常に楽ちんになります。

ぜひ、ご活用下さい!